タイムテーブル

受講したいセッションにチェックを入れ、「申し込む」ボタンを押してください。

09:30~10:00
受付
10:00~10:05
開会挨拶
10:05~10:50

受付終了 午前の部 基調講演

「OpenStackは現場で起こっているんだ」 今OpenStackを導入する一般企業は、何を考えているか

日本国内で、公表されているよりもはるかに多くの一般企業が、OpenStackをすでに利用し始めているか、その導入作業を進めています。こうした一般企業は、一方では社内のインフラ仮想化ソリューションがあり、他方ではパブリッククラウドサービスが増えているにもかかわらず、なぜOpenStackを導入するのでしょうか。本パネルディスカッションでは、OpenStackの導入に関与しているエキスパートたちが、導入企業を代弁する形で、一般企業がOpenStackを使う理由を話し合います。

■日本OpenStackユーザ会
日本OpenStackユーザ会 会長
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 クラウドイノベーションセンター エキスパートエンジニア
中島 倫明 氏

日本電気株式会社 クラウドプラットフォーム事業部 OSS推進センター エキスパート
鳥居 隆史 氏

日本電気株式会社 クラウドプラットフォーム事業部 OSS推進センター
吉山 晃 氏

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Helion Professional Services Solutions Architect
伊藤 雅典 氏

GMOインターネット株式会社 システム本部 第二サービス開発部 Open Computingチーム
郷古 直仁 氏

■モデレータ
アイティメディア株式会社 エグゼクティブエディター
三木 泉

※午前の部の基調講演とP-1セッションは、基調講演のチェックボックスにチェックいただければ、セットで受講いただけます。
10:50~11:45

午前の部 P-1

エンタープライズでのOpenStackの始め方

OpenStackは社内に技術力を持っているSuper Userでないと使えないのでは?という懸念を持たれている方も多いと思います。
確かにエンタープライズでは現実的な解となりにくいところがありました。NECはその懸念を払拭するため、技術と豊富な経験を持つ「OpenStack Super Integrator」として、エンタープライズの皆様が「OpenStackを始める」ためのアプローチと方法論をご紹介します。

日本電気株式会社
クラウドプラットフォーム事業部 OSS推進センター
エキスパート
鳥居 隆史 氏

※午前の部の基調講演とP-1セッションは、基調講演のチェックボックスにチェックいただければ、セットで受講いただけます。
11:45~13:00
休憩
13:00~13:45

受付終了 A-1

B-1

@IT×日本OpenStackユーザ会
激論 「コレジャナイ」OpenStack
~「コレジャナキャ」はどこにある?~


OpenStackを検討する一般企業は増えていますが、一方で、企業のIT部門が抱く期待と現実の間にギャップの見られるケースが増えています。
OpenStackが「コレジャナイ」と言われるのはどういうときなのでしょうか、そして一般企業は、OpenStackをどのような観点から検討すべきなのでしょうか。
本パネルディスカッションでは、一般企業が幸せになるOpenStackの使い方を議論します。

■パネリスト
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
武田 健太郎 氏

レッドハット株式会社
サービス事業統括本部 クラウドエバンジェリスト
平 初 氏

■モデレータ
アイティメディア株式会社
エグゼクティブエディター
三木 泉
A-1 サテライト会場

13:45~14:00
休憩

14:00~14:30

受付終了 A-2

受付終了 B-2

OpenStackって実は簡単。事例から学ぶ、「これは"難しい"症候群」から一歩先へ踏み出すシナリオ

「OpenStackはシンプルで簡単である」これは、2011年よりOpenStackに携わり、時には日本OpenStackユーザ会の会長として、また時には大学の非常勤講師として教鞭をふるい、そして時にはSIerとして提案・構築を支援する立場で、実に様々な視点からOpenStackと付き合ってことで得られた気付きです。

しかし、まだまだ世の中にはOpenStackは「難しい」「複雑だ」という雰囲気が漂っています。その誤解を世界でOpenStack案件を支援してきたソリニア社と共に事例を交えて解いていき、皆様が本当に考えないといけない事をお伝えします。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドイノベーションセンター
エキスパートエンジニア
中島 倫明 氏

ソリニア株式会社
Senior Architect
東 隆宏 氏
OpenStack導入を成功に導くポイント -国内お客様事例からの考察-

昨今OpenStackへの注目がさらに高まりを見せる中、国内で導入が先行していたインターネット関連企業のみならず、一般企業での導入成功事例が多く出てきています。そんな中、いざOpenStackを導入しようとすると、数多いソリューションの選択肢に戸惑ってしまうことはありませんか?
本セッションでは、国内のお客様事例をご紹介しながら、OpenStackの導入を成功に導くために検討すべき考慮点について、ディストリビューションの選択、ハードウェアの選択、OpenStackでは実現が難しい要件への対応など、具体的なポイントからご説明し、プロジェクトを進めていく上での方針設定に役立つ情報をご紹介致します。

日本アイ・ビー・エム株式会社
IBMシステムズ・ハードウェア事業本部
アドバイザリーITスペシャリスト
田中 裕之 氏
14:30~14:45
休憩
14:45~15:15

受付終了 A-3

受付終了 B-3

OpenStackのエンタープライズ適用
~顧客期待と課題、日立の考え方~


日立では、2013年からOpenStackの取り組みを開始しました。
本セッションでは、日立が国内エンタープライズの顧客に提案活動をする中で見えてきた、信頼性や運用性に対する期待と、期待に対するOpenStackの課題をご紹介します。また、課題に対する日立の考え方・取り組みをご説明します。

株式会社 日立製作所
情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部
プラットフォームサービス部
部長
安井 隆宏 氏
OpenStack導入時のカギ!
スケールアウトストレージ運用のヒント


汎用サーバーにインストールするだけでブロックストレージとして使えるソフトウエア「EMC ScaleIO」。
本セッションでは、OpenStack環境におけるスケールアウトストレージの導入時に浮上する留意点に触れながら、具体的な対処方法とScaleIOのメリットについてご紹介します。


EMCジャパン株式会社
システムズエンジニアリング本部
アドバイザリーシステムズエンジニア
吉田 尚壮 氏
15:15~15:30
休憩
15:30~16:00

受付終了 A-4

受付終了 B-4

ついに始まった! エンタープライズでのOpenStack本格導入

OpenStackは、昨年10月に東京でもSummitが開催され、日本での本格検討も進んでいます。グローバルに100社を超えるお客様での導入実績をもとに、国内での事例なども含めて、OpenStackのスムーズな導入方法を、ご検討いただけるソリューションなどと併せてご案内いたします。

ミランティス・ジャパン合同会社
リージョナルディレクター
下平 中 氏
事例から考えるOpenStack導入の進め方 ~なんのためにOpenStack導入するのか?~

国内でも既に様々な分野で導入が進んでおり、苦労話と共に成功事例も語られるようになってきました。しかしながら、企業がOpenStackを検討する動機は様々です。「コレジャナイ」にならないために、OpenStackを導入する前に考えるポイント、OpenStackを導入する際に検討すべきポイント、ハードウェア・ストレージ・ネットワークの選択と設計等について、国内外の豊富な経験と導入実績からご説明いたします。また、導入後のOpenStack環境の維持管理のための取り組みについてご紹介いたします。

レッドハット株式会社
アジア太平洋地域
事業開発戦略本部
OpenStackソリューションアーキテクト
輿水 万友美 氏
16:00~16:15
休憩
16:15~16:45

受付終了 A 事例講演

B-5

キリンはシステム基盤の構築・テスト自動化でOpenStackを使う

キリンは、業務システム基盤の構築・テストプロセスの自動化によって、ITをより機動的なものに進化させるため、2015年にOpenStackを導入しました。最終的には社内の400システム、2000サーバーを移行しようとしています。PaaSレベルでの標準化と自動化により、75%のコスト削減を実現しています。
本講演ではOpenStack採用に至った背景と理由、利用形態についてお話しします。

キリンビジネスシステム株式会社
情報技術統轄部
インフラ技術管理グループ 部長
門田 晴裕 氏
A 事例講演 サテライト会場

16:45~17:00
休憩
17:00~17:20

受付終了 A-6

受付終了 B-6

クラウドが創り出す新たなビジネスモデル

クラウドファーストという言葉がIT業界で頻繁に使用されることからも判るように、クラウドはITシステムの選択に大きな影響を与える時代になりました。
この流れは当然のことながらIT企業、そしてIT技術者に大きな影響を与えます。
本講演では、この観点から「クラウドが創りだす新たなビジネスモデル」をIT企業とIT技術者の立場から解説し、クラウド時代におけるIT戦略のヒントを提供します。

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)
理事長
成井 弦 氏
OpenStack設計&運用に関わる担当者必見! SDSが変える『攻めのOpenStackインフラ環境』を考える

OpenStackを検討する場合、高い俊敏性や優れたコスト効率化を期待する半面、知識の習得やデータ管理の運用面などからIT管理者への負担増加が懸念される。さらに、非OpenStack環境からの移行や連携、テスト環境の構築はどう考えるべきか。既存環境を含む簡素化されたデータ基盤統合と最新テクノロジーへの迅速な対応を可能とするSDSによる『攻めのOpenStackインフラ環境』の構築設計ポイントについて、データ運用の観点からご説明いたします。

ファルコンストア・ジャパン株式会社
マーケティングマネージャ
近藤 功 氏
17:20~17:35
休憩
17:35~18:20

受付終了 A 特別講演

受付終了 B 特別講演

「地方からのクラウドへの挑戦」
~ケーブルテレビによる企業向けOpenStackクラウド~


大規模なクラウドサービス事業者が注目を集める中、「地方の事業者がOpenStackを使って小規模な企業向けクラウドサービスを提供しても、うまくいかないのではないか」と考える方がいるかもしれません。
実は、地域クラウドであるからこそ生まれる優位性や、応えられる一般企業のニーズがあります。
本講演では、富山県において共同でサービスのリリース準備を進めている各社、および同サービスをいち早く導入するユーザー企業が登壇し、一般企業が地域クラウドサービスを通じてOpenStackを活用し、社内業務システムの運用を大幅に改善できる画期的な方法や、これからの地域とクラウドのかかわり方についてご説明します。

株式会社ヒスコム 
藤井 孝憲 氏

となみ衛星通信テレビ株式会社 
小林 秀史 氏

<ユーザー企業>
アイシン軽金属株式会社 
経理部 情報システムグループ
システム開発主任専門員
鍛冶 一志 氏
Why Japanese people OpenStackジャナイ!?
~海外事例に見る、OpenStackの使いどころ~


マルチクラウド管理サービスを提供する「Cloudsoft」、健康管理サービスを提供する「BioIQ」、企業向けに認証サービスを提供している「Finsphere」、ドイツの大手小売り業など、OpenStackを採用する企業は急激に増加しています。
このセッションでは、どのような企業がOpenStackを利用しているか、実際の海外事例に基づいてご紹介いたします。

Ed Saipetch
Office of the CTO at Blue Box, an IBM Company
Senior Director

 



お問い合わせ先

アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
E-Mail: event_support@sml.itmedia.co.jp   TEL: 03-6824-9376