東京会場

東京会場に参加希望の方は、聴講したいセッションにチェックを入れ「申し込む」ボタンを押してください

エンタープライズセキュリティゾーン

IoT/制御システムセキュリティトラック

10:00~10:50

基調講演 TK-AB

基調講演 TK-C

サイバー攻撃対処に必要な「(体制ではない)態勢」、及びそれを実現する「能力」獲得について

過去に構築した「情報セキュリティ対策」の考え方に基づいた体制や取り組みの延長で「サイバー攻撃対処」を行ってしまうと、高いレベルのサイバー攻撃が発生した場合、組織に甚大な被害を発生させる恐れがあります。残念ながら、ここ数年国内で発生した事例がそれを証明しています。
組織においてサイバー攻撃に係る事象(イベント)が発生した場合に、甚大な被害を発生させないレベルまで抑えこむためには、事前に「危機管理」の概念の把握と、その「行動能力」の獲得が必要になります。
本講演では、防御側の能力獲得のための取り組み例と併せて、攻撃者の行動や能力を、脅威認識として把握する方法の一例を紹介します。

講演者:
 PwCサイバーサービス合同会社
 最高技術顧問
 名和 利男 氏
中部電力×レッドチームエンジニア
確実に電力を供給する――たとえサイバー攻撃を受けたとしても


社会インフラである電力会社には、電力を安定供給する責務があります。昨今、その責務を脅かす脅威として、サイバー攻撃がクローズアップされるようになってきました。情報システムと制御システムの垣根を越えたサイバーセキュリティ対策とは、どのように進めて行くべきなのでしょうか。
このパネルディスカッションでは、中部電力と中電シーティーアイ、そして、サイバー攻撃演習で攻撃者として立ち居ふるまうレッドチームエンジニアが、伊勢志摩サミットにおけるサイバーテロ対策をふまえ、電力会社が目指すサイバーセキュリティについて議論します。

パネリスト:
 中部電力株式会社
 情報システム部 総括・企画グループ 
 澤井 志彦 氏

 株式会社中電シーティーアイ
 情報セキュリティ対策室
 永野 憲次郎 氏

 PwCサイバーサービス合同会社
 サイバーセキュリティ研究所 所長
 神薗 雅紀氏

モデレータ:
 PwCコンサルティング合同会社
 サイバーセキュリティ&プライバシー ディレクター
 林 和洋 氏
10:50~11:05
休憩
11:05~11:55

A-1

B-1

C-1

進化するボットによるウェブ攻撃の実態と最新のサイバーリスク管理策

ウェブセキュリティをめぐる攻防では今、IoTやボットなど攻撃側の手法の進化ともに、守る側のウェブ環境の変化も新たなタイプの被害を招いています。アカマイの捕らえたデータから、最新の攻撃のしくみとこれからの攻撃の進化の方向を予測。さらに見落としがちなリスクとその管理の最前線を事例を交え解説します。

講演者:
 アカマイ・テクノロジーズ合同会社
 Web&セキュリティマーケティング本部
 プロダクト・マーケティング・マネージャー
 中西 一博 氏
AIでマルウェア止めてみた
-50社の実証結果から見る有効性とは-


多くの企業でランサムウェアなどの被害が発生しており、従来の対策では防ぐことが難しい状況です。新たなマルウェア対策として「AI(人工知能)」をエンジンとするAIアンチウイルス「プロテクトキャットPowered by Cylance」を自社環境に導入した50社の実証結果から有効性についてご紹介します。

講演者:
 エムオーテックス株式会社
 営業推進部 部長
 金子 大輔 氏
調整中

11:55~12:10
昼休憩
12:10~12:40

A-2(ランチセッション)

B-2(ランチセッション)

C-2(ランチセッション)

Webサイトの不正アクセス・改ざん・情報漏洩を確実&効率的に防ぐ手法と事例紹介

内部犯行による大規模情報漏洩のみならず、Webサイトを狙った外部からの攻撃とその被害の報道も近年頻発しています。昨今のWebサイト攻撃のトレンドを踏まえクラウド型WAF(Web Application Firewall)による攻撃の防御方法とその効果を事例紹介を交えてご紹介します。

講演者:
 合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ
 プロダクトマネージメント部
 プロダクトマネージャ
 平賀 巌 氏
エンドポイントにも多層防御化
FFRI yaraiを付加したこれからのハイブリッド防御


標的型攻撃に加え新たな脅威として無差別型攻撃が急増しており「多層防御」は欠かせません。
対策ポイントとして注目されるエンドポイントでも、従来型対策に加えて、新アーキテクチャ・セキュリティの採用が求められています。
国内No.1の導入実績を誇る「FFRI yarai」をエンドポイントに付加したハイブリッド防御をご紹介します。

講演者:
 株式会社FFRI
 プロダクトソリューション部
 部長 川原 一郎 氏
調整中

12:40~13:00
昼休憩
13:00~13:50

特別講演A-1

特別講演B-1

特別講演C-1

調整中

調整中

調整中


13:50~14:05
休憩
14:05~14:45

A-3

B-3

C-3

『モバイル』を超えて!最新のワークスペース変革

働き方改革の実現のため、モバイルワークやテレワークの実現が求められています。しかし「情報漏洩や不正アクセスなどのセキュリティリスク」「メールの閲覧だけにとどまらない生産性の向上」「マルチOS、マルチデバイスの対応」など困難な検討課題があります。
本セッションでは、これらの課題をクリアにする最新の手法をデモを交えてご紹介します。

講演者:
 株式会社ソリトンシステムズ
 セールスマーケティング部
 執行役員 
 松本 吉且 氏 
サイバー攻撃の加害者となっている日本の現状とその対策

2016年7月にガートナーが発表した「企業・組織にとって戦略的な重要性を持つと考えられる情報セキュリティ・テクノロジのトップ10」の一つである『偽装テクノロジ(Deception)』をご紹介いたします。攻撃を防御するという従来の対策ではなく、攻撃者を騙すという新しい攻めの対策となります。

講演者:
 株式会社インテリジェント ウェイブ
 セキュリティソリューション本部
 ビジネス推進部 マネージャー
 宮下 真機 氏
IoTで成功するための「攻め」のライセンス基盤

単価を抑えて、多種多様な市場のニーズに応える。同時に知的財産を保護し、継続的な売上を会社にもたらすこと。これはIoTだけではなく、全てのデバイス製造販売の課題ですが、IoTではもっとシビアになっていきます。もちろんデバイスだけではなく、関連ソフトウェアについても気を配る必要があります。それらを解決する一つの要素がライセンシングです。IoTで儲けるためのライセンスの仕組と管理を、事例を含めてご説明します。

講演者:
 ジェムアルト株式会社
 (旧日本セーフネット)
 ソフトウェアマネタイゼーション事業本部
 シニアプリセールスコンサルタント
 前田 利幸 氏
14:45~15:00
休憩
15:00~15:40

A-4

B-4

C-4

働き方改革 変わるIT環境、変わらない課題 。 ご存知ですか?Webセキュリティの今!

組織外でのインターネット利用、シャドーITなど、組織のポリシーが適用されない環境に於けるセキュリティリスクが高くなっています。その対策としてCASB、ハイブリッドWebセキュリティが注目されています。本セッションでは「マカフィーが考えるWebセキュリティのあり方と変わらない課題へのソリューション」「テクマトリックスによるマカフィー製品のWebセキュリティ導入事例・ハイブリッド活用法」をご紹介します。

講演者:
 マカフィー株式会社
 セールスエンジニアリング本部
 パートナーSE部
 シニアセールスエンジニア
 佐藤 公理 氏

 テクマトリックス株式会社
 セキュリティプロダクツ課 課長
 瀬之口 秀樹 氏
あなたは今どのくらいセキュアですか?
~ 継続的なセキュリティテストの重要性 ~


セキュリティ対策と一言で言っても、日々変化し続ける攻撃や脆弱性に対し、ネットワーク・サーバ・クラウド・IoTなどそれぞれの観点で対応し続ける事は困難を極めます。専門知識が無くとも今の状態を適切に把握し、本当に危険なのはどこなのか、測定のプロであるSPIRENT社のセキュリティテスト・診断のサービスをご紹介します。

講演者:
 株式会社東陽テクニカ
 情報通信システムソリューション部
 課長
 高垣 景二 氏
 
調整中

講演者:
 トリップワイヤ・ジャパン株式会社
15:40~15:55
休憩
15:55~16:35

A-5

B-5

C-5

ログから始めるクラウド運用のポイント

ITシステムへのクラウド採用が進む現在、ハイブリッドクラウド(パブリッククラウド・プライベートクラウド・オンプレミス)環境におけるシステム/セキュリティ運用の最適化が課題となってきました。
本セッションでは、ログ管理を通じたハイブリッドクラウド運用のポイントをご紹介いたします。

講演者:
 インフォサイエンス株式会社
 プロダクト事業部
 ネットワークソフトウェア開発チーム
 リーダー 
 安達 賢一郎 氏
AIでセキュリティの課題を解決!『Seceon OTM』

最先端AIセキュリティ『Seceon OTM』。前回講演以降問い合わせが殺到しています。未知の脅威をリアルタイムに検知するこの製品は、「SOCをAIで代替」というコンセプトのもと、セキュリティ人材不足やセキュリティ運用コスト増加などの課題を解決。さらに、対策が難しい内部不正やIoTデバイスのセキュリティにも対応します。

講演者:
 株式会社インフォメーション・ディベロプメント
 サイバー・セキュリティ・ソリューション部
 次長 / iD-SIRT
 櫻木 康喜 氏
調整中


16:35~16:50
休憩
16:50~17:30

A-6

B-6

C-6

標的型攻撃は、やはり入り口で対策を
~添付ファイルに潜む脅威から情報を守る手段~


巧妙化する標的型メール攻撃に対し、従来のシグネチャ・マッチング方式では既に時代遅れと言われており、最近はサンドボックスですら効果が低くなってきています。
本セッションでは、メールソフトの専業メーカーとして最も確実と思える手法である「添付ファイルに潜む脅威から社内の機密情報を守る新しい手段」を紹介します。

講演者:
 株式会社クオリティア
 営業本部 ソリューション営業部
 部長
 辻村 安徳 氏
シスコ サイバーセキュリティ
~急増するサイバーテロに備える~


サイバーセキュリティ人材が不足している今こそ、専門性を身につける機会です。
シスコが提供するサイバーセキュリティ対策のオンライントレーニングは、忙しい IT エンジニアに最適なセルフスタディ コンテンツです。ラボ演習を組み合わせたカリキュラムを通じて、実践的なサイバーセキュリティスキルを習得します。

講演者:
 シスコシステムズ合同会社
 トレーニング ビジネス デベロップメント
 ビジネス デベロップメント マネージャ
 岡 邦子 氏
調整中

17:30~17:40
休憩
17:40~18:30

特別講演A-2

特別講演B-2

特別講演C-2

暗躍するAI、悪用されるビッグデータ
~私が公開情報のみを使って某国にサイバーテロを仕掛けるときの思考回路~


「新たな石油」とも言われるビッグデータ。喜んで悪用する攻撃者の存在を忘れてはいけません。
AI/ビッグデータを有効活用したセキュリティ製品が注目を集める中、安藤氏は、セキュリティにおけるAI/ビッグデータの“悪用”に焦点を当てます。
攻撃者(自分)がサイバーテロを企てるとき、公開情報というビッグデータを使い、どのような思考回路で標的のサーバを決めるのか。米国海軍の事例をはじめ、サイバー空間の攻防において、AIはどう進化し、どのような暗躍をしているのか。真実に、独自の調査と考察を交えてお伝えします。

ちょっと他では聞けない内容です。

講演者:
 国立情報学研究所
 サイバーセキュリティ研究開発センター
 特任准教授
 安藤 類央 氏
調整中

調整中

講演者:
 パナソニック株式会社
 生産技術本部
 製造システムセキュリティ室
 室長
 藤井 俊郎 氏

 

大阪会場

大阪会場に参加希望の方は、希望の部(午前/午後)にチェックを入れ「申し込む」ボタンを押してください

大阪 午前の部
10:00~10:50

大阪 基調講演

中部電力×レッドチームエンジニア
確実に電力を供給する――たとえサイバー攻撃を受けたとしても


社会インフラである電力会社には、電力を安定供給する責務があります。昨今、その責務を脅かす脅威として、サイバー攻撃がクローズアップされるようになってきました。情報システムと制御システムの垣根を越えたサイバーセキュリティ対策とは、どのように進めて行くべきなのでしょうか。
このパネルディスカッションでは、中部電力と中電シーティーアイ、そして、サイバー攻撃演習で攻撃者として立ち居ふるまうレッドチームエンジニアが、伊勢志摩サミットにおけるサイバーテロ対策をふまえ、電力会社が目指すサイバーセキュリティについて議論します。

パネリスト:
 中部電力株式会社
 情報システム部 総括・企画グループ 
 澤井 志彦 氏

 株式会社中電シーティーアイ
 情報セキュリティ対策室
 永野 憲次郎 氏

 PwCサイバーサービス合同会社
 サイバーセキュリティ研究所 所長
 神薗 雅紀 氏

モデレータ:
 PwCコンサルティング合同会社
 サイバーセキュリティ&プライバシー ディレクター
 林 和洋 氏
10:50~11:30

O-1

調整中


講演者:
11:30~12:10

O-2

AIでマルウェア止めてみた -50社の実証結果から見る有効性とは-

多くの企業でランサムウェアなどの被害が発生しており、従来の対策では防ぐことが難しい状況です。新たなマルウェア対策として「AI(人工知能)」をエンジンとするAIアンチウイルス「プロテクトキャットPowered by Cylance」を自社環境に導入した50社の実証結果から有効性についてご紹介します。

講演者:
 エムオーテックス株式会社
 営業推進部 部長
 金子 大輔 氏
12:10~12:25
休憩
大阪 午後の部
12:25~13:15

ランチセッション

調整中


講演者:
13:15~13:30
休憩
13:30~14:10

O-3

シスコ サイバーセキュリティ ~急増するサイバーテロに備える~

サイバーセキュリティ人材が不足している今こそ、専門性を身につける機会です。
シスコが提供するサイバーセキュリティ対策のオンライントレーニングは、忙しい IT エンジニアに最適なセルフスタディ コンテンツです。ラボ演習を組み合わせたカリキュラムを通じて、実践的なサイバーセキュリティスキルを習得します。

講演者:
 シスコシステムズ合同会社
 トレーニング ビジネス デベロップメント
 ビジネス デベロップメント マネージャ
 岡 邦子 氏
14:10~14:50

O-4

進化するボットによるウェブ攻撃の実態と最新のサイバーリスク管理策

ウェブセキュリティをめぐる攻防では今、IoTやボットなど攻撃側の手法の進化ともに、守る側のウェブ環境の変化も新たなタイプの被害を招いています。アカマイの捕らえたデータから、最新の攻撃のしくみとこれからの攻撃の進化の方向を予測。さらに見落としがちなリスクとその管理の最前線を事例を交え解説します。

講演者:
 アカマイ・テクノロジーズ合同会社
 Web&セキュリティマーケティング本部
 プロダクト・マーケティング・マネージャー
 中西 一博 氏
14:50~15:05
休憩
15:05~15:45

O-5

デバイスからクラウド領域まで包括する 情報セキュリティ基盤 "フォーティネット セキュリティ ファブリック"

クラウドの利用、IoTの普及など変遷し多様化するIT・OTインフラストラクチャに対して、企業や団体には新たな対応が求められています。このセッションではフォーティネットが提唱する新しい情報セキュリティ基盤の必要性と考え方について、デモを交えて、解説します。

講演者:
 フォーティネットジャパン株式会社
 西日本ビジネス本部 技術部
 コンサルティングシステムエンジニア
 上田 将司 氏
15:45~16:25

O-6

エンドポイントにも多層防御化
FFRI yaraiを付加したこれからのハイブリッド防御


標的型攻撃に加え新たな脅威として無差別型攻撃が急増しており「多層防御」は欠かせません。
対策ポイントとして注目されるエンドポイントでも、従来型対策に加えて、新アーキテクチャ・セキュリティの採用が求められています。国内No.1の導入実績を誇る「FFRI yarai」をエンドポイントに付加したハイブリッド防御をご紹介します。

講演者:
 株式会社FFRI
 プロダクトソリューション部
 部長 川原 一郎 氏
16:25~17:15

大阪 特別講演

暗躍するAI、悪用されるビッグデータ
~私が公開情報のみを使って某国にサイバーテロを仕掛けるときの思考回路~


「新たな石油」とも言われるビッグデータ。喜んで悪用する攻撃者の存在を忘れてはいけません。
AI/ビッグデータを有効活用したセキュリティ製品が注目を集める中、安藤氏は、セキュリティにおけるAI/ビッグデータの“悪用”に焦点を当てます。
攻撃者(自分)がサイバーテロを企てるとき、公開情報というビッグデータを使い、どのような思考回路で標的のサーバを決めるのか。米国海軍の事例をはじめ、サイバー空間の攻防において、AIはどう進化し、どのような暗躍をしているのか。真実に、独自の調査と考察を交えてお伝えします。

ちょっと他では聞けない内容です。

講演者:
 国立情報学研究所
 サイバーセキュリティ研究開発センター
 特任准教授
 安藤 類央 氏

 

福岡会場

福岡会場に参加希望の方は、希望の部(午前/午後)にチェックを入れ「申し込む」ボタンを押してください

           
福岡 午前の部
10:00~10:50

福岡 基調講演

中部電力×レッドチームエンジニア
確実に電力を供給する――たとえサイバー攻撃を受けたとしても


社会インフラである電力会社には、電力を安定供給する責務があります。昨今、その責務を脅かす脅威として、サイバー攻撃がクローズアップされるようになってきました。情報システムと制御システムの垣根を越えたサイバーセキュリティ対策とは、どのように進めて行くべきなのでしょうか。
このパネルディスカッションでは、中部電力と中電シーティーアイ、そして、サイバー攻撃演習で攻撃者として立ち居ふるまうレッドチームエンジニアが、伊勢志摩サミットにおけるサイバーテロ対策をふまえ、電力会社が目指すサイバーセキュリティについて議論します。

パネリスト:
 中部電力株式会社
 情報システム部 総括・企画グループ 
 長谷川 弘幸 氏

 株式会社中電シーティーアイ
 情報セキュリティ対策室
 永野 憲次郎 氏

 PwCサイバーサービス合同会社
 サイバーセキュリティ研究所 所長
 神薗 雅紀 氏

モデレータ:
 PwCコンサルティング合同会社
 サイバーセキュリティ&プライバシー ディレクター
 林 和洋 氏
10:50~11:30

F-1

IoTで成功するための「攻め」のライセンス基盤

単価を抑えて、多種多様な市場のニーズに応える。同時に知的財産を保護し、継続的な売上を会社にもたらすこと。これはIoTだけではなく、全てのデバイス製造販売の課題ですが、IoTではもっとシビアになっていきます。もちろんデバイスだけではなく、関連ソフトウェアについても気を配る必要があります。それらを解決する一つの要素がライセンシングです。IoTで儲けるためのライセンスの仕組と管理を、事例を含めてご説明します。

講演者:
 ジェムアルト株式会社(旧日本セーフネット)
 ソフトウェアマネタイゼーション事業部
 西日本営業部 部長
 菊山 幹浩 氏
11:30~12:10

F-2

シスコ サイバーセキュリティ
~急増するサイバーテロに備える~


サイバーセキュリティ人材が不足している今こそ、専門性を身につける機会です。
シスコが提供するサイバーセキュリティ対策のオンライントレーニングは、忙しい IT エンジニアに最適なセルフスタディ コンテンツです。ラボ演習を組み合わせたカリキュラムを通じて、実践的なサイバーセキュリティスキルを習得します。

講演者:
 シスコシステムズ合同会社
 トレーニング ビジネス デベロップメント
 ビジネス デベロップメント マネージャ
 岡 邦子 氏
12:10~12:25
休憩
福岡 午後の部
12:25~13:15

ランチセッション

調整中


講演者:
13:15~13:30
休憩
13:30~14:10

F-3

デバイスからクラウド領域まで包括する 情報セキュリティ基盤 "フォーティネット セキュリティ ファブリック"

クラウドの利用、IoTの普及など変遷し多様化するIT・OTインフラストラクチャに対して、企業や団体には新たな対応が求められています。このセッションではフォーティネットが提唱する新しい情報セキュリティ基盤の必要性と考え方について、デモを交えて、解説します。

講演者:
 フォーティネットジャパン株式会社
 西日本ビジネス本部 技術部
 コンサルティングシステムエンジニア
 上田 将司 氏
14:10~14:50

F-4

進化するボットによるウェブ攻撃の実態と最新のサイバーリスク管理策

ウェブセキュリティをめぐる攻防では今、IoTやボットなど攻撃側の手法の進化ともに、守る側のウェブ環境の変化も新たなタイプの被害を招いています。アカマイの捕らえたデータから、最新の攻撃のしくみとこれからの攻撃の進化の方向を予測。さらに見落としがちなリスクとその管理の最前線を事例を交え解説します。

講演者:
 アカマイ・テクノロジーズ合同会社
 Web&セキュリティマーケティング本部
 プロダクト・マーケティング・マネージャー
 中西 一博 氏
14:50~15:05
休憩
15:05~15:45

F-5

調整中

15:45~16:25

F-6

調整中

16:25~17:15

福岡 特別講演

暗躍するAI、悪用されるビッグデータ
~私が公開情報のみを使って某国にサイバーテロを仕掛けるときの思考回路~


「新たな石油」とも言われるビッグデータ。喜んで悪用する攻撃者の存在を忘れてはいけません。
AI/ビッグデータを有効活用したセキュリティ製品が注目を集める中、安藤氏は、セキュリティにおけるAI/ビッグデータの“悪用”に焦点を当てます。
攻撃者(自分)がサイバーテロを企てるとき、公開情報というビッグデータを使い、どのような思考回路で標的のサーバを決めるのか。米国海軍の事例をはじめ、サイバー空間の攻防において、AIはどう進化し、どのような暗躍をしているのか。真実に、独自の調査と考察を交えてお伝えします。

ちょっと他では聞けない内容です。

講演者:
 国立情報学研究所
 サイバーセキュリティ研究開発センター
 特任准教授
 安藤 類央 氏

 



お問い合わせ先

アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
E-Mail: event_support@sml.itmedia.co.jp   TEL: 03-6893-2190

Copyright(C) 2017 ITmedia Inc. All Rights Reserved.