対象者

経営者、経営企画・事業企画部門、IT部門、管理部門 など

※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

9:30~10:00
受付

満席 Business Track 午前の部

残席わずか Technology Track 午前の部

10:00~10:50

基調講演

基調講演(Business Trackのサテライト予定)

ここがヘンだよ日本人の働き方!
元Google人材開発担当者が語る
今、日本に求められるワークスタイル変革とは


日本の働き方の「常識」は、世界の「非常識」なのでしょうか。
モルガン・スタンレーやGoogleで人材開発に携わった後、イノベーション組織開発を手がけるプロノイア・グループとHRテック企業モティファイのCEOを務めるピョートル・グジバチ氏が日本のワークスタイル変革を斬ります。

登壇者:
ピョートル・フェリークス・グジバチ 氏
(Piotr Feliks Grzywacz)
ここがヘンだよ日本人の働き方!
元Google人材開発担当者が語る
今、日本に求められるワークスタイル変革とは


日本の働き方の「常識」は、世界の「非常識」なのでしょうか。
モルガン・スタンレーやGoogleで人材開発に携わった後、イノベーション組織開発を手がけるプロノイア・グループとHRテック企業モティファイのCEOを務めるピョートル・グジバチ氏が日本のワークスタイル変革を斬ります。

登壇者:
ピョートル・フェリークス・グジバチ 氏
(Piotr Feliks Grzywacz)

※(Business Trackのサテライト予定)
10:50~11:05
休憩
11:05~11:45

Business Track 1

Technology Track 1

アトラシアン流 強いチームの作り方

アトラシアンは、自律的に協調し効果的に動く強いチームを作ることで創業以来着実に業績を伸ばし続け、豪州ハイテク企業としては異例のNASDAQ上場も果たしました。本セッションでは、アトラシアンが強いチームを構築するために重視しているゴール、人材、文化、そして企業のサポートについてご紹介いたします。

講演者:
アトラシアン株式会社
代表取締役
スチュアート・ハリントン 氏
「働き方改革」と一人ひとりの生産性向上

IT目線で「働き方改革」を考える場合、テレワークを含む場所を選ばない仕事環境の実現、それを支えるセキュリティの確保が重要な課題です。もちろん、そうした環境を実現した上で、次の課題は仕事の効率アップになるでしょう。このセッションでは、セキュリティに軸足を置いた一連のソリューションをご紹介しつつ、特に、メールをベースにToDo管理を融合したクラウドサービス、「ClearDeck」をご紹介します。

講演者:
株式会社ソリトンシステムズ
ITセキュリティ事業部 サービス技術部
部長
正木 淳雄 氏
11:45~12:00
休憩

残席わずか Business Track 午後の部

残席わずか Technology Track 午後の部

12:00~12:40

Business Track ランチセッション

Technology Track ランチセッション

働き方改革のカギを握る「社員教育」と「クラウドラーニング」のポイント

働き方改革を進めるには、場所や時間を選ばずに社員の能力を向上させる「社員教育」が重要です。また、社員の能力の向上なしには、「生産性の向上」や「長時間労働の抑制」もできません。本セッションでは、働き方改革を進める上での「社員教育」の課題を共有するとともに、クラウドラーニングを使い、場所を選ばずに社員を教育する方法や、社内でナレッジを共有する方法を解説します。

講演者:
KIYOラーニング株式会社
代表取締役
綾部 貴淑 氏
「見える・わかる・つながる」環境で働き方を変える

働き方改革成功への第一歩は、現状や課題の認識と共有です。 また、限られたリソースを効果的に活用しなければ、組織の未来はありません。従来の人とのつながり方を刷新することで、多様な人材がチームとして協働する環境を整え、可視化した課題の解決にツールをどう役立てるのか、デモを交えてご説明いたします。

講演者:
アトラシアン株式会社
マーケティング マネージャー
朝岡 絵里子 氏

リックソフト株式会社
ソリューション推進部
部長
大塚 和彦 氏
12:40~13:00
休憩
13:00~13:40

Business Track 特別講演1

Technology Track 特別講演1

会社全体に伝わる「働き方」のメッセージとは
ーメルカリは「働き方」もバリューに基づくー


「ルール」ではなく「バリュー」で社員の働き方を方向付け組織運営を行っているメルカリにおいては、そもそも働き方を「変える」という発想はありません。自分たちが日々実践している働き方こそが、成長を支える原動力だからです。では、そのバリューに基づく働き方とは何か。どのようにすれば会社全体に伝わるものになるのか。メルカリ流の考え方を紹介します。

講演者:
株式会社メルカリ
HRグループ マネージャー
石黒 卓弥 氏
働き方改革ーーそんな装備で大丈夫か?

働き方改革は企業文化やライフスタイル、働くということに対する考え方そのものに手を付けていく改革です。しかし、その変革期につきものなのがセキュリティの問題です。
リモートワークや在宅勤務が増えると、自宅PCやモバイルでの作業や街中の無線LANを使う機会が増えるかも知れません。今まで通りのセキュリティ対策や考え方で十分なのでしょうか?
ルールやポリシー作りだけでは本質的なリスク回避にはなりません。ペネトレーションテスト(侵入テスト)などを生業とする上野氏だからこそ知る危ないシチュエーションなど、攻撃者の視点を交えて解説をします。
本セッションが、働き方改革における柔軟な働き方を後押しする土台となれば幸いです。

講演者:
株式会社トライコーダ
代表取締役
上野 宣 氏
13:40~14:20

Business Track 2

Technology Track 2

間違った働き方改革で、会社の能力を下げてしまう前に考える事

働き方改革の主体は誰だ――社員か?それとも会社か?会社ならば、なぜ会社は働き方を改革するのか。
流行に流されず主体的に改革し、今よりも強い会社になることを目的としなければ、働き方改革は会社をダメにします。当セッションでは成長企業が実践している働き方改革の事例を元に、改革にあるべき思想と施策を解説します。

講演者:
株式会社ソノリテ
代表取締役
齋藤 和政 氏
攻めのリモートアクセス&守りのVDI
更にコストを抑えるテレワークインフラとは


働き方改革/テレワークではセキュリティについての議論ばかりが先行し、結果として高コストかつ利用者の利便性が損なわれる仕組みができあがることが少なくありません。本セッションでは、セキュリティを担保しつつ利用者の使いやすさを犠牲にせず、さらにコストも抑えられるという三方良しのテレワークインフラ:Workspotについてご紹介いたします。

講演者:
日商エレクトロニクス株式会社
ITプラットフォーム事業本部 営業推進部 第一課
岡田 正成 氏
14:20~15:00

Business Track 3

Technology Track 3

タブレットで実現する働き方改革

MetaMoJiでは、2009年の創業以来、タブレット端末上のプロダクティビティのアプリを提供し、従来のPCでは困難だったシステム化を実現。多くの企業の「働き方改革」の実現を支援しています。本講演では、先進ユーザー事例を紹介しながらMetaMoJi のアプリケーションをデモを交えて弊社代表の浮川が解説します。

講演者:
株式会社MetaMoJi
代表取締役社長
浮川 和宣 氏
「働き方改革」を推進するデジタルワークスペースという考え方

働き方改革を実現するための一つの大きなポイントは、場所を問わずに安全に業務ができる環境を実現することです。シトリックスが提供する仮想デスクトップを起点にした「セキュアデジタルワークスペース」の考え方と、実際のお客様の事例を交えて、ITの活用による働き方改革のポイントをご紹介いたします。

講演者:
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
マーケティング本部
𡌶(はが) 俊介 氏
15:00~15:15
休憩
15:15~15:55

Business Track 4

Technology Track 4

評価のポイント化で生産性を上げたリアルタイム人事評価とは

「働き方改革」で社員一人ひとりの生産性向上が求められています。その新しい突破口として、評価の仕組みをポイント化しリアルタイムにSNSで共有し、生産性向上やモチベーションUPにつながった事例を紹介。また、なぜ60%の社員が評価ポイントによって行動を変えたのかについてお話します。

株式会社シーグリーン
営業部
営業本部長
中井 浩 氏
働き方改革を推進するためのスマートデバイス活用とセキュリティ

働き方改革を加速させるツールとして、クラウド×スマートデバイスを導入する動きが加速していますが、情報漏洩を防ぐためにMDM以外に検討すべきセキュリティは多岐にわたります。
本セミナーでは、”企業が認めたスマートデバイスのみ”セキュアかつ快適にクラウドを利用できるサービス「S-proxy for Cloud」を紹介します。

講演者:
インフォコム株式会社
モバイルクラウド事業部 ITイノベーション営業グループ
上級主任
加藤 匡雄 氏
15:55~16:35

Business Track 特別講演2

Technology Track 特別講演2

新サービスを次々と生み出すIDOMの組織作りと働き方のコツ

中古車の買い取りというビジネスに変革を起こした株式会社ガリバーインターナショナルは、新たな市場に挑むべく、2016年7月に社名を「IDOM」に変更。月額定額でクルマ乗り換え放題「NOREL」事業をスタートさせるなど、新規事業へのチャレンジが止むことがない。時代の先端テクノロジーを次々と取り入れたり、異業種からの採用を積極的に行うなど新しい事業を作り上げていく背景には、IDOMを支える「企業文化」があり、同社のユニークな組織の作り方、考え方がある。また、Great Place to Work Institute Japanでは従業員1000名以上部門「働きがいのある会社」に7年連続ランキングイン。従業員の1人1人がIDOMで働くことの魅力、輝ける方法についてもお話頂きます。

講演者:
株式会社IDOM
人事・広報・新規事業担当執行役員 
北島 昇 氏
サイボウズの「百人百様の働き方」を可能にするセキュリティ対策ってどんなもの?

今や国策となったワークスタイル改革ですが、社員がいつでもどこでも働けるようになればなるほど、セキュリティの確保は難しくなります。IT部門はさまざまなツールやルールでセキュリティリスクをつぶしていく必要がありますが、社員の働き方を阻害するようなことをしたのでは本末転倒。働き方改革もセキュリティ対策も共倒れになりかねません。

こうした課題が浮き彫りになる中、働き方改革の推進で知られるサイボウズは、どのような方法で、“多様性のある働き方とセキュリティ対策”を両立させているのでしょうか。
この取り組みで試行錯誤を続けているセキュリティ室の伊藤 彰嗣氏が、ワークスタイル改革時代のセキュリティルールの作り方と現場に浸透させる方法を紹介します。

講演者:
サイボウズ株式会社
セキュリティ室
CSIRT(Cy-SIRT)
伊藤 彰嗣 氏

※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

 



お問い合わせ先

アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
E-Mail: event_support@sml.itmedia.co.jp   TEL: 03-6893-2190

Copyright(C) 2017 ITmedia Inc. All Rights Reserved.