Part2 1/22(火)開催

HCIはハイブリッド/マルチクラウドの第一歩
DX時代を勝ち残る、オンプレミスクラウドの作り方
~必見! ここでしか聞けない「HCI移行、ROI最大化の秘訣」とは~



企業導入が急速に進んでいるHCI。コスト削減、運用負荷低減をはじめ多くの企業で好評を博しているのはもちろん、仮想化基盤の置き換えにとどまらず、パブリッククラウドとのハイブリッド/マルチクラウドを一元管理するオンプレ側の基盤として導入する企業も着実に増えつつあるようです。

ただ、このようにHCIのメリットやポテンシャルを最大限に引き出すためには、ビジネス目標に基づいたインフラ管理のビジョンと、そこにどうHCIをフィットさせるかという「実運用や将来像を見越した全体設計・実装」が不可欠です。「簡単・シンブル」をはじめとするHCIのメリットも、そうした設計・導入があって初めて成果にブーストをかけることができると言えるでしょう。

しかし、「実運用や将来像を見越した設計・実装」と言葉で言うのは簡単ですが、具体的にはどのような作業が必要で、何がポイントになるのでしょうか? 今回は、豊富な設計・導入経験を持つ構築コンサルタントをゲストに招き、HCIへの移行手順と、意外な落とし穴、絶対に外せないポイントを具体的に紹介。メディアなどではまず紹介されない、「エンタープライズシステムのHCI移行プロジェクト」の全容を分かりやすくお伝えします。


◆このセミナーで分かること◆

Dell EMC XC Family (Nutanixソフト搭載)にフォーカス。HCI設計・構築コンサルが明かす「導入成功、本当のポイント」

メディアなどで紹介されるHCI事例というと導入後の話がほとんどです。しかし導入効果の大半は設計・実装の在り方次第で決まります。皆さんが一番知りたいのも、HCI適用の在り方、移行手順など、“導入以前の具体的な話”なのではないでしょうか?

今回は多数の導入現場をリードしてきた設計・構築コンサルタントが、 Nutanix XC Familyを素材に移行の具体像を解説。何が落とし穴になりやすいのか、どうすれば狙った成果を獲得できるのか――なかなか聞けない「HCI導入の秘訣」、皆さんだけにこっそりお教えします。
アイティメディア株式会社 @IT編集部 編集長 内野 宏信

受付終了 Part2に参加希望の方は、チェックを入れ「申し込む」ボタンを押してください

Part3 1/29(火)開催

HCIも“メインストリーム"市場に突入か!?
日本全国のHCI検討企業に贈る、「ゼロから分かるHCI」
~メリットは「簡単・シンプル」だけじゃない。HCIの正しい選び方



複雑化した仮想環境の運用負荷/コスト増大を背景に、HCIの企業導入が急速に進んでいます。@IT編集部の読者調査でも「仮想環境の運用管理」は毎年上位にランクイン。そんな中、運用が「簡単・シンプルになる」「人手/スキル不足でも大丈夫」「コスト削減できる」とあってHCIの導入は今日も伸び続けているのです。

しかし「簡単・シンプル」なHCIといっても「どれも同じ」ではありません。加えてここ数年で機能もアップデートされています。そんな中、自社に最適な製品を選べなければ、十分な効果を得ることは難しいのです。ではいったい何を基準に選べばいいのでしょうか? それ以前にHCIとはどんなもので、どんなメリットがあるのでしょう?――本番組ではHCIを今あえて「基礎の基礎」から解説。よくある誤解も含めて「失敗しない選び方」を徹底解説。視聴後には、HCI購入稟議も自信を持って書けるあなたがいるはずです。


◆このセミナーで分かること◆

「東京・大阪で大好評だった講演ネタだけを、ピックアップして披露します」――

厳しいコスト削減命令の下、人手も予算も足りない中で、あれほど悩んできた仮想環境の運用管理が本当にラクになるとして、HCIは多数の企業に支持されています。しかし「隣が入れたからウチも」というだけでは、後悔しかねないのも事実。メリットを理解し「自社にぴったりな製品」を選べるかどうかで、ROIは大きく変わってくるのです――今回のゲストは、東京・大阪での講演で何度も喝采を浴び続けてきたというHCI特別講師。「イヤでも分かる」と評判の講演ネタ、全員でじっくり掘り下げていきますので、ぜひご視聴ください。
アイティメディア株式会社 @IT編集部 編集長 内野 宏信

残席わずか Part3に参加希望の方は、チェックを入れ「申し込む」ボタンを押してください

Part1 1/15(火)開催

Windows Server 2008サポート終了待ったなし!
Hyper-V向けHCIで、難題を“カンタン・オトク”に乗り切る方法
~移行するなら今しかない理由~



2020年1月と目前に迫ったWindows Server 2008のサポート終了。サポートが切れれば、問題が生じてもベンダーサポート、アップデートなどは一切なされず、甚大なビジネス/セキュリティリスクに晒されることになります。

しかし、移行がそう簡単な話ではないのはご存知の通り。加えて技術面以外にも、着手が遅れれば遅れるほど移行を進めにくくなる現実も……。ではサポート終了間近の今、最小限のコストでスピーディに移行するにはどうすればよいのでしょうか?――HCI新春特番、第1回は「Windows Server2016に簡単に移行できるHCIの選び方・使い方」を分かりやすくお伝えします。


◆このセミナーで分かること◆

避けられないWindows Server移行。最も「安い、早い、うまい」方法はどれ?

サイバー攻撃も多発している現在、Windows Server 2008からの移行は喫緊の課題。しかし、ただでさえ複雑化した仮想環境の現状把握や、システムの再設計・サイジングなど、移行作業は決して容易なことではありません。しかもクラウドをはじめ、移行の選択肢もさまざま。
そうした中で、「本当に自社に最適な移行計画」とはどう考えればよいのでしょうか? ただ移行するだけではない、会社全体から評価される「HCIを使った最もうまい」やり方、どこよりも突っ込んでお届けします
アイティメディア株式会社 @IT編集部 編集長 内野 宏信

受付終了 Part1に参加希望の方は、チェックを入れ「申し込む」ボタンを押してください


※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。
※タイムテーブルは、予告なく変更させていただく場合がございます。

主催

@IT

協賛

Dell EMC



お問い合わせ先

アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
E-Mail: event_support@sml.itmedia.co.jp   TEL: 03-6893-2190



Copyright(C) ITmedia Inc. All Rights Reserved.