主催

@IT編集部

ITmedia エンタープライズ編集部

ITmedia エグゼクティブ編集部

協賛

株式会社ソフトロード


Rubrik Japan株式会社

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

東京エレクトロン デバイス株式会社

プログラム

※参加希望の方は、午前/午後の部(全日の場合は両方)を選択してから、申込情報の入力へお進みください
10:00~10:05
開会挨拶
開会挨拶

10:05~11:05
基調講演
既存の常識にとらわれず、本質を見極めよ――
「2025年の崖」問題に対するDX推進政策
~デジタルインフラ導入の動向を踏まえて~

レガシーを刷新しなければもはや企業は生き残れない――経産省が2018年に発表した「DXレポート」。その中で指摘された「2025年の崖」問題に、今多くの経営層が危機感を抱いています。しかし、その危機感は「ウチもクラウドを」「ウチもAIを」といった掛け声に終始し、実ビジネスにつながっていない例が多いのが現実です。では危機感はあっても「有効なアクション」に還元できない原因とは何なのでしょうか? 新たなテクノロジーを使っても、コストをかけても、成果が得られない真因は、一体どこにあるのでしょうか?――経済産業省 商務情報政策局 情報産業課の和泉憲明氏に、DX推進を阻む“失敗の本質”と、政策展開の方向性についてお話しいただきます。

経済産業省
商務情報政策局 情報産業課 企画官
和泉 憲明 氏

11:05~11:45
セッション1
崖の解決と付加価値を両立!システムリフォーム

日本最大のシステム更新専門会社として、更新技術の飛躍的な進歩をご紹介します。来年のWindows7WindowsServer2008の延長サポート終了によるVB.net更新やCOBOLRPG等のJavaへの刷新など「2025年の崖」に対する具体的な解決策とともに更新と付加価値実現の両立のヒントがここにあります。

株式会社ソフトロード
取締役
大橋 順二 氏

11:45~12:25
セッション2
セッション2

Rubrik Japan株式会社

12:25~12:45 ~休憩~
12:45~13:30
ランチセッション
Why内製化? Whyクラウド? ダイソーのITインフラ変革6年の軌跡

市場環境の変化が極めて速い小売業において、店舗数、商品数、売上を成長させ続ける100円ショップの「ダイソー」を運営する大創産業。6年前に入社した情報システム部の丸本氏が直面したのは、モノリシックでベンダー頼りの運用を続けるITインフラ基盤でした。「DXには内製化とクラウドが欠かせない」とする丸本氏は、この6年で何を目的に、どのような計画を立てたのでしょうか。
どのように、ITインフラ基盤を乗せるクラウドサービスを選定して、ITインフラ基盤を変革し、組織を変えていったのか。変革の結果、どのような効果を得たのか――DXを目指し、ITインフラ基盤の変革や内製化に悩む企業へのヒントをご講演いただきます。

株式会社大創産業
情報システム部 システム開発1課 課長
丸本 健二郎 氏

13:30~13:45 ~休憩~
13:45~14:25
セッション3
ハードウェアライフサイクルから脱却するための5ステップ

デジタルトランスフォーメーション時代を見据え企業には環境変化に対応できる「新しい仕組み」への変革が求められています既存のハードウェアライフサイクルから脱却するための必要な取り組みと人材像そして障壁を取り除くために必要な考え方は何か5つのステップで企業が取り組むべき最適解をご紹介します。

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
ビジネスデザイン本部 テクニカルデザイン部
今井 悟志 氏

14:25~15:05
セッション4
パブリッククラウド化が進む中、オンプレ基盤上のデータをシームレスにやり取りする方法とは

オンプレ基盤のパブリッククラウド化が進む中、すべてのデータをパブリッククラウド化するのではなく、セキュリティやスループットを考慮し「どうしてもオンプレ基盤に残したい」というデータもあるのではないでしょうか。
本セッションでは、オンプレ基盤とパブリッククラウド間をシームレスにやりとりし、お客様の運用負荷も下げるソリューションをご紹介します。

東京エレクトロン デバイス株式会社
CN BU CN営業部 パートナー第二営業部 アカウントセールス
大塚 健一 氏

15:05~15:15 ~コーヒーブレイク~
15:15~16:05
特別講演
特別講演

前田建設工業株式会社
ICI総合センター AI・IoT研究センター長 兼
情報システム総合センター 情報戦略・システム企画グループ長
髙橋 哲郎 氏

※ 特別講演の開始時間が変更となりました。詳細はプログラムをご確認ください。(変更日:8月22日)
※ 登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お申込みは終了いたしました

お問い合わせ先

アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
E-Mail: event_support@sml.itmedia.co.jp  Tel: 03-6893-2190

Copyright © ITmedia Inc. All Rights Reserved.