会員ログイン

ログインID:

パスワード:

新規会員登録はこちら

セミナー検索結果

338件のセミナーがあります(1~30件を表示)

ページ目へ移動

【ITM VE/スマホ申込用】ITmedia Virtual EXPO 2011 ~転換期のITとものづくり~
 
主催 
会場【】
2017年12月19日
IBM Night
今回のテーマは、前回に引き続いて「量子コンピューター」。
この異次元の演算処理能力がもたらす未来について、前回は「そもそも量子コンピューターって?」という根本的なお話を中心に展開しましたが、今回は量子コンピューターとビジネスの接点を探るようなセッションにしていければと考えています。

『ザ・プラットフォーム』著者でありIT批評家の尾原和啓さんをお招きしつつ、実業界からのゲストとして楽天株式会社 執行役員の北川拓也氏、日本アイ・ビー・エム 東京基礎研究所副所長 技術理事の小野寺を交えたトークを中心に展開します。
 
主催日本アイ・ビー・エム株式会社 
会場【東京都】Nagatacho GRID 6F
2017年12月12日
@IT運用管理セミナー
ITがビジネスに直結する存在となって久しい。これに伴い、開発者の役割は大きく変わり、単に求められたものを作るのではなく、事業部門や顧客企業と共にビジネスを考え、よりよいものを設計・開発・提案する「クリエーター」としてのスタンスが求められつつある。長年の間スローガンに終始してきた「ビジネスに寄与するIT」が、今、多くの企業にとって現実的なテーマとなっている。

こうしたトレンドがある一方で、運用管理者には難問が突きつけられている。そもそもビジネスまでの距離が近い開発者とは異なり、運用管理者は「システムの安定運用」が最重要ミッションであり、ビジネスまでの距離が遠い。よって「寄与」といっても何をすれば「寄与」なのか、イメージできず悩んでいる向きが多い。これに拍車を掛けているのが自動化の波だ。「定型作業を自動化して運用効率を上げ、その分のコストを攻めの領域に回す」といった論調や、開発者自身がインフラを整備・調達する動きに対し、脅威を抱く運用管理者は決して少なくないといわれている。だがいかに自動化が進展しても、「運用管理」という仕事はなくならない。ただ、「なくなる役割」と「新たな役割」ができるだけだ。

本セミナーでは、「生き残れる運用管理者」のマインドセット、スキルセットを明確化。運用管理でビジネスに寄与することで“求められ続ける”方法を、具体的に伝授する。

 
主催@IT編集部 
会場【東京都】コングレスクエア日本橋 3階ホール
2017年12月06日
AI/IoT時代のソフトウェア開発 ~ITとOTの出会う場所~
企業競争は「ソフトウェア競争」に置きかえられつつある。テクノロジの視点を持ち、いかに新たな価値を創造するか――エンジニアがビジネスの主役になる時代が到来している。

一方で、いまだ多くの企業でエンジニアがビジネスから分断され、「言われた通りに作る」「手順通りに運用する」といった“作業”の中に閉じ込められている。いま求められているITとエンジニアの価値を見直し、創造性を引き出す文化、プロセス、環境を作れるかが、ビジネス差別化の第一歩になると言える。

本セミナーでは、ITエキスパートを抱える@ITと、製造業・モノづくりのスペシャリストを抱えるMONOistがタッグを組み、“Agile” “Quality” の両面から、これからのソフトウェア開発の具体像を描く。

 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部、MONOist編集部 
会場【東京都】ザ ストリングス 表参道(旧 青山ダイヤモンドホール)
2017年10月18日
IBM Night
 
主催日本アイ・ビー・エム株式会社 
会場【東京都】THE SPACE (東急エージェンシー本社 紅仙ビル1F)
2017年09月27日
ネットワークの最新トレンド 「SD-WAN」って何だ?
 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】大手町ファーストスクエアカンファレンス(EASTタワー2F)
2017年09月21日
狙われる働き方改革
攻撃者とCSIRT、攻守の視点から――
ゲヒルン石森氏が解説する、『働き方改革のセキュリティ』
 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】大手町ファーストスクエアカンファレンス
2017年08月30日
ここでしか言えない、聞けない、「クラウド移行」ぶっちゃけトーク
「これから作る新たなサービスの基盤」として重宝されるケースが多かったクラウド。しかし、ここ最近、流れが変わってきていることにお気づきでしょうか?
以前より多くのIT部門は、「既存システムだってクラウドに移行してコスト削減・運用の簡素化を図りたい」と考えていました。しかし、クラウドに移すためにはアプリケーションの改修が必須となっていたため、その難しさやコストとのトレードオフであきらめていたのです。

「改修せず、今あるシステムをそのままクラウド移行したい」――そんな根強い声に応え、いま、VMwareを基盤とすることで、今ある資産をそのままリフト&シフトできる、DR環境も容易に構築できるクラウドが出てきています。その選択肢は「Vmware Cloud on AWS」「VMware on IBM Cloud」「ニフティクラウド」など、いろいろ。クラウド選びは、第二ラウンドに突入したといえるでしょう。

この番組では、クラウド界隈で皆さんおなじみ、超強力ゲストを迎え、クラウド各社が出してきた「VMware環境を“そのまま”クラウドへ」をうたったサービスを、エンドユーザ視点で議論します。

 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【】Live Web セミナー
2017年08月30日
連日の「深刻な脆弱性」 どう向き合い、どう対応するか

本セミナーは満席となりました。

多くの企業が安心して使っているであろうソフトウェアにも、外注したシステムにも、脆弱性は存在し得ます。連日のように公開される脆弱性情報の中から自分たちに関係するものを見つけ、適切な優先順位で対応するのは容易ではありません。

「ソフトウェアに脆弱性が見つかった場合、すぐにパッチを適用すること」、これはセキュリティの“基本”ですが、言うほど簡単ではないと感じている情報システム担当者の方も少なくないのではないでしょうか。この状況に、企業はどう向き合えばよいのでしょう?

本セミナーでは、攻撃者は脆弱性をどのように悪用するのかわかりやすく解説するとともに、攻撃者、エンドユーザー企業、バグハンター、多くの失敗プロジェクトを知るITコンサルタント、セキュリティリサーチャなど様々な視点から、企業が脆弱性に対して現実的にどう取り組んでいくのか、ともに悩み、考えていきます。


 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)
2017年06月22日
侵入されても攻略されないサイバー攻撃対策
 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】コングレスクエア日本橋
2017年06月12日
「実際、オラクルクラウドってどうなの?」

好評につき視聴期間延長!


昨今、IoT、X-Techをはじめ、デジタルトランスフォーメーションが国内でも急速に進展し、ニーズに応える「スピード」がビジネス差別化の一大要件となっています。これを受けて、必要なとき、必要なリソースが手に入るクラウドは企業にとって不可欠な存在となっています。

しかし、クラウドを使いこなせている企業はごく一部。大半の企業は「かえって高くついた」「何かあったら不安」といった悩みを抱え続けているか、まだ導入に踏み出せていないのが現実です。では、なぜクラウドを同じように使っても、成功する企業、失敗する企業に分かれてしまうのでしょうか?
なぜ導入に踏み出せる企業と、いつまでも踏み出せない企業に分かれてしまうのでしょうか?

その原因を考え抜き、満を持してリリースしたというIaaS最後発「オラクルクラウド」。この番組では、クラウドユーザー、SIer、オラクルクラウド担当者が徹底討論。多くの企業がクラウドを使いこなせない理由を掘り下げながら、いまさら出してきた本当の理由を徹底的に問い詰めます。

※セミナーのタイトルが変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※本オンデマンドセミナーは5/31に配信したLive Web セミナーを編集した動画になります。


 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【】オンデマンドセミナー
2017年06月02日
@IT セキュリティセミナー 東京・大阪・福岡ロードショー

2017年の@IT読者調査では、51%が「標的型攻撃や不正アクセス等を受けたことがある」と回答。CSIRT構築済・構築中・検討中の企業は7割を超え、インシデント対応強化の必要性を感じている企業を含めると9割を超えます。

標的は、企業のデータだけではありません。社会インフラや工場を支えるIoT/制御システムへの攻撃はすでに現実の脅威。今回お話いただく中部電力、パナソニックをはじめ、それぞれの組織が、実効性のある防御、検知の仕組み、インシデント対応を模索しています。

本ロードショーでは、多くの視点からリアルで生々しい脅威の実態を明らかにします。
「今の対策は本当に有効と言えるのか」「どうすれば懸念や課題を解決できるのか」現実と向き合い、じっくりと悩む一日を提供いたします。


 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【】
2017年05月10日
ハイパーコンバージドインフラ2.0
サーバ統合、運用コスト・負荷削減、VDI、プライベートクラウドなど、今や多くの企業が、サーバとストレージ機能が一体となった次世代の仮想化インフラ「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の導入を進めています。

しかし、「スピード」がビジネス差別化の要件となっている今、もはや従来型のHCIでは差別が難しいのも現実です。では、他社に先駆けて、さらなるスピード・効率を手に入れるにはどうすれば良いのでしょうか?

最先端HCIの「誰でもわかる明確な違い」をご紹介します。

 
主催アイティメディア株式会社 
会場【】オンデマンド配信
2017年04月14日
今年絶対IoT始める人のための「IoTデータ活用勉強会」
IoTはサービス開発・改善のスピードが勝負。そのためには、大量データから潜在・顕在ニーズをいち早く見いだす仕組みが求められます。しかし、IoTに取り組み始めた企業の多くが、データは集めているものの、DBがバラバラでただ貯めているだけに留まっているようです。

また、「どのデータをどう生かせば良いのか分からない」「何を読み取るべきか分からない」という課題もつきまとい、分析・活用にまでは至っていないという現実があります。

そこで、この勉強会では、IoTデータ活用で陥りがちな落とし穴、盲点を整理するとともに、IoTのポテンシャルを最大限引き出すデータ連携基盤構築、データ分析・活用のノウハウを解説。IoTでライバルに差をつけるために必要なポイントをお伝えいたします。

 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2017年04月10日
忙しいひとり情シスのための「学べるITニュース」

@IT読者調査で75%が「よくわからない」ハイパーコンバージドインフラを解説


最近よく耳にする「ハイパーコンバージドインフラ」。ITインフラ(サーバ・ストレージ)の一体運用・管理を実現する仮想化基盤で、インフラ設計・構築の時間を短縮でき、手軽に導入・運用できるのがメリットと言われています。

一方で、@IT読者調査では、75%が「ハイパーコンバージドインフラについてあまり理解していない」「ほとんど理解していない」「初めてきいた」と回答しています。VDIや仮想化・クラウド基盤など、ハイパーコンバージドインフラの活用事例が様々紹介される中、ハイパーコンバージドインフラを選ぶメリットがあるのは、どのような企業で、どんな課題を持った情シス部門なのか、わかりにくいのも事実です。

例えば、たった数人の情シス部門の「日常の運用負荷が大きすぎて建設的なIT活用に取り組めない」「IT投資がうまくコントロールできない」「でもすべてをクラウドには任せられない」といった根深い課題を解決できるのでしょうか?

この番組では、中堅・中小企業におけるハイパーコンバージドインフラ活用事例をもとに、ハイパーコンバージドインフラが解決できることを徹底解説。どこに着目してハイパーコンバージドインフラを選択すれば自社のニーズを最大限に充たせるのか、どの記事よりもわかりやすくお伝えします。

こんな課題を抱えている方へ


・中堅・中小企業で、情報システム部門にかかるIT運用の負荷が大きい
・運用負荷軽減のためクラウドを使いたいが、クラウドへの検討に時間がとれない
・ハイパーコンバージドインフラとは何か、簡単に理解したい
・ハイパーコンバージドインフラの活用事例が知りたい

※1000名規模未満の企業の情報システム部門の方にお勧めの内容です。
※協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申込みはお断りすることがございます。

 
主催アイティメディア株式会社 
会場【】LiveWebセミナー
2017年04月04日
美魔女が教えてあ・げ・る 中堅・中小企業向け、はじめてのファイルサーバ導入

中堅・中小企業のみなさま、美魔女が一緒にIT運用のお悩みを解決します


ファイルの共有や共同編集をセキュアで可用性の高い環境でファイルサーバをビジネスに不可欠なツールとして活用している企業は多いことでしょう。
一方で、容量不足やハードウェア障害、情報漏えい対策、バックアップなど、意外と手間で考慮すべきポイントが多いファイルサーバの運用管理。特に中堅・中小企業は、低予算で手間のかからないファイルサーバを選んでおかないと、その後の苦労が絶えません。

この番組では、中堅・中小企業を舞台にファイルサーバが巻き起こした事件・事故をピックアップ。その裏側にある、中堅・中小企業ならではのIT運用の悩みと解決策を、美魔女とともに探ってきます。

 
主催日本ヒューレット・パッカード株式会社 
会場【】LiveWebセミナー
2017年03月15日
@IT API活用セミナー 先進企業が語る、API活用最前線
 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】イイノホール&カンファレンスセンター
2017年03月03日
最先端事例に学ぶ AI/ビッグデータ/IoTの「リアル」
今、「AI/ビッグデータ/IoT」の企業活用が注目を集めています。顧客行動履歴や画像など、リアルタイムに蓄積されていくビッグデータから、顕在・潜在ニーズをスピーディに読み解くことで、将来ビジネスに活用する期待は、業界を問わず高まってきています。

しかし、それを支えるインフラ担当者にとっては、今、具体的にどのような環境を整えておくべきなのか、わかりにくいのも事実です。

本セミナーでは、楽天、リクルートテクノロジーズなど、「AI/ビッグデータ/IoT」で新たなビジネス価値を生み出しているリーダーたちが、自らの活用事例を紹介。また、電通の事例などを通じて、将来目指すべき像を具体的に示します。

また、そこにいたるまでに今準備しておくべきインフラについて、システムインテグレータおよびベンダー各社がご紹介。「AI/ビッグデータ/IoT」を支えるインフラ、ストレージ技術についてご案内しながら、「最先端事例に近づくために、今リアルに必要なこと」をお伝えします。

 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】コングレスクエア日本橋 3階ホール
2017年03月02日
ネットワークの最新トレンド 「SD-WAN」って何だ?
 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】大手町ファーストスクエアカンファレンス(EASTタワー2F)
2017年02月27日
企業のためのDocker 実践ガイド ~インフラ構築からサービスデプロイまでをいかに高速化するか~
多くの企業が「ホストOS上のプロセスから隔離されたアプリケーション実行環境」を提供するコンテナ仮想化技術「Docker」に関心を寄せています。国内でも、開発・テスト環境でDockerを活用している企業は増え始めています。

しかし一方で、本番環境で使っている企業はまだまれで、Dockerを導入したけれど、使い続けることを見直す企業が増えていることをご存知ですか? ここには、セキュリティや管理機能の問題、更新が速く情報が少ないなど、OSS故の問題もあります。

セキュリティやガバナンスにセンシティブな日本の一般企業がDockerのメリットを享受し、使いこなすには、一体どうすれば良いのでしょうか?

この勉強会では、Webサービス系ではない普通の企業のための「Docker実践ガイド」と題し、利用者からデプロイ先までのEnd-to-Endの今よりも速いサービスリリース・改善・拡大の「仕組み作り」を探ります。

※ 協賛社の競合企業にお勤めの方、個人の方の申し込みはお断りさせていただきます。
※ 申込多数の場合は、SIerおよびリセラー以外のお申込みの方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2017年02月22日
@IT製品比較セミナー in 大阪
フラッシュストレージを入れたけど速くならなかったじゃ意味がない

「ストレージをフラッシュに変えれば速くなるでしょ」という会話を良く耳にします。確かにほとんどのケースで速くなるでしょう。しかし、ひとくちにフラッシュストレージと言っても、性能、コスト、管理性、得意な適用領域など、それぞれ特長があります。

「思ってたほど速くならなかった」「予想以上にコストがかかってしまった」「これ、本当に当社で必要なの?オーバースペックじゃない?」

本セミナーでは、フラッシュストレージ検討・導入・活用の裏側を明かすとともに、各フラッシュストレージの特長を整理。フラッシュストレージ選び、活用のコツを伝授します。


※東京開催時の写真 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【大阪府】ナレッジキャピタル カンファレンスルーム(グランフロント大阪・タワーC 8階)
2017年02月16日
SI崩壊の真意を問う SIerとして生き残るために必要なこと
顧客がSIerに対する期待する役割は、「単なる発注相手」から、「共にビジネス/サービスを形作るパートナー」に変わりつつあるようです。
そんな中、「SIビジネスが崩壊する」と盛んに指摘され続けています。
クラウドやIoTといった新たな技術が徐々に企業の当たり前となる中、日々の忙しさに追われながら“環境変化”にも適応するのは難しい……そんな実態があるのではないでしょうか?

本セミナーでは、何をすれば、何ができれば、「これからも求められ続けるSIer」になれるのか要件を整理するとともに、得意・不得意にかかわらず、あらゆるニーズを確実に咀嚼し、“自社ならではの価値”を載せて提供できる方法を徹底的に明確化します。

※ 協賛社の競合企業にお勤めの方、個人の方の申し込みはお断りさせていただきます。 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2017年02月10日
電力セキュリティ入門
ウクライナで起きたサイバー攻撃による停電は、決して対岸の火事ではありません。 電力自由化やスマートメーターの普及により、電力システムが積極的にインターネットに接続されれば、 一般的な ITシステム同様、サイバー攻撃の脅威にさらされるという現実が証明された形です。

これを受け、日本でも「電力制御システムセキュリティガイドライン」が策定されました。 この中では、暗号鍵の管理、侵入検知、セキュリティログ管理から物理セキュリティにいたるまで、 今後の電力システムに不可欠なセキュリティ対策が具体的に示されています。

本セミナーでは、「電力制御システムセキュリティガイドライン」を読み解き、必要な対策を整理するとともに、 電力の安定供給を阻むサイバー攻撃とはどのようなものなのか、その実態をお伝えいたします。

 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2017年02月07日
@IT セキュリティセミナー 東京・大阪・福岡ロードショー

編集部からのお知らせ 2017年6月開催決定!


インフラセキュリティ、サイバーテロ、ハッキング、リスクマネジメントなど、様々な「視点」を持つスペシャリストが集結。多くの「視点」から、生々しい脅威の実態を明らかにするとともに、企業が迅速に対応し続けるための方法論を提示します。

登録はこちら



@IT読者調査では、41%が「標的型攻撃や不正アクセス等を受けたことがある」と回答しています。気づけたなら良いほうで、気づいていないケースも相当数にのぼるであろうことをふまえると、悪意ある人々の暗躍は、すべての企業にとって他人事ではありません。

そんな状況下、同調査では、CSIRT構築済・構築中・検討中の企業は6割を超え、インシデント対応強化の必要性を感じている企業を含めると8割を超えます。

本ロードショーでは、サイバー犯罪捜査、ハッキング、インシデントレスポンス、CSIRT、DevSecOpsなど様々な視点から、今そこにある脅威を明らかにするとともに、「自社の対策は有効と言えるのか」「どうすれば懸念や課題を解決できるのか」じっくりと見つめ直す一日を提供いたします。

 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【】
2017年01月31日
「防御」だけではない 攻撃者の視点から考える、これからのエンドポイントセキュリティ
攻撃者はどのように侵入してくるのか――事実、多くのサイバー攻撃は、エンドポイントを足掛かりとして展開されます。
多くの企業ではゲートウェイセキュリティをはじめとした多層防御システムを築いていますが、ビジネスの現場ではワークスタイルの変革が進み、デバイス、通信経路、アプリケーションなど、社内データにアクセスする利用環境が多様化しており、改めてエンドポイントセキュリティの重要性が見直されています。
また、攻撃手法が常に変化している昨今の状況を考えると、最新の防御技術の活用はもちろんのこと、侵入後の検知、対処、回復までの一連のプロセスを視野に入れたセキュリティ対策の実現が急務となっています。

このセミナーでは、攻撃者がどのような視点で侵入を試みるのか、「攻撃チェーン」を理解するとともに、「防御」という観点だけでなく、侵入後にセキュリティ担当者が対応するべきことをどこまで効率化できるか、これからのセキュリティ環境において求められるエンドポイントセキュリティを解説します。

※ 協賛社の競合企業にお勤めの方、個人の方の申し込みはお断りさせていただきます。
※ 申込多数の場合は、SIerおよびリセラー以外のお申込みの方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】イイノカンファレンスセンター Room A
2017年01月31日
一般企業のためのデジタルトランスフォーメーション入門
好評につき視聴期間延長!

富士フイルムグループのIT部長が語る、デジタル化の進め方


多くの企業が課題と目するデジタルトランスフォーメーション。より早く顧客のニーズをつかみ、市場に投入するためには「ニーズの変化に迅速、柔軟、安定的に対応できる開発・運用スタイルと、それを支えるシステムインフラ」が必要です。
しかし、言うは易し、行うは難しで、情報システム部門にとっては、具体的にどのような環境を整えておくべきなのか、非常にわかりにくいのが実態です。

この番組では、いち早くIoT、ロボット、AIの活用に着手した富士フイルムグループを迎え、一般企業のデジタル化における課題を「人」「プロセス」「モノ」の観点から洗い出し、解決策を探るとともに、デジタル化に向けてITインフラを無理なくモダナイズするステップを議論します。

 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【】オンデマンドセミナー
2017年01月27日
見えてきた Open Networking/SDNのメリット、一般企業もサービス事業者も
Open NetworkingおよびSDNについては当初、「安価なスイッチを使う」以外のメリットが分からないという声が多く聞かれました。しかし、導入が広がるにつれ、明確化してきたことがあります。それはIT提供のスピード化が求められる時代に、ネットワークが取り残されないようにすることが一番のメリットだということです。ITインフラにおけるネットワーク運用管理コストの削減、IoT時代に必要な柔軟で迅速なネットワーク構成変更ニーズへの対応、およびネットワークセキュリティの大幅向上が今、サービス事業者か一般企業を問わず、ネットワーク管理者に求められています。

本セミナーでは、Open Networkingベンダー、及び、VMware NSX® でSDN時代のネットワーク運用モデルの変革を先導しているヴイエムウェア社が、実例を踏まえて「一皮むけた」ネットワークの作り方をお伝えします。

※個人の方の申し込みはお断りさせていただきます。
※協賛社の競合企業にお勤めの方はお断りさせていただく可能性がございます。


 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2017年01月26日
エキスパートが伝授する仮想デスクトップ導入ノウハウ - ワークステーションのVDI移行から一般ユースまで -

VDI導入後、「満足している」と回答した読者は50%以下……なぜ!?


@IT読者調査で、導入検討している企業が最も多い「VDI(仮想デスクトップ)」。
一方で「VDI導入後、満足していると回答した読者は50%以下」という結果も出ています。多くは、起動が遅い、ファイルを開くのに数秒かかる、スクロールが追いつかないなど、パフォーマンスの問題に起因しています。先に挙げた製造・建設業界では、設計者の思考を邪魔する遅いVDIなどあってはなりません。また、今後、いたるところにグラフィックがちりばめられたWindows10 OSが主流となる頃には、この問題が一般企業でも課題となりそうです。

この勉強会では、製造業・建設業におけるVDI活用事例やエキスパートの視点をもとに「グラフィクスVDI(vGPU)」によるワークステーションのVDI化、導入後のVDI遅すぎ問題の解決策を伝授します。今、本当に使えるVDIの要件とは何か、ともに考えていきましょう。

こんな方におすすめの勉強会です


・特に製造業、建設業における仮想デスクトップ導入事例が知りたい
・ワークステーションのVDI移行から一般ユースまで、導入ノウハウを学びたい
・仮想デスクトップ導入後によくある「遅すぎ問題」を解消したい
・せっかく導入したのに、遅いとか重いとか言われたくない情シス担当の方
 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2016年12月15日
あいおー亭放談

“あいおー亭”へ、ようこそ!


モノから取得したデータで新たな価値を生み出し続ける、それがIoTの醍醐味――なのですが、IoTに取り組み始めた企業の多くが、データは集めているものの、分析・活用にまでは至っていないという現実があります。その裏には、データを集める部門と活用したい部門の連携がうまくとれていない、どのようにデータを分析し、どうやって新商品やサービス開発に生かせばよいかわからない、といった課題があるようです。

「IoTでなんかやろう」――そんな同士が集まる店“あいおー亭”では、こうした課題を打破するべく、IoTを生かした商品開発に挑むオムロン、強力にサポートするニフティ、ビジネス視点を持った国内有数のデータサイエンティスト集団であるブレインパッドを迎え、IoTによって生み出されるデータの分析方法から収益化のノウハウまで、苦楽を語りつくします。

※本セミナーは12/1の生放送をオンデマンドで配信しております※

 
主催ニフティ株式会社 
会場【】オンデマンドセミナー
2016年12月13日
情シス部門のためのSD-WANマイグレーションセミナー
企業のITインフラで最後まで手つかずだった「WAN」にメスを入れるタイミングがやってきました。
このクラウドの時代に、柔軟性、拡張性に難ありでコスト高の原因にもなっていた企業WANを変革できる「SD-WAN」は、2017年にかけて大注目のネットワークトレンドです。
国内企業は、「SD-WAN」を活用することで、ネットワークのコスト、運用負荷をどのように改善できるのでしょうか? 活用事例をもとに探っていきます。

 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム

絞込み検索

フリーワード
カテゴリ
開催都道府県