会員ログイン

ログインID:

パスワード:

新規会員登録はこちら

セミナー検索結果

27件のセミナーがあります(1~27件を表示)

ページ目へ移動

2019年11月14日
ITmedia ビジネスオンライン勉強会 強い企業は意思決定の速さが違う!
 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【】アイティメディア セミナールーム
2019年04月25日
デジタル化で「神」対応?さらば「紙」帳票の手入力作業!
 
主催株式会社富士通マーケティング、株式会社 PFU 
会場【東京都】
2019年01月23日
RPAに関心はあるが、中堅中小企業の会社なので導入は難しいのでは?~
●前回開催大好評につき追加実施決定!
●参加無料・2月~3月開催 日程を選べます
●自社の生産性向上を課題とする企業様にご参加頂けます

 
主催株式会社富士通マーケティング、PFUビジネスフォアランナー株式会社 
会場【東京都】
2018年11月15日
ITmedia ビジネスオンライン勉強会

予算編成、予算分析、月次や期ごとの売上管理、業績見通しなど
属人的な業務に苦労されているいるみなさま、悩みや課題を共有しませんか? 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2018年07月13日
初級編だけでは物足りない!もっと深く知りたい人のための 半日で使えるRPAツール活用講習会
前回講習会(初級編)にご参加頂いた方の中で、RPA活用についてもっと深く知りたい、実業務に即したRPA活用を体験したい、という方のために<中級コース>をご用意いたしました。

演習業務内容*演習業務内容は変更させて頂く場合が有ります


①交通費精算チェック業務 
②通販サイトの商品検索業務
③ノートPCの売れ筋調査 
④受注処理業務

など、さらに具体的な業務に即したシナリオ4本の解説と詳細なコマンドの設定演習を行います。
参加者には、使用したシナリオをご提供いたします。


 
主催PFRビジネスフォアランナー株式会社 
会場【東京都】
2018年07月05日
半日で使えるRPAツール活用講習会
生産性向上を実現するための具体的な手段と推進という新たなフェーズに入ってきた働き方変革。その切り札としても注目を集めている「RPA(Robotic Process Automation、ロボットによる業務自動化)」。

「興味はあるが、何をすればいいか分からない」
「高度なプログラミング技術が必要で、自社では無理そうだ」
「ロボットというくらいだからコストがかかりそうだ」

など、実際にはどう対応していくか悩まれている企業も多いのが現状です。しかし、実は予算に限りがある企業でも、少しの知識を身に付けるだけで、導入のハードルを下げることはできるのです。

本講習会では 1人1台のPCを使って RPAツール「ロボオペレータ」による 業務自動化の定義方法、操作方法等を演習。
業務の自動化を実際にご体験頂ける場を設けることで、活用の基礎知識、RPA自社導入までのポイントを学んで頂きます。

★参加特典★


・別途開催する ロボオペレータ活用講習会(中級・実践編)への無料参加
・ロボオペレータ活用講習会(中級・実践編)への参加者へはロボオペレータの無償版(1ケ月)
 をご提供させて頂きます。
・業務に即したシナリオのスクリプトの提供(4~5種)


☆こんな企業におすすめ☆


●過去の慣習で、紙ベースの帳票を使い続けている
●業務フローにおいて属人的なタスクが多く効率が上らない
●働き方変革・業務効率化といっても何から始めるべきかが分からない


 
主催PFRビジネスフォアランナー株式会社 
会場【東京都】
2018年06月29日
顧客接点強化と顧客志向組織を実現するデジタルトランスフォーメーション
デジタルディスラプター(デジタル時代の創造的破壊者)の異業種参入や、人口減少による競争激化。金融機関を取り巻く環境はより厳しくなっています。地方金融機関においてはとりわけ、顧客との関係性が生命線になることは明らかです。

新たな顧客接点の模索や既存顧客との関係性の維持・強化という顧客志向のビジネスモデル実現のためにもデジタルトランスフォーメーションは必須の戦略ともいえるでしょう。

本セミナーでは、顧客に寄り添ったサービスを提供し続けることでいかに新たな顧客を開拓するか、強固な関係性を築くかという「攻めのデジタル化」の視点や、顧客のリスクを遠ざけ金融機関としての信用を守るという「守りのデジタル化」の視点などもあわせて、地域金融機関における顧客接点の強化および顧客志向組織実現のためのデジタルトランスフォーメーションについて考えていきます。

 
主催一般社団法人 金融財政事情研究会 
会場【東京都】明治記念館
2018年06月19日
ITmediaビジネスオンライン アクションリーダー向けセミナー

日本のリテール業界はさまざまな課題に直面しています。デジタルディスラプターのような異業種企業の脅威、多様化していく顧客ニーズへの対応、少子高齢化による市場の縮小、慢性的な人材不足など。とりわけ労働力不足の問題は深刻です。

地元地域に根ざしたリアル店舗において、現場業務は生命線であり、季節や行事にあわせて顧客のニーズを先取りしたり、売り場や商品陳列を工夫することで店舗に呼び込むなどで、売上を拡大させていくことが求められます。売上向上のために業務はますます煩雑化し、労働集約的な業態になってしまっては、現場はますます疲弊し人材が定着しないという問題にも直結します。

このような課題を解決し、なおかつ成長を実現し、他社との競争で勝ち残っていくために、リテール業界には何が求められているのか。

本勉強会では「デジタル化でどう変わる、小売店舗・リテール分野の未来」をテーマに、リテール分野が抱える課題解決の手段として期待されているデジタル活用の最前線(事例)を紹介していきます。

 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム(紀尾井町ビル13F)
2018年04月25日
TDBC Forum 2018
 
主催運輸デジタルビジネス協議会(TDBC) 
会場【東京都】ベルサール秋葉原
2018年04月24日
非生産的な文化からの脱却 未来につなぐ働き方のシンカ論
日本企業における働き方改革の本質は、昭和のビジネスモデルからの脱却であり、 日本独自の「非生産的な文化」を見直し、今あるリソースでよりクリエイティブな 仕事を実現しより生産性を高めていくことにあります。すでに、古い概念に捉われない柔軟な企業においては物理的な空間、時間に縛られない働き方を模索する動きが高まっています。デジタル時代、少子高齢化時代をむかえる今、限られたリソースで、最大限のパフォーマンスを出すためにどうすればよいか。働き方そのものを再定義する必要がありそうです。

本Webセミナーでは、今、日本企業が根本的に見直さなければならない「非生産的な文化」からの脱却の必要性を説くとともに、非生産的な文化とは対極に、柔軟な発想、考え方で、これからの新しい時代に相応しい働き方を実践している急成長ベンチャー企業のトップをゲストに迎え、自社でも働き方変革を実施しているVMwareとの対談により、新しい時代の新しい働き方、それを支えるテクノロジーのあり方について議論していきます。
 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【】Live Web セミナー (生放送)
2018年03月16日
そうだ、ピョートルさんに聞こう。私たちの働き方、何が間違っていますか?~会議編~
こんな会議はイヤだ。それはどんな会議?

―報告と共有で9割。本来の目的である商品企画の議論をする頃には残り5分。
 「では、ディスカッションは次の会議で・・・」

―「来週の企画会議メンバーはどうしましょうか?」
 「とりあえず把握しておいてもらいたいから、AさんにBさんにCさんにDさんにEさんにFさんに・・」

―「今日は夜から大雪が予測されるから、夕方の打ち合わせは遠隔でやろう」
 「了解しました。では会議システムを使うので社に戻ります」

これは大喜利のお題と答えではない。誰しもが働いている中で、身に覚えのあるシーンではないだろうか。日本の会議には無駄が多いということがよく指摘されている。これだけ働き方変革が叫ばれているのに、未だにこんな会議を続けていて本当に大丈夫なのだろうか。

本勉強会では、元Googleで人材開発などに携わり、『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』などの著者でもある、ピョートル氏をゲストにお招きし、意思決定の場やコミュニケーションの場として重要な位置づけをしめる日本企業の「会議」にフォーカスをあて、「会議」から見直す働き方について徹底討論する。
 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム(紀尾井町ビル13F)
2018年03月01日
ITmediaビジネスオンライン アクションリーダーセミナー

近年、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などのテクノロジーが急速に発達を遂げています。こうした中で、企業が成長するためには、テクノロジーを生かしてビジネスを変革すること、いわゆるデジタルトランスフォーメーション(以下、デジタル変革)を推進することが重要になると考えられています。

一方で、デジタル化の波は、既存の産業構造を根本から破壊する脅威にもなっています。私たち自身が、デジタル時代におけるビジネスへの考え方を変えなければ、いつまでたっても「脅える側」に留まることになるでしょう。新たな企業価値や商品・ サービスを生み出せない企業は、当然のことながら他社との競争優位を生み出せず、取り残される形になってしまいます。経験と勘だけに頼った経営や、いまだモノ売りとなっているビジネスモデルから脱することは、すべての企業における喫緊の課題といえます。

では、どのようにすれば企業はデジタル変革を推進していけるのでしょうか。デジタル化が既に進んでいる企業は何が違うのでしょうか?本セミナーでは、モノ売りからコト(成果)売りへのシフト、部門横断的な取組みや外部パートナー連携などによる「伴走」と「共創」をキーワードにデジタル変革を推進していくための考え方、その最初の一歩となる取組みについて、事例とともに紹介していきます。


 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】コングレスクエア日本橋 3階ホール
2018年02月27日
そろそろ見直そう属人的な働き方。
今、企業に求められている「働き方改革」。そこには多くの困難が伴い、立ち止まってしまっている企業も多い。制度改善の難しさはもちろん、スキルの偏りから属人的になってしまっているタスク、その会社ならではの業務慣習や固定概念からはなかなか抜け出せないものだ。そこで提唱するのが、デジタルを使って一歩ずつ働き方と組織の形を変えていくやり方だ。

昨今では、オフィスワーカーに負荷をかけている定型作業や単調作業をロボに置き換える RPA(Robotic Process Automation)という言葉に注目が集まっている。すでに導入が進んでいる企業もあるが、その認知度は低い。そこで本勉強会では、ローランド・ベルガーのパートナーであり、未来構想とテクノロジーからの「新しいイノベーション」を提唱している未来構想センター ヘッドである中野大亮氏をお招きし、RPAとはそもそも何か、またRPAが私たちの業務にもたらすインパクトや効果について、いくつかの事例を交えながら紹介していく。

また、具体的なスキャナOCRとロボットを活用した入力業務自動化ソリューションなどの紹介・デモを通じて、自動化やデジタル化が、あなたの業務をどう変えていくのかを考えていく。 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム(紀尾井町ビル13F)
2018年01月25日
金融機関を起点とした地方活性

本セミナーのお申し込みは終了しました

AIやIoTといったデジタル技術の進化により、それまでツールとしての活用にとどまっていたITは、企業の革新と成長の実現に不可欠な戦略機能となった。デジタル化がもたらす可能性に際限はなく、異業種参入が容易になることで、Uberのようなデジタルディスラプター(デジタル時代の創造的破壊者)が既存の産業構造を揺るがす脅威ともなっている。

金融業界においても例外ではなく、FinTechという革新的・破壊的な流れにおいて、国内の大手金融機関も危機意識高く取組みを強化している。

もちろん、このデジタル化の流れは地方金融機関においても避けて通れない最重要課題の一つだろう。地方金融機関においてはとりわけ、顧客との関係性が生命線になることは明らかであり、新たな顧客接点の模索や既存顧客との関係性の維持・強化のためにも、今ある課題を解決する手段としてのデジタル化は必須の戦略ともいえる。

同時にそれは現在問題視されている地方の人口減少、人材不足の問題を解決し、地域を活性化するものでなくてはならない。「新たな顧客」の開拓なくしては、ツールをいくら駆使しても、革新と呼べるような変化と成長は考えられないからだ。地方の金融機関に求められているものは、地方活性化の起点にもなるような、顧客開拓への取組みである。

本企画は、既に先進的な取組みを行っている大手金融機関のデジタル活用事例、その取組みの背景や将来的に期待される効果などを紹介することで、デジタルトランスフォーメーションがもたらすであろう顧客関係の新たな可能性について、とくに店舗(ブランチ)と顧客接点にフォーカスするセミナーである。


 
主催一般社団法人 金融財政事情研究会 
会場【東京都】明治記念館
2017年11月29日
ITmedia ビジネスオンライン アクションリーダー勉強会
LINE株式会社が登壇! ITmedia ビジネスオンライン勉強会

顧客がさまざまなツール、デバイスを使いこなす現在、顧客接点はますます多様化し複雑になっています。企業は顧客との関係性維持・拡大の重要性を認識する一方、顧客対応などの現場業務の複雑化、非効率化に頭を悩ませていることでしょう。さらに、慢性的な人材不足や教育ができる人間の不在(ノウハウやナレッジの非共有)が追い打ちをかけています。

現場業務の効率化と、顧客に提供するサービス品質の両立は企業にとっての永遠の課題ともいえます。しかし、AIやIoTといった高度なテクノロジーのビジネス活用がより具体的になっている現在、顧客接点や顧客関係の領域でのデジタル化が注目を集めています。Web問合せにおけるAIチャットボットの活用や、各種コンタクトセンターの自動化などはその一例といえます。

顧客接点のデジタル化は、合理的かつ的確な対応によるサービス品質を維持、さらには顧客ひとりひとりのニーズに合った提案、付加価値の提供を可能にし、顧客満足度の向上から、ひいては売上拡大につなげることが期待されています。
本セミナーでは、これら「顧客接点」「顧客対応」など現場の最前線をデジタル化することで、煩雑化する現場業務を見直し、顧客満足度の向上へとつながる新たな価値創出について考えていきます。

※ここでの「デジタル化」とは業務の電子化やIT化という意味に留まらず、デジタルを活用して、顧客にとって会社や商品・サービスの真の価値を問い直す経営変革として捉えることを指します。

 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2017年11月08日
ここは20世紀?そろそろ見直そう属人的な働き方。解決の第一歩はワークフローのデジタル化
福岡で開催した本セミナーが好評だったため、大阪、東京での開催を決定!
丸亀製麺の目からウロコの働き方改革、業務効率UPの施策は必見です

今、企業は「働き方改革」を求められている。しかし、「業務を効率化したい」「残業時間を減らしたい」と考えているビジネスパーソンは多くても、「では、どうすればいいのか?」という悩みに突き当たり、具体的な一歩には踏み出しづらいケースがある。制度改善の難しさはもちろん、スキルの偏りから属人的になってしまっているタスク、その会社ならではの業務慣習、など、固定概念からはなかなか抜け出せないものだ。資料のチェックや提案は紙でないと、といったように「ペーパーレス」ですら難しい状況だ。

そこで提唱するのが、デジタルを使って一歩ずつ働き方と組織の形を変えていくやり方だ。プロジェクトごと、業務部門ごとにツールを使った変化を積み重ねることで、いつか企業全体が大きく変わる日が来る。本勉強会では「業務フローのデジタル化」「業務の自動化」をキーワードに、未だ属人的・アナログ的な要素が強い、業務フローの見直しについて考える。


 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】
2017年10月19日
ITmediaビジネスオンライン 働き方変革セミナー@大阪

メガネ×IoTで実現する働き方改革?
“生産性を高めるための働き方”を知るデバイス「JINS MEME」とは
開発のプロジェクトリーダーの登壇が決定!


「働き方改革」という単語をよく聞くようになったものの、ある日突然経営者が働き方改革をしよう!と号令をかけて、一気に状況が変わるわけではありません。とりわけ中小企業ではいまだにサービス残業が一般的で、残業規制を行っている企業でも結局持ち帰る仕事が増えているだけ、といった声もある中、目先の残業時間抑制という考え方だけでは抜本的な変化が起きるはずがありません。

日本企業における働き方改革の本質は、「⾧い時間働けばスキルが上がる」「大事な商談は全員で行こう」などといった、日本独自の「非生産的な文化」を見直し、今あるリソースでよりクリエイティブな仕事を実現しより生産性を高めていくことにあります。
ムダな業務、属人的なタスクはAIのようなテクノロジーが代用してくれる時代が来るでしょう。デジタル時代を迎える今、社員のひとりひとりが輝き、総活躍する環境を作るためにはどうすればよいのでしょうか?本セミナーでは先駆者、有識者の見識を紹介するとともに、デジタル時代の新しい働き方の実現を支えるテクノロジーのチカラについても触れていきます。

 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【大阪府】ブリーゼプラザ
2017年09月12日
ここは20世紀?そろそろ見直そう属人的な働き方。
今、企業は「働き方改革」を求められている。しかし、「業務を効率化したい」「残業時間を減らしたい」と考えているビジネスパーソンは多くても、「では、どうすればいいのか?」という悩みに突き当たり、具体的な一歩には踏み出しづらいケースがある。制度改善の難しさはもちろん、スキルの偏りから属人的になってしまっているタスク、その会社ならではの業務慣習、など、固定概念からはなかなか抜け出せないものだ。資料のチェックや提案は紙でないと、といったように「ペーパーレス」ですら難しい状況だ。

そこで提唱するのが、デジタルを使って一歩ずつ働き方と組織の形を変えていくやり方だ。プロジェクトごと、業務部門ごとにツールを使った変化を積み重ねることで、いつか企業全体が大きく変わる日が来る。本勉強会では「業務フローのデジタル化」「業務の自動化」をキーワードに、未だ属人的・アナログ的な要素が強い、業務フローの見直しについて考える。 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【福岡県】TKPガーデンシティ博多 阿蘇2
2017年06月29日
ITmediaビジネスオンライン 働き方変革セミナー
進んでいる企業は「ワークスタイル変革」チームがある!
三井住友海上火災保険の「働き方改革チーム」、JALの「ワークスタイル変革推進室」の
プロジェクト牽引者たちが語る、働き方変革実現までの軌跡


デジタル時代に突入した今、場所や時間に縛られることなく、新しい働き方、組織のあり方へとシフトしていく考え方が、いっそうに現実味を帯びてきています。従来の常識に捉われない柔軟な働き方を実践している企業の例からもわかるように、従業員一人当たりの生産性の向上と、既存のビジネスに新しい付加価値を与える「働き方変革」は、企業の成長を目指す「経営戦略」として捉えるべき最重要課題であるといえます。

テクノロジーのチカラが新しい働き方への推進を後押ししていることに疑いはありませんが、一方で、まだまだ多くの企業で、セキュリティを中心とした現実の課題に直面し、変革を積極的に推進できていない状況にあることも事実です。

IT部門を主軸としてプロジェクトを推進している場合に見られますが、テクノロジーの導入と活用にあたってセキュリティ担保を第一に考えるあまり、ビジネス部門が本来求めるものに応えられずツールが形骸化してしまうというケースもあるようです。両部門の対立は、企業における永遠の課題とも言えそうですが、この対立の考え方から一歩先へ進まない限り、抜本的な改善は遠のいてしまうでしょう。

本セミナーでは、従来の対立概念に捉われず、新しい考え方、新しいテクノロジーの活用方法で、柔軟な働き方を実現しているユーザー企業の事例を紹介しながら、今企業に求められている働き方への考え方、それを実現するためのプロジェクトの進め方、「ビジネス基盤」としてのテクノロジーの重要性を訴求し、デジタル化時代の新しい働き方について考えます。


 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】コングレスクエア日本橋 2F コンベンションホールA・B
2017年06月14日
業務部門のためのデジタル化会議 
今、企業は「働き方改革」を求められている。しかし、「業務を効率化したい」「残業時間を減らしたい」と考えているビジネスパーソンは多くても、「では、どうすればいいのか?」という悩みに突き当たり、具体的な一歩には踏み出しづらいケースがある。会社全体の仕組みや制度を変えることは容易ではない。

そこで提唱するのが、デジタルを使って一歩ずつ働き方と組織の形を変えていくやり方だ。プロジェクトごと、業務部門ごとにツールを使った変化を積み重ねることで、いつか企業全体が大きく変わる日が来る。

本勉強会では「業務フローのデジタル化」をキーワードに、未だ属人的・アナログ的な要素が強い、業務フローの見直しについて考える。


 
主催アイティメディア株式会社 @IT編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2016年12月02日
ITmedia ビジネスオンライン勉強会
クロネコヤマトのASEAN快進撃に見る「グローバル戦略の極意」とは?

クロネコヤマトでおなじみの「ヤマト運輸」が、アジアで快走している。台湾、上海、香港、シンガポールなどで展開していて、その中でも特にマレーシアでの活躍ぶりが目立っている。現地で本格稼働したのは2011年。営業所、年間の取扱数、従業員数などが右肩上がりに伸びているが、なぜここまで好調なのか。

「進出してすぐに結果を出した」となれば、現地は宅配事業が日本ほど進んでいないのでは? と思われたかもしれないが、そうではない。マレーシアを例にとっても、大小合わせて約100社の宅配事業会社が存在しているのだ。ヤマト運輸はアジア進出において、どんな“武器”を手にしたのか。結果を出すために、どんなことにチカラを入れてきたのか。

本勉強会では、明日のビジネス変革を担うアクションリーダーのために、ヤマト運輸、国際戦略室でプロジェクトマネージャーを務める小坂隆弘氏をお招きし、同社が展開するビジネス戦略から、日本企業がASEAN進出で勝ち抜くためのヒントを学びます。

 
主催アイティメディア株式会社 ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2016年08月31日
ITmedia ビジネスオンライン勉強会
経産省が産学連携で取り組む「IoT推進ラボ」とは何か?
日本企業がIoTビジネスにおいて留意すべき
ビジネス上のリスクやライセンスとは?

わずか数年のうちにモノのインターネット(Internet of Things:IoT)が世の中を席巻しました。家電や自動車など、それまでインターネットと無縁だったモノが繋がり合い、ネットワーク化されつつあります。そこに新たなチャンスがあると踏んだドイツや米国などでは、国を挙げてIoT関連ビジネスの市場創出などに力を入れています。後れを取った日本も、2015年10月に経済産業省がIoTやビッグデータによる産業活性化を目的とした「IoT推進ラボ」を設立しました。こうした中で日本企業のビジネスモデルは大きく変わろうとしています。本勉強会では、IoT時代において日本企業が取り組むべきこと、陥りがちなビジネス上のリスクなどについて議論します。
 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム  ※7/4にオフィスを移転しました
2016年03月24日
ITmedia ビジネスオンライン アクションリーダー勉強会
●IoT、データの活用がもたらす物流ビジネスの革新、Logistics 4.0とは何か
●位置情報というデータをいかにビジネスに活かすのか・・・MapFanのインクリメントP社によるロケーションサービスの未来像!
ビジネスリーダーたちのための充実のセッション! 情報交換会もあります

いかに発注から納品までのリードタイムを短くするか、どうやって運搬コストを下げるか、海外に 新たな流通網をどのように構築するか――。メーカーや小売、運輸業を中心に、以前から日本企業の「物流改革」に対するあくなき挑戦は続いている。
特に昨今その取り組みがいっそう加速しているというのだ。理由はビジネスの競争相手が国内の同業他社だけにとどまらず、異業種、さらには海外企業にまで広がっているからである。そうした中で競合に勝つためには、プロセスの効率化や顧客満足度を向上させるための仕組み作りとしての「物流改革」が不可欠である。
本勉強会では現場の最前線で活躍するビジネスリーダーのために、企業が取り組むべく物流改革およびビジネスの可能性についてを議論する。
 
主催アイティメディア株式会社 ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2016年03月09日
ITmedia ビジネスオンライン主催 人事・総務のための課題解決セミナー
「月刊総務」編集長 豊田氏 登壇のトークセッション
今、攻めの管理部門になるための「条件」とは?
情報交換会も実施しますので、部門同士の交流もお楽しみください
情報交換会では抽選会も実施します


経理、人事、総務などの管理部門が生まれ変わろうとしている。

従来は、企業の屋台骨を支える“縁の下の力持ち”という役割が大きかったが、経営環境の変化が激しい今、コスト削減やガバナンス管理など、バックヤードでの業務改革が事業成長において強い影響力を持つようになってきた。

特に2016年1月からはマイナンバーの運用がスタートし、ストレスチェック義務化も本格化する。管理部門により一層のパフォーマンスが求められる中、受け身の姿勢ではなく、あらゆることを業務改革のチャンスだととらえることが経営への大きな貢献となるはずだ。

本セミナーでは、積極的に業務改革に取り組む企業の事例などを基に、「攻め」の管理部門になるための条件を議論していく。
 
主催アイティメディア株式会社 ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム
2015年12月16日
ITmedia ビジネスオンライン主催セミナー

あなたの働き方が変わるかも!?
「Surface & Windows 10」のチカラを紹介

本セミナーの見どころ
・マイクロソフトが描くクライアント・デバイス戦略とは?Windows 10 Mobile (Windows Phone)を日本初紹介
・ビル・ゲイツも絶賛する 澤円 氏 が登壇!スペシャルトークセッション
・Windows 10 は企業の本命となりうるか?エンタープライズ向け機能
・Windows 10 との最高タッグ。Surface Pro 4 登場!
業界の事例も紹介!Surfaceで変わる、Surfaceで変えるワークスタイル
・Windows as a Service がやってきた!その時、企業はどうすればよい?

近年、多くの企業で「ワークスタイル変革」が叫ばれています。しかしながら、働き方を変えても、その取り組みが事業成長に繋がらなければ不十分といえるでしょう。では、成果を出すにはどのようなアプローチが必要でしょうか。
本イベントでは、マイクロソフトの最新デバイス「Surface」シリーズおよび今年リリースされた最新 OS 「Windows 10」を紹介するとともに、これらが企業の働き方を変え、ビジネスイノベーションを起こす武器としての可能性について考えていきます。


 
主催ITmedia ビジネスオンライン編集部 
会場【東京都】ANAインターコンチネンタルホテル
2014年09月10日
失敗例から学ぶ“テレワーク導入”の勘どころ―助成金をムダにしないために
 
主催誠 Biz.ID編集部 
会場【東京都】アイティメディア セミナールーム(赤坂王子ビル 7F)
2009年06月25日
ビジネスが変わる、動画で変わる
 
主催誠Biz.ID 
会場【東京都】富士ソフト アキバプラザ 6F セミナールーム1

絞込み検索

フリーワード
カテゴリ
開催都道府県

Copyright © ITmedia Inc. All Rights Reserved.