昨今、IoT、X-Techをはじめ、デジタルトランスフォーメーションが国内でも急速に進展し、ニーズに応える「スピード」がビジネス差別化の一大要件となっています。これを受けて、必要なとき、必要なリソースが手に入るクラウドは企業にとって不可欠な存在となり、「AWSご指名」のトレンドも根強く続いています。

しかし、クラウドを使いこなせている企業はごく一部。大半の企業は「かえって高くついた」「何かあったら不安」といった悩みを抱え続けているか、まだ導入に踏み出せていないのが現実です。

では、なぜAWSなどを同じように使っても、成功する企業、失敗する企業に分かれてしまうのでしょうか?なぜ導入に踏み出せる企業と、いつまでも踏み出せない企業に分かれてしまうのでしょうか?

その原因を考え抜き、満を持してリリースしたというIaaS最後発「オラクルクラウド」。本セミナーではAWSユーザーとオラクルクラウド担当者が徹底討論。多くの企業がAWSなどを使いこなせない理由を掘り下げながら、いまさら出してきた本当の理由を徹底的に問い詰めます。

このセミナーのポイント


・なぜ、一部の企業はクラウド活用が「かえって高くついた」となるのか?
・パブリッククラウド活用に成功する企業、失敗する企業の違いは?
・比較表では見えにくい、パブリッククラウド選びで考慮すべきポイントは?
・最後発の「オラクルクラウド」は、企業のどんなニーズに応えられるのか?

エキスパートがパネリストとして集結


スピーカー1

佐藤 裕之 氏
日本オラクル株式会社
クラウド・テクノロジー事業統括
Cloud/Big Data/DISプロダクト本部
本部長

スピーカー2

スピーカー4

内野 宏信(モデレーター)
アイティメディア株式会社
@IT編集長





※クラウドユーザ企業、クラウド活用に詳しいSIerも出演予定

対象者


※ 協賛社の競合企業にお勤めの方、個人の方の申し込みはお断りさせていただくことがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


Live Web セミナーの視聴推奨環境


Live Web セミナーを視聴するにあたっての推奨環境はこちらです。 リンク先のページの「【セミナー配信受講者】動作環境」をご覧ください。


主催


@IT


協賛


日本オラクル株式会社