東京五輪が行われる2020年には、世界で生成されるデータ量が44ゼタバイトに達すると予測されています。スマホやセンサーが生み出すデータが指数関数的に増加するとみられているからです。企業の競争優位は、今以上にデータから導き出される優れた洞察によって左右されることになるのは間違いないでしょう。かつてアルビン・トフラーが、「第三の波」でサービスと情報が工業と製品に取って代わる「脱工業化社会」の到来を予言しましたが、まさにそうした社会が現実味を帯びてきています。

 九州を拠点に総合ディスカウントストアを展開するトライアルカンパニーは、今でこそ小売業として知られていますが、その出発点は意外にもソフトウェア開発でした。主に流通業向けのITシステムを開発してきた同社が、ディスカウントストア「トライアル」1号店をオープンさせたのは1992年。以来、四半世紀で約200の店舗を全国展開し、年商も3500億円を突破するまでになりました。Walmartに学び、日本型スーパーセンターを目指すトライアルは、ITの力、データ分析の力で流通の効率化を実現し、「電子レシート」「IoTショッピングカート」なども次々と投入していく計画です。

 ITmedia エグゼクティブ勉強会では、トライアルホールディングスでグループCIOを務める西川晋二氏をお招きし、テクノロジーやデータ分析によるビジネス変革について議論していきます。




基調講演 講師プロフィール

株式会社トライアルホールディングス
グループCIO
西川 晋二 氏

トライアルカンパニーのグループCIO。ITによって同社のビジネスを牽引するかたわら、日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)の理事も務め、企業の枠を超え、データの活用によって競争力を高めていく研究にも積極的に取り組んでいる。


対象者

IT関連企業を除く一般事業会社および官公庁団体における
経営層/CEO/CFO/事業部門長 課長/経営企画部長 課長/情報システム部門長 課長 

※ 協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りすることがございます。
※当勉強会はマネージャークラスの方を対象としておりますため、対象に合致しない方のお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
※ IT関連企業の方のお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


講演プログラム

受付
18:00~18:30
 
開会挨拶
18:30~18:35
浅井 英二
アイティメディア株式会社
エグゼクティブプロデューサー
   
基調講演
18:35~19:25
流通小売企業データ活用事例
リテールテクノロジーカンパニーを目指して


西川 晋二 氏
 株式会社トライアルホールディングス
 グループCIO
 
スポンサーセッション
19:25~19:55
先進事例から読み解く、次世代インフラに必要な要素とは?

AR,MRなどのリアルタイム処理やIoT、ビッグデータなど次世代のIT基盤にはさまざまな新しいコンポーネントの導入が期待されています。これらを円滑に導入・運用するにはインフラ基盤には何が必要でしょうか?すでに取り組みを開始している先進事例をベースに次世代インフラに必要な要素を読み解きます。

高野 勝 氏
 日本ヒューレット・パッカード株式会社
 データセンターハイブリッドクラウド事業統括本部
 エバンジェリスト
 
情報交換会
19:55~
* 軽食とお飲物をご用意しております

※登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。予めご了承ください。