「これから作る新たなサービスの基盤」として重宝されるケースが多かったクラウド。しかし、ここ最近、流れが変わってきていることにお気づきでしょうか?
以前より多くのIT部門は、「既存システムだってクラウドに移行してコスト削減・運用の簡素化を図りたい」と考えていました。しかし、クラウドに移すためにはアプリケーションの改修が必須となっていたため、その難しさやコストとのトレードオフであきらめていたのです。

「改修せず、今あるシステムをそのままクラウド移行したい」――そんな根強い声に応え、いま、VMwareを基盤とすることで、今ある資産をそのままリフト&シフトできる、DR環境も容易に構築できるクラウドが出てきています。その選択肢は「Vmware Cloud on AWS」「VMware on IBM Cloud」「ニフティクラウド」など、いろいろ。クラウド選びは、第二ラウンドに突入したといえるでしょう。

この番組では、クラウド界隈で皆さんおなじみ、超強力ゲストを迎え、クラウド各社が出してきた「VMware環境を“そのまま”クラウドへ」をうたったサービスを、エンドユーザ視点で議論します。

おしながき


・仮想環境の「今」と「未来」
・これからの企業インフラはどうなっていく?
~クラウドネイティブな世界に向けて、まずはハイブリッド環境が必須に~
・VMware環境のシステム、そのまま持って行けるクラウドには何がある? どう違う?
・これからのインフラ運用はどう変わっていく?

エキスパートがパネリストとして集結


・富士通クラウドテクノロジーズ ニフティクラウド開発者 五月女 雄一 氏
・日本仮想化技術 代表取締役社長 兼 CEO 宮原 徹 氏
・日本マイクロソフト株式会社 マイクロソフトテクノロジーセンター
 Azure テクニカルアーキテクト 吉田 雄哉 氏
・モデレータ:@IT編集長 内野 宏信

Live Web セミナーの視聴に関するFAQ


Live Web セミナーの視聴にあたってご不明な点がございましたら、こちらのFAQをご確認ください。