クラウドやIoT、AIの活用など、ITの進化に伴い「ビジネスの常識」は加速度的に変化しています。変化の激しい環境下で戦うには、しなやかで質の高い組織を作ることが重要。そのために必要な施策の1つが、政府も推進している「働き方改革」です。

日本が抱える人口減少という課題から、労働の「量」を確保するため、これまでも育児、介護の社員を対象としたテレワークの導入は進められてきました。しかし、今後は一部の社員だけではなく、全ての人が創造力を最大限に生かし、生産性を高めるという労働の「質」の改善が必要になるのです。

日本を支えている中堅中小企業は、こうした改革を進めるためのリソースが十分にあると言えないのが現実。プロジェクトを進める人員も、使える時間も予算も――。

今、「働き方改革」を立ち上げ成功させるためには、ITの力が不可欠です。社員の力を十二分に発揮するための環境を、どう効率的に築き上げるか。本カンファレンスでは、中堅中小企業が先導して日本の働き方を変えていくために、いま、そして2020年に向けてどう行動すべきかを、来場者の皆さんとともに考えていきます。

Guest Speakers



「働き方改革」第一人者
内閣官房「働き方改革実現会議」
有識者議員
白河 桃子氏


「現場最速」の請負人
Cygames
業務部 部長
星野 健一氏


情シスという呼び名はもう古い
株式会社ガイアックス
R&D 技術開発部
岡本 和也 氏


宇宙開発に挑む町工場
株式会社植松電機
代表取締役
植松 努 氏

対象者

中堅中小企業の経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定する立場の方
Sierおよび企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者など

※ お申し込みが定員を超える場合には抽選とさせていただく場合がございます。

協賛企業

日本マイクロソフト株式会社、インテル株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社、株式会社大塚商会、デル株式会社、富士通株式会社、東芝クライアントソリューション株式会社、VAIO株式会社

講演プログラム

受付
12:30~13:00
 
基調講演
13:00~13:50
御社の働き方改革、ここが間違ってます!
残業削減でも伸びるすごい会社

政府の働き方改革実現会議で有識者議員を務める白河氏が説く真の働き方改革は、昭和のビジネスモデル、活躍モデルから脱却する「経営改革」である。そして評価と報酬の設計にまで手をつけることが本気度の表れだ。
働き方改革を経て、低迷商品の売上V字回復、中高年社員の自己研鑽、および制約人材の活躍、職場の雰囲気改善などの成果を出している企業は何が違うのか? 第一人者による、新しい働き方の理論とノウハウをお話いただきます。


白河 桃子 氏
内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員・少子化ジャーナリスト・作家・相模女子大学客員教授
セッション1
13:50~14:30
夢を実現するための、「ITと働き方改革」とは


中原 徹三 氏
日本マイクロソフト株式会社
Office ビジネス本部 業務執行役員 本部長
 
休憩
14:30~15:00
 
セッション2
15:00~15:50
俺たちの情シスSpecial:
中堅中小企業のリアル――「働き方改革」という名の“無茶振り”を攻略セヨ!

政府も推進している「働き方改革」。実際にうまくいっている企業なんて、そんなにあるんでしょうか……。実はアイティメディアも混乱の渦中にあります。今回、アンケートを実施したところ、皆さんが抱える苦しみが浮かび上がってきました。

「掛け声ばかりで進まない」「仕事は減らないのに、残業を減らせ?」「トップの意識と覚悟が足りない!」「人事制度が邪魔をする」「IT部門はどう関われば……」

そこで今回は、情シス交流会「俺たちの情シス」からゲストを招き、セミナー参加者から寄せられた質問や悩みにお答えします。Cygamesやガイアックスの事例も披露予定。中堅中小企業の働き方改革の実態とリアルな苦労話を、一緒にひも解いていきませんか?


パネラー
星野 健一 氏
株式会社Cygames
業務部 部長

岡本 和也 氏
株式会社ガイアックス
R&D 技術開発部

モデレーター
池田 憲弘
ITmedia エンタープライズ編集部  
セッション3
15:50~16:30
ビジネスを加速する、マイクロソフトのベスト版製品の活用ご紹介



古川 淳一 氏
古川 淳一 氏
日本マイクロソフト株式会社
Windows & Devices 本部​


冨士野 光則 氏
冨士野 光則 氏
日本マイクロソフト株式会社
Office ビジネス本部​
 
休憩
16:30~17:00
 
特別講演
17:00~18:30
「どうせ無理」を「だったらこうしてみたら?」に――
NASAより宇宙に近い町工場

ロケット開発に一から着手し、人工衛星も独自開発。世界で3台しか存在しない無重力状態を再現する実験装置の開発にも成功し、現在、JAXAもこの施設で実験を行っている。これが、北海道の小さな町工場の実績だと誰が考えようか――
夢の実現に向け、何度も何度も失敗を繰り返しながら、植松氏をここまで突き動かしたものとはなんだったのか。夢をあきらめない人、そして今心が折れそうなすべての人に贈る、情熱の90分。


植松 努 氏
株式会社植松電機
代表取締役

 

※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。
※タイムテーブルは、予告なく変更させていただく場合がございます。


共催



ITmedia ビジネスオンライン


ITmedia エンタープライズ


協賛



日本マイクロソフト株式会社



インテル株式会社



ダイワボウ情報システム株式会社



株式会社大塚商会



デル株式会社



富士通株式会社



東芝クライアントソリューション株式会社



VAIO株式会社