今回のテーマは、前回に引き続いて「量子コンピューター」。
この異次元の演算処理能力がもたらす未来について、前回は「そもそも量子コンピューターって?」という根本的なお話を中心に展開しましたが、今回は量子コンピューターとビジネスの接点を探るようなセッションにしていければと考えています。

『ザ・プラットフォーム』著者でありIT批評家の尾原和啓さんをお招きしつつ、実業界からのゲストとして楽天株式会社 執行役員の北川拓也氏、日本アイ・ビー・エム 東京基礎研究所副所長 技術理事の小野寺を交えたトークを中心に展開します。


関連リンク

IBM Quantum Computing で計算してみよう。
クラウド経由で、T.J. Watson Research Center にある本物の量子コンピューターで計算する方法はこちら

大盛況だったIBM Night 第1回目のYouTubeのリンクはこちら


Special Speaker


photo by 神藤剛

尾原 和啓(おばら・かずひろ) 氏
IT批評家、藤原投資顧問シニアアドバイザー

京都大学院で人工知能を研究。マッキンゼー、Google、iモード、楽天執行役員、2回のリクルートなど事業立上げ・投資を専門とし、経産省 対外通商政策委員、産業総合研究所人工知能センターアドバイザー等を歴任。現在13職目 、シンガポール・バリ島をベースに人・事業を紡いでいる。ボランティアでTED日本オーディション、Burning Japanに従事するなど、西海岸文化事情にも詳しい。現在、フリーとして従事のシンクルはApple 2016年ベストアプリ10選に。
著書「モチベーション革命ー稼ぐために働きたくない世代の解体書」をはじめ、 「ザ・プラットフォーム」(NHK出版新書)はKindle、有名書店一位のベストセラー、前著「ITビジネスの原理」(NHK出版)も Kindle 年間ランキングでビジネス書部門 2014年、2015年連続Top10のロングセラー(2014年7位、2015年8位)。韓国語、中国語版にも翻訳されている。
*15/6/11 Kindleランキングにて、書店はABC六本木、渋谷Book 1st 6/15調べ
*14/8/30 ランキングにて、年間でも2014年Kindleビジネス書7位

北川 拓也(きたがわ・たくや)氏
楽天株式会社 執行役員CDO(チーフデータオフィサー)
グローバルデータ統括部 ディレクター

ハーバード大学を卒業後、同大学院物理学科で博士課程を修了。理論物理学者として、20本以上の論文を『Science』などで発表。楽天で、データサイエンスの組織を立ち上げ、現在ビッグデータ担当のチーフデータオフィサーとしてグループ全体のデータ戦略や組織を統括。科学的な顧客理解からの顧客体験作りやビジネスイノベーションを推進している。

小野寺 民也(おのでら・たみや)氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
東京基礎研究所副所長 技術理事

1988年東京大学大学院理学系研究科情報科学専門課程博士課程修了、同年日本IBM入社。以来、同社東京基礎研究所にて、プログラミング言語、ミドルウェア、分散システム等の研究開発に従事。最近ではとくにBig DataおよびAI基盤ソフトウェアに興味をもつ。現在、同研究所副所長、同社技術理事。情報処理学会第 41回(平成2年後期)全国大会学術奨励賞、同平成7年度山下記念研究賞、同平成16年度論文賞、同平成16年度業績賞、各受賞。理学博士。Association for Computing Machinery Distinguished Scientist、情報処理学会シニア会員、日本ソフトウェア科学会会員。

講演プログラム

受付
18:30~19:00
オープニング
19:00~19:05


トークセッション
19:05~19:50
テーマ:量子コンピューターがビジネスにもたらす可能性



スピーカー:
尾原 和啓(おばら・かずひろ)氏
IT批評家、藤原投資顧問シニアアドバイザー
北川 拓也(きたがわ・たくや)氏
楽天株式会社 執行役員
CDO(チーフデータオフィサー)
グローバルデータ統括部 ディレクター
小野寺 民也(おのでら・たみや)氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所副所長 技術理事
ディスカッション
19:50~20:20



ネットワーキング(軽食付き)
20:20~21:00


軽食・お飲み物をご用意しています。ご来場のみなさまとご歓談ください。


※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。
※タイムテーブルは、予告なく変更させていただく場合がございます。
※本イベントは参加者同士でのディスカッションを含め、ビデオ収録し日本アイ・ビー・エム株式会社のホームページやソーシャルメディアでの公開を予定しております。ご了承の上、ご参加お願いいたします。

対象者


先端テクノロジーを用いたサービス開発で事業化を検討されているスタートアップ、クラウド・ソリューション事業者の技術者/エンジニアの方

※ お申し込みが定員を超える場合には抽選とさせていただく場合がございます。
※ 主催企業の同業他社の方からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。
※ 当イベントは法人のお客様対象となっております。個人のお客様からのお申し込みは受け付けておりません。