抽選で2名様にプレゼントが当たります


最後までご聴講いただいた方の中から
抽選で2名の方に人気のAIスピーカーを
プレゼントいたします。

この機会にぜひご参加ください!


Google Home


Amazon Echo


武闘派CIO・フジテック友岡氏が吠える「ここが変だよ日本のITガバナンス」
従来のように情報システムがオフィスやキャンパスに閉じられていた時代と違い、多くの日本企業がグローバルに拠点を展開しています。拠点ごとに情報システムが導入され、運用されているようでは、コストはもちろんのこと、システム停止や情報漏えいのリスクも低減することが難しいでしょう。いわゆる「ITガバナンス」は一筋縄ではいかない課題です。

第43回 ITmedia エグゼクティブセミナーでは、グローバル時代のITガバナンスをテーマに掲げます。積極的にパブリッククラウドを活用するフジテックの友岡賢二CIOをゲストにお招きし、同社のクラウドファーストとグローバルガバナンスの現実解を探る取り組みをご紹介いただきます。

なお、特別講演には、ローランド・ベルガーでシンガポールを拠点にアジアでビジネスを展開する日本企業を支援している山邉圭介シニアパートナーアジアジャパンデスク統括をお招きし、アジア市場、特に成長著しいASEAN市場攻略の勘所を議論していきます。


基調講演 講師プロフィール

フジテック株式会社
常務執行役員
情報システム部長 CIO
友岡 賢二 氏


1989年、松下電器産業(現パナソニック)入社。独英米に計12年間駐在。ファーストリテイリング 業務情報システム部 部長を経て、2014年フジテック入社。一貫して日本企業のグローバル化を支えるIT構築に従事。

特別講演 講師プロフィール

株式会社ローランド・ベルガー
シニアパートナー
アジアジャパンデスク統括
山邉 圭介 氏


一橋大学商学部卒業後、国内系コンサルティング・ファームを経て、ローランド・ベルガーに参画。
自動車、部品、建設・住宅、航空、消費財、など幅広い業界において、営業・マーケティング戦略、ブランド戦略、グローバル戦略、事業再生戦略の立案・実行支援に豊富な経験を持つ。近年は、新興国戦略の分野で数多くのプロジェクトを手がける。アジア・ジャパン・デスク担当。

対象者

一般事業会社および官公庁団体における、経営層/CEO/CIO/事業部門長・課長/経営企画部長・課長/情報システム部門長・課長 など

※ 協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


講演プログラム

受付
13:00~13:30
 
開会挨拶
13:30~13:40
浅井 英二
 アイティメディア株式会社
 エグゼクティブエディター
   
基調講演
13:40~14:30
企業の成長を支えるITガバナンス、その現実解を探る

企業には、部門や地域の枠を超え、全社を横串しで統制する「ITガバナンス」が理想とされ、CIOや情報システム部門長はその牽引役を期待されてきました。しかし、ITのガバナンスがビジネスのそれを超えられないのが現実です。歴史的に事業部門制を敷いて成長してきた日本の大企業においてはなおさらです。フジテックの友岡CIOは、ITガバナンスとは成長のための固い「骨」をつくること、企業ごとに適用すべきパターンがあるといいます。本セッションでは、ITガバナンスの現実解を議論していきます。

友岡 賢二 氏
 フジテック株式会社
 常務執行役員
 情報システム部長 CIO
 
セッション1
14:30~15:10
クラウドサービスで実現する働き方改革事例

・競合と差をつけるクラウド活用した働き方改革への取り組み
・製造業におけるクラウド活用事例
・大手企業はなぜクラウドサービス導入時にHDE Oneを選択するのか

山本 洋平 氏
 株式会社HDE
 クラウドセールス&マーケティングディビジョン
 ハイタッチセールス 製造業担当
 アカウントマネージャー
 
セッション2
15:10~15:50
クラウドERP導入のチェックリスト

クラウドERPを導入するためのチェックリスト(留意点、準備すべき事項、課題など)をお客様視点で概説し、InforのSaaSと導入事例からクラウドERP導入の成功への道筋をご紹介します。

新造 宗三郎 氏
 インフォアジャパン株式会社
 チーフカスタマーオフィサー
 
コーヒーブレイク
15:50~16:00
 
特別講演
16:00~16:50
ASEAN市場の魅力と勝てる戦略

今、世界の目がASEAN市場に注がれています。ASEANは魅力にあふれる巨大な市場である一方、現地のコングロマリットやグローバル企業の進出によって競争が激しさを増しています。変化のスピードも速く、また文化や経済状況も異なる国の集合体でもあり、とても難しい市場とも言えます。しかし、日本企業にとってASEAN市場は非常に重要であり、歴史的な関係性を踏まえても日本企業の強みを生かして戦える市場です。ASEAN市場で「勝てる戦略」「利益を出せる戦略」をどう描けばいいのでしょうか。シンガポールを拠点にローランド・ベルガーのアジアジャパンデスクを統括する山邉圭介シニアパートナーが、具体的な事例を挙げながら、またデジタル化やシェアリングエコノミーの動向など最新の情報も交えながら、ASEAN市場で勝てる戦略をご紹介します。

山邉 圭介 氏
 株式会社ローランド・ベルガー
 シニアパートナー アジアジャパンデスク統括
 

※登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。


主催


ITmedia エグゼクティブ

協賛


株式会社HDE



インフォアジャパン株式会社