モノづくり業界に特化したIoT(Internet of Things)の最新トレンドを、日本の製造業をけん引する企業の事例や最先端研究に関する講演をお届けする「MONOist IoT Forum」。2016年12月、2017年1月に東京、大阪、同年7月には名古屋で開催となり、多くの方に関心をお持ちいただきました。

第二弾として、今冬にも東京、大阪で「MONOist IoT Forum」の開催を企画する運びとなりました。スマートファクトリーを中心に昨年よりも具体的な活用事例も増え、AI(人工知能)やクラウドとのエッジデバイスとの連携や無線通信などの技術も進化してきています。一方、セキュリティや膨大なデータの活用・分析方法などIoTが浸透してきたからこそ直面する新たな課題もあります。本イベントでは、来場者の方の業務に直結する気づきや学びの場となるとともに、現場で悩む製造業従事者の皆さまへの課題解決として、製品・ソリューションを知り、理解していただく場としてご活用いただけますと幸いです。

Guest Speaker


【基調講演】
三菱電機株式会社
FAシステム事業本部
FAソリューションシステム部長
大谷 治之 氏

【ランチセッション】
IHSマークイット
テクノロジー・メディア・コミュニケーション
ディレクター
南川 明 氏

【特別講演】
ダイキン工業株式会社
テクノロジー・イノベーションセンター 生産システム革新グループ
生産システム革新グループリーダー主席技師
高山 正範 氏

対象者

製造業の企業経営層、経営企画部門、工場長、生産技術部門長、生産技術部門、製造現場でのIoT導入に関わるエンジニア

プログラム

開会挨拶
9:55~10:00
MONOist 編集部
基調講演
10:00~10:50
⼿段としてのIoTはものづくりに何をもたらすか
〜「e-F@ctory」の進化と深化〜


世界のものづくりの様相が移り変わる中、我が国ではスマート社会の「Society5.0」と、それを実現するための「Connected Industries」について様々な取り組みや方向性が示されています。
本講演では、三菱電機が考えるものづくりの方向性と、実用的でスケーラブルな取り組みについて紹介いたします。

大谷 治之 氏
三菱電機株式会社
FAシステム事業本部
FAソリューションシステム部長
セッション【C-1】
10:50~11:30
IoTで実現する製造現場のデジタル革新事例

AI技術の進展やIoTの普及によってお客様を取り巻く事業環境は驚くべきスピードで変化しており、製造現場におけるデジタル革新が進んでいます。一方、現場でIoTの導入が進むことで、工場内のセキュリティやつながる環境の整備が課題となっています。今回は、製造現場におけるデジタル革新に向けた、現場での実践事例や課題についてご紹介いたします。

黒下 和正 氏
富士通株式会社
ネットワークサービス事業本部
IoTビジネス推進室
インテグレーション部
部長
セッション【C-2】
11:30~12:10
日立システムズ IoTビジネスへの取り組み

IoTを取り巻く動向は、産業分野を中心に加速的に広がりつつあります。 本セッションでは、この産業分野におけるIoTの適用パターンと導入時の課題を明確にしつつ、最適な導入プロセスに導く日立システムズのIoTソリューション(導入支援、「設備」データの収集、蓄積、可視化、予兆診断、セキュリティ対策など)を、活用事例を交え紹介します。

前田 貴嗣 氏
株式会社日立システムズ
産業・流通フィールドサービス事業グループ 産業・流通インフラサービス事業部
副事業部長
休憩
12:10~12:30
 
ランチセッション
12:30~13:20
IoTの未来展望 ~中国がIoTに向かわなければならない理由がある~

世界は主要国を中心としてIoTを利活用することでスマート社会、スマート交通、スマート医療、スマート工場などの実現に向けた取り組みが始まっている。目的はエネルギー効率の高い継続成長が可能な社会を作り出すためだが、中国には違う理由でIoTを活用しなければならない理由がある。ここでは動き出した中国版IoTの実態とIoTを導入しなければならない理由を明らかにする。

南川 明 氏
IHSマークイット
テクノロジー・メディア・コミュニケーション
ディレクター
休憩
13:20~13:35
 
セッション【C-3】
13:35~14:15
データからビジネス変革をもたらすMicrosoft AI and IoT Platform

ビジネスに新しい利用シーンを加えるAIが、多くの業種のアプリケーション/サービスに組み込まれ始めています。Microsoftは、その変革を支えるため、これまでのIoT、Big Dataへの投資の上に、PlatformとしてのAIの機能を加えて、進化を続けています。このセッションではSystem of Recordから、System of Insightへと変化する最新技術をご紹介します。

畠山 大有 氏
日本マイクロソフト株式会社
コマーシャルソフトウェアエンジニアリング本部
Principal Software Development Engineer
セッション【C-4】
14:15~14:55
Analytics of Things ~スマートファクトリーのための分析~

スマートファクトリーへの第一歩は、工場の全方位からデータを収集し、それをリアルタイムに自動分析してその結果を課題解決・生産最適化に向けてに活用することです。本講演では、それらのデータ分析方法・秘訣を国内外のユースケースとともに解説します。

高田 俊介 氏
SAS Institute Japan株式会社
ソリューション統括本部IoT & Advanced Analyticsグループ
マネージャー
コーヒーブレイク
14:55~15:10
 
セッション【C-5】
15:10~15:50
製造業のビジネス変革を支援する、デジタル化のコンポーネント

国内外の製造業を取り巻くビジネス環境は大きな変革の機会と脅威の中にあり、多くの企業で新たなビジネス価値の創造が検討されています。その背景には、言うまでもなくIoTやAIを核とした、デジタル技術が現実的なソリューションとして登場してきたことがあります。
本セッションでは、弊社がこれまでご支援してきた取り組み事例も交えながら、デジタルトランスフォーメーションに必要なコンポーネントについてご紹介いたします。

石田 雅久 氏
インフォアジャパン株式会社
ソリューションコンサルティング本部 本部長
セッション【C-6】
15:50~16:30
製造のデジタル変革を導く3DEXPERIENCEマニュファクチャリング

3DEXPERIENCEマニュファクチャリングは、デジタル技術により、設計~製造~サプライチェーンの連携を実現するグローバル生産システムです。本セッションでは、製造のデジタル変革の例として、製造のシミュレーション、実行、スケジュール管理をつなげて、製造現場でリアルタイムに活用できる新製品“3D LEAN”のデモもご紹介します。

清水 博文 氏
ダッソー・システムズ株式会社
DELMIA事業部
ソリューション・コンサルタント・マネージャー
休憩
16:30~16:40
 
特別講演
16:40~17:30
モノづくり領域における協創の取組み

当社のモノづくり領域における協創の取組みについて、17年10月に開始した日立様との「IoT活用による次世代工場実現に向けた協創プロジェクト」の事例をご紹介します。

高山 正範 氏
ダイキン工業株式会社
テクノロジー・イノベーションセンター 生産システム革新グループ
生産システム革新グループリーダー主席技師

※登壇者、タイムテーブル、セッション内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。