テクノロジーの爆発的な進化は、人の暮らしや働き方をこれまでとは全く異なるものへと変えようとしています。しかも、その変化はいずれ訪れるものではなく、シリコンテクノロジーに支えられた指数関数的なスピードで、あっと言う間に押し寄せようとしているのです。日本企業が営々と築き上げてきたビジネスモデルやそれを支える情報システムさえ根底から覆されかねません。

規制に縛られてきた日本の金融においても大きな変革が起ころうとしています。顧客を起点としたアンバンドリングが進む中、競うように「API」の公開が始まったのは象徴的な出来事でしょう。

メガバンク、みずほフィナンシャルグループでも先端テクノロジーを活用し、これまでのビジネスの殻を破る挑戦が始まっています。さまざまな機器が相互に接続するIoTにおいても安心・安全な決済を実現する「IoT決済プラットフォーム」の構築がそのひとつです。決済というビジネス上極めて重要な機能を提供している銀行が、データの流れるところで顧客やパートナーと緊密に連携していくことは、ほかのプレーヤーに奪われることが許されない領域であると同時に、新たな金融サービスを創出、未来の銀行像を模索していく上でも不可欠です。

第20回 ITmedia Executive Power Breakfastでは、みずほフィナンシャルグループでデジタル戦略を牽引する大久保光伸シニアデジタルストラテジストをゲストにお迎えし、デジタルテクノロジーが創造する新たな金融サービスについて議論していきます。


特別ゲストプロフィール
株式会社みずほフィナンシャルグループ
デジタルイノベーション部 シニアデジタルストラテジスト
兼 株式会社Blue Lab 最高技術責任者(CTO)
大久保 光伸 氏
約17年間、規制当局のガイドラインに準拠した金融機関システムの企画・開発業務と、先端技術の活用調査・検討業務に従事。前職の金融機関では、日本初となるパブリッククラウドの導入をリードし、国内外で事例を公開。クラウドエコシステムの構築に貢献。現在、みずほフィナンシャルグループにてデジタル戦略を担当しAPI活用によるオープンイノベーションを推進。一方では、一般社団法人 金融革新同友会FINOVATORSのFounder兼CTOとして、FinTechスタートアップへのメンタリングやパブリックセクターへの提言、海外FinTech業界団体との連携等により金融イノベーションのエコシステム形成に携わる。2016年11月から一般社団法人 Fintech協会のアドバイザリーボードに就任。2017年7月よりBlue LabのCTO(最高技術責任者)を兼務。
開催概要
タイトル 第20回 ITmedia Executive Power Breakfast
【金融業向け】 みずほのデジタル戦略に学ぶ
超未来思考とテクノロジーがつくる新たな金融サービス
日時 2018年2月15日(木)08:30~10:30(受付08:00~)
2018年4月18日(水)08:30~10:30(受付08:00~)
2018年5月17日(木)08:30~10:30(受付08:00~)
会場 東京都 港区の会場を予定
定員 各回5名
対象 経営層/CEO/CIO/事業部門長/経営企画部長・課長/情報システム部門長・課長

※ 協賛企業の競合企業にお勤めの方のお申し込みはお断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、金融業にお勤めの方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

参加費 無料
主催 アイティメディア株式会社 ITmedia エグゼクティブ編集部
協賛 日本マイクロソフト株式会社

主催

ITmedia エグゼクティブ

協賛

日本マイクロソフト株式会社