今、企業に求められている「働き方改革」。そこには多くの困難が伴い、立ち止まってしまっている企業も多い。制度改善の難しさはもちろん、スキルの偏りから属人的になってしまっているタスク、その会社ならではの業務慣習や固定概念からはなかなか抜け出せないものだ。そこで提唱するのが、デジタルを使って一歩ずつ働き方と組織の形を変えていくやり方だ。

昨今では、オフィスワーカーに負荷をかけている定型作業や単調作業をロボに置き換える RPA(Robotic Process Automation)という言葉に注目が集まっている。すでに導入が進んでいる企業もあるが、その認知度は低い。そこで本勉強会では、ローランド・ベルガーのパートナーであり、未来構想とテクノロジーからの「新しいイノベーション」を提唱している未来構想センター ヘッドである中野大亮氏をお招きし、RPAとはそもそも何か、またRPAが私たちの業務にもたらすインパクトや効果について、いくつかの事例を交えながら紹介していく。

また、具体的なスキャナOCRとロボットを活用した入力業務自動化ソリューションなどの紹介・デモを通じて、自動化やデジタル化が、あなたの業務をどう変えていくのかを考えていく。

こんな課題を持った方におすすめのセミナーです

  • 過去の慣習で、紙ベースの帳票を使い続けている
  • 業務フローにおいて属人的なタスクが多く効率が上らない
  • 働き方変革・業務効率化といっても何から始めるべきかが分からない

  • 基調講演 講師プロフィール

    株式会社ローランド・ベルガー
    中野 大亮 氏

    東京大学法学部卒業。ローランド・ベルガー東京オフィスにおける未来構想センターヘッド。イノベーションのカギやテクノロジーの研究を踏まえ次世代への道筋を描く。また、総合商社、鉄道・航空、産業機械等を中心に事業・成長戦略、全社ポートフォリオマネジメント、M&A/PMI等の経験を豊富に有する。

    対象者

    経営層、経営企画、事業企画、商品企画、マーケティング、営業・販売など業務部門全般

    ※ 協賛社の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りすることがございます。
    ※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


    講演プログラム

    受付
    13:30~14:00
     
    開会挨拶
    14:00~14:05
    ITmedia ビジネスオンライン編集部
    基調講演
    14:05~14:55
    働き方改革ツール、RPAの現状と今後
    働き方の変革が叫ばれている中、テクノロジーはその進化とともにオペレーションに役立つツールが生み出されてきている。RPAもそのひとつだ。昨今話題になっているRPAの概要、実際の活用事例、そしてその落とし穴、今後の進化について概観する。ツールありきではなく、目指す姿に対していかにこのツールを役立てていくかが重要となる。

    中野 大亮 氏
    株式会社ローランド・ベルガー
    セッション
    14:55~15:25
    スキャナOCRとRPAを活用した伝票入力業務自動化ソリューションのご紹介
    伝票をスキャンしOCRエンジンによりデジタルデータ化した後、RPAツールを使って既存システムを修正することなく入力業務を自動化するソリューションの紹介と導入ユーザーによる事例紹介。無償トライアルを中心とした導入ステップの進め方も合わせて紹介する。

    宮里 正喜 氏
    株式会社富士通マーケティング
    ビジネスパートナー本部 東京ビジネスパートナー統括営業部 第一営業部

     
    デモ
    15:25~15:40
    実機を用いた分かりやすいデモンストレーション


    PFUビジネスフォアランナー株式会社


    ※登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。予めご了承ください。