近年、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などのテクノロジーが急速に発達を遂げています。こうした中で、企業が成長するためには、テクノロジーを生かしてビジネスを変革すること、いわゆるデジタルトランスフォーメーション(以下、デジタル変革)を推進することが重要になると考えられています。

一方で、デジタル化の波は、既存の産業構造を根本から破壊する脅威にもなっています。私たち自身が、デジタル時代におけるビジネスへの考え方を変えなければ、いつまでたっても「脅える側」に留まることになるでしょう。新たな企業価値や商品・ サービスを生み出せない企業は、当然のことながら他社との競争優位を生み出せず、取り残される形になってしまいます。経験と勘だけに頼った経営や、いまだモノ売りとなっているビジネスモデルから脱することは、すべての企業における喫緊の課題といえます。

では、どのようにすれば企業はデジタル変革を推進していけるのでしょうか。デジタル化が既に進んでいる企業は何が違うのでしょうか?本セミナーでは、モノ売りからコト(成果)売りへのシフト、部門横断的な取組みや外部パートナー連携などによる「伴走」と「共創」をキーワードにデジタル変革を推進していくための考え方、その最初の一歩となる取組みについて、事例とともに紹介していきます。


基調講演 講師プロフィール

株式会社ブリヂストン
デジタルソリューションセンター長
増永 明 氏

2016年4月より経営企画本部長、グローバル中期計画の策定等に従事。2017年4月よりデジタルソリューションセンター長、デジタル技術のグローバル開発体制の構築及びそれを活用したソリューションビジネスに従事

特別講演 講師プロフィール

株式会社ソラコム
執行役員
セールスディレクター
柿島 英和 氏

対象者

経営層、経営企画、事業企画、マーケティング、営業・販売など業務部門全般においてITへの関与、関心のある方

※ 協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


講演プログラム

受付
13:00 - 13:30
 
開会挨拶
13:30 - 13:35
ITmedia ビジネスオンライン編集部
基調講演
13:35 - 14:25

デジタルトランスフォーメーションで加速する
ブリヂストンのビジネスソリューション

タイヤメーカーにおいて世界トップシェアを誇るブリヂストンは、従来の“モノ売り”の事業から、顧客の困りごとを解決する“ソリューション”事業へのシフトを推し進めるべく、デジタル変革に取り組んでいる。2017年1月には、デジタル変革を牽引する専門組織「デジタルソリューションセンター」を新設し、センシング技術などのデジタル基盤技術を活用したビジネスモデルの創出に挑戦している。
本講演ではデジタルソリューションの事例を交えて、ブリヂストンが取り組むデジタル変革について紹介する。

増永 明 氏
株式会社ブリヂストン
デジタルソリューションセンター長

セッション1
14:25 - 14:55

KDDIが考え、体現する「デジタル変革」

KDDIはお客さまのデジタル変革をご支援する一方、自社もまた次々と台頭するデジタルディスラプターと戦いながら、通信事業に留まらないビジネス変革に挑戦を続けています。本セッションではKDDIの変革への挑戦もご紹介しながら、KDDIが考える「デジタル変革」についてお話させていただきます。

藤井 彰人 氏
KDDI株式会社
ソリューション事業企画本部
本部長

休憩
14:55 - 15:10
 
セッション2
15:10 - 16:15

KDDIの「デジタル変革」ご支援事例

KDDIがお客さまと伴走しながら、アジャイルによるお客さまの組織変革や、IoTによる業務のデジタル変革をご支援した事例を、裏側のリアルまで余すことなくご紹介させていただきます。

荒本 実 氏
KDDI株式会社
ソリューション事業企画本部 クラウドサービス企画部 統括グループ
グループリーダー

石井 健太郎 氏
KDDI株式会社
ソリューション営業本部 営業企画部
副部長

特別講演
16:15 - 17:00

通信プラットフォームが拡げる IoTビジネス活用

IoTテクノロジーが身近になったことで、企業やプロジェクトの規模を問わずIoTビジネス活用がますます拡がっています。
IoT活用の課題をわかりやすくご紹介するとともに、スピーディなIoT活用を実現するためのSORACOMサービスを、IoTを実践するお客様事例も交えてご紹介いたします。

柿島 英和 氏
株式会社ソラコム
執行役員
セールスディレクター

※登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。予めご了承ください。


主催



ITmedia ビジネスオンライン



協賛