今、自動車業界は新たな局面を迎えています。クルマの機能そのものが自動運転技術などによって飛躍的に高まっているのみならず、5Gやテレマティクスに代表される通信技術によってクルマが「つながるクルマ」へ進化したことにより、保険や旅客、物流など自動車以外の業界を巻き込んだ新たなサービスも生まれようとしているのです。世界的なトレンドであるシェアリングエコノミーとの関係性も無視できません。従来とは別次元のセキュリティも自動車に必要になっています。

 IT業界との関わりが深い「つながるクルマ」は、3~5年サイクルで新型車を投入してきた従来の自動車業界とはイノベーションのスピード感が異なっています。このスピード感を生かして新たなビジネスを興そうとする企業が自動車業界の外から新規参入する例も増えています。

 本イベントは、変化の真っただ中にある「つながるクルマ」に関する気づきや学びの場となるとともに、新しいモビリティを実現する技術やソリューションを知り、理解していただく場としてご活用いただけますと幸いです。

Guest Speaker


【基調講演】
株式会社デンソー
技術企画部 技術戦略室 (課長)
梶岡 繁 氏

入社以降、エンジン制御、ボデー制御、携帯電話(通信制御)、ナビゲーション等の組み込みシステム開発にソフトウェア・アーキテクトとして従事。ここ十数年は社内の技術改革活動を中心に活動しており、車載電子プラットフォーム、HMI(コックピット)、コネクテッドカー分野の技術革新に取り組んできた。現在は、今後の注力分野となるMaaS事業の立ち上げに取り組んでいる。


【特別講演】
合同会社WHITE MOTION
最高経営責任者 (CEO)
蔵本 雄一 氏


対象者

製造業(主に自動車メーカー、自動車部品メーカー、輸送機器メーカー)などの企業経営層、経営企画部門、設計・開発エンジニア、工場長、生産技術部門長、生産技術部門

プログラム

開会挨拶
14:00~14:05
MONOist 編集部
基調講演
14:05~14:55
デンソーが考えるMaaS時代に向けたプラットフォーム技術開発

100年に一度の大変革期を迎える自動車産業において、 デンソーは従来のビジネスモデルに安住する事なく、新たな価値の創造を目指している。クルマ・ヒト・モノがつながる新たなモビリティ社会の実現に向け、注力分野の一つとして取り組むMaaS (Mobility as a Service)に向けた活動をご紹介する。

梶岡 繁 氏
株式会社デンソー
技術企画部 技術戦略室 (課長)
セッション1
14:55~15:35
コネクテッドカーのサイバーセキュリティの動向と対策

自動運転、コネクテッドカーの実現に向けて、ソフトウェアの重要性が益々高まる中、サイバーセキュリティへの脅威が大きな課題となっている。当セッションでは、最新の動向と、安心、安全な「つながるクルマ」に必要なソフトウェアの品質向上、セキュリティ上の対策に関して解説する。

佐野 勝大 氏
株式会社ユビキタス
代表取締役社長
休憩
15:35~15:45
 
セッション2
15:45~16:25
自動運転時代のシームレスなMBSE/MBD開発

自動車が他の自動車を含む社会インフラとコネクトすることにより設計対象が爆発的に増大し、従来の開発手法では限界に達しつつある。この限界を克服するものとしてMBSE/MBDがある、本セッションでは3DEXPERIENCEプラットフォームにより、いかに複雑な開発にシームレスに対処できるかを紹介する。

兼平 靖夫 氏
ダッソー・システムズ株式会社
CATIA システムズ・センター・オブ・エクセレンス
シニア・テクニカル・マネージャ
特別講演
16:25~17:15
CASE時代に活かす、「ITサイバーセキュリティ」の知見

現在、自動車業界にCASE化の波が押し寄せています。ソフトウェア化されていく部分が増え、便利になる一方で新しいセキュリティ対策のアプローチが必要になります。本セッションでは、ITサイバーセキュリティの知見を、CASE化に伴うリスクとそれに対するセキュリティ対策に関して如何に応用するかについて解説します。

蔵本 雄一 氏
合同会社WHITE MOTION
最高経営責任者 (CEO)

※登壇者、タイムテーブル、セッション内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。