@IT セキュリティ教育委員会 本日の議題:学校って、ハッカーから見たらやっぱり 隙だらけなんですか?


教育現場のセキュリティスペシャリストが語る
拡大するサイバー攻撃から守るためのセキュリティ対策とは

2016年に発生したセキュリティ事件の件数は、教育・学習支援業がトップとなりました。情報漏えいの主な原因は、仕事を持ち帰る教職員の紙資料やUSBメモリ。
また、アクセス制御の不備から、児童生徒による不正アクセス事案も発生しています。そこで、昨年10月には、「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」が公表されました。サイバー攻撃対策や、情報システムへのアクセス制御、ネットワークセキュリティ、個人情報の取り扱いなど、教育現場の実態をふまえたセキュリティ対策の必要性を示唆するものですが、その対策をどのように実装するかは、各自治体や教育委員会、教育機関にゆだねられてしまっています。

@ITセキュリティ教育委員会では、小学校5年生で校長室のサーバの管理者権限を乗っ取ることに成功したというハッカー・石森大貴氏と、教育現場のセキュリティ課題と解決策に詳しいヴイエムウェア中島氏が議論。
教育機関を取り巻くセキュリティ脅威に立ち向かうため、具体的にどのような対策が必要なのか、わかりやすくお伝えします。

Guest Speakers



ゲヒルン株式会社 代表取締役
さくらインターネット株式会社
CISOセキュリティ・キャンプ実施
協議会 顧問・企画実行委員
石森 大貴 氏


ヴイエムウェア株式会社
ゼネラルビジネスSE本部
公共第二SE部
部長 フィールド・テクノロジスト
中島 淳之介 氏


【@ITセキュリティ記事担当】
@IT編集部
宮田 健

対象者


・教育機関のシステム、セキュリティご担当者様
・教育機関のシステム、セキュリティを担うパートナー企業様

※ 協賛社の競合企業にお勤めの方、学生や個人の方の申し込みはお断りさせていただくことがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


Live Web セミナーの視聴に関するFAQ


Live Web セミナーの視聴にあたってご不明な点がございましたら、こちらのFAQをご確認ください。


主催


@IT


協賛