第45回 ITmedia エグゼクティブセミナー OT、IoT時代のリスクマネジメントとインシデント対応 問われる経営者の責任、「100%防ぐセキュリティ対策」は幻想


サイバーセキュリティ対策は、これまでソフトウェアの脆弱性を塞いだり、個人情報の漏えいを防ぐことが主流でしたが、今や物理的な犯罪の主戦場がサイバー空間に移行しており、すっかり様変わりしています。プロの犯罪集団は用意周到に準備し、対策が最も甘いところを突いてきます。さらにネット接続されたセンサーやデバイスの急増は厄介です。点ではなく面となり、幾何級数的にリスクが高まっていきます。もはや「100%防ぐセキュリティ対策」は幻想です。侵入されることを前提とし、早期に検知して対応、被害を最小限に食い止め、短期間で復旧させる組織体制が求められます。企業の経営層は、ITの問題ではなく、リスク管理、危機管理として体系的かつ網羅的なアプローチを取る必要があります。

第45回 ITmedia エグゼクティブセミナーでは、内閣官房内閣サイバーセキュリティセンターで重要インフラグループを統括する結城則尚内閣参事官をお招きし、先ごろサイバーセキュリティ戦略本部で取りまとめられた「サイバーセキュリティ戦略」から読み解く、国を挙げた最新の取り組みから、重要インフラを中心とするOT(OperationalTechnology)領域やIoT領域におけるリスクマネジメントとインシデント対応についてご講演いただきます。

Guest Speaker

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC) 重要インフラグループ
内閣参事官
結城 則尚 氏

一般社団法人 金融ISAC 専務理事/CTO
鎌田 敬介 氏

対象者

一般事業会社および官公庁団体における、経営層/CEO/CIO/事業部門長・課長/経営企画部長・課長/情報システム部門長・課長 など

※協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申込みはお断りすることがございます。
※お申込み多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

12:30~13:00
受付
開会挨拶13:00~13:10

浅井 英二

アイティメディア株式会社
エグゼクティブエディター

基調講演13:10~14:00
サイバー事案から学ぶ
いざという時にも柔軟に対処できる実践的セキュリティマネジメントとは?

日本年金機構の情報漏えいは、緊急事態に企業がどう備えるべきか、日本企業に多くの教訓を残しています。
事案は実際に起こるものとして備えるべきことをわたしたちに教えてくれました。
数多くの事案対処の現場で対応した経験を持つ結城則尚内閣参事官が、セキュリティを組織運営の一部として捉え、緊急事態にも柔軟に対処できる実践的なセキュリティマネジメントについてご紹介します。

結城 則尚 氏

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)
重要インフラグループ
内閣参事官

セッション114:00~14:40
「2020に向け企業に求められるセキュリティ基準とその取り組み」

日本企業に対するサイバー攻撃とその被害は日々増加しており、この傾向は今後益々増加が見込まれます。昨今、政府によるガイドライン更新が続いてますが、これらが作成された背景などを、対応の実例を元に解説します。そして企業は多層防御やエンドポイントセキュリティ対策をいかに講じるべきか? 我々の考える取り組みをご紹介致します。

矢吹 達夫 氏
株式会社電通国際情報サービス
営業推進本部 戦略プロダクツ営業推進室
本部長補佐 兼 室長

武藤 耕也 氏
グローバルセキュリティエキスパート株式会社
教育事業部 事業部長 兼 EC-Council統括部 部長
執行役員

休憩14:40~14:50
セッション214:50~15:30
マルウェアの脅威からエンドポイントを守る!
検知から再発防止支援まで実現する効果的な対策とは

昨今、マルウェアによる情報窃取や破壊などのセキュリティリスクが増大しており、企業ではセキュリティレベルの向上やセキュリティ人材の確保が課題となっています。本セミナーでは、人材不足に悩む企業であっても、高精度な検知、脅威の未然防御、万一の場合の迅速な対応や侵入経路特定による再発防止支援まで実現する効果的な対策をご紹介します。

原 紫野美 氏

株式会社日立ソリューションズ
セキュリティマーケティング推進部
ユニットリーダ

セッション315:30~16:10
組織を取り巻くセキュリティ脅威とその対策方法
~診断、訓練、教育は万全ですか!?~

システムの多様化、標的型サイバー攻撃の増加、国家レベルの攻撃により組織を取り巻くセキュリティ脅威は深刻化しています。また脅威に対抗するためのセキュリティ人材不足は大きな問題となっています。アルファネットでは脆弱性診断、標的型メール訓練、セキュリティ教育の観点からセキュリティ脅威への対策をご支援いたします。

安本 幸史 氏

株式会社アルファネット
東日本ソリューションサービス部 ソリューション販売課
次長

コーヒーブレイク16:10~16:20
セッション416:20~17:00
モバイル・クラウド環境のセキュリティ – 新しい脅威への対策

クラウドや様々なモバイルデバイスの登場で企業を取り巻く環境は大きく変化し、これまでとは違った攻撃や脅威が増加しています。安全と利便性を実現するために、新しいアプローチが必要です。本セッションでは今の時代にふさわしいMobileIronの統合エンドポイント管理ソリューションをデモをまじえてご紹介します。

山中 幸代 氏

モバイルアイアン・インターナショナル・インク
マーケティング
シニア リード プロダクト マーケティング マネージャ

特別講演17:00~17:50
調整中

鎌田 敬介 氏

一般社団法人 金融ISAC
専務理事/CTO

※ 講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。
※ タイムテーブルは、予告なく変更させていただく場合がございます。