編集部には、日々、読者の皆さんから働き方改革の課題、問題点が寄せられます。一方で、働き方改革がうまくいっているとされる企業を取材することもあります。二者の大きな違いは、「働く人のパフォーマンス発揮」に焦点をあてているか否かです。形だけのノー残業デーではなく、業務効率を高める具体的な施策がなされているか、働く人のモチベーションを高め、それに水を差す要素をいかに排除するか――人を核とし、原動力とする組織には、それぞれの課題に即した工夫が施されています。

本セミナーでは、大阪ガス、日清食品の取り組みをもとに、働く人、組織が、今よりもパフォーマンスを発揮するにはどうすればよいか探ります。

もしも今、自社の働き方改革に疑問を感じている方がいらっしゃれば、改善のヒントとなるはずです。

Guest Speaker

【基調講演】
日清食品ホールディングス株式会社
執行役員
CIO グループ情報責任者
喜多羅 滋夫 氏
【特別講演】
大阪ガス株式会社
情報通信部
ビジネスアナリシスセンター所長
岡村 智仁 氏
【セッション】
株式会社HDE
社長室 Internal IT
マネージャー
川竹 茜 氏

対象者

経営、経営企画、情報システムの運用・方針策定をする立場の方
情報システム部門の企画担当者、運用管理者、 SIerなど

※ 協賛社の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※基調講演と特別講演の講演順番が変更となりました。
基調講演:大阪ガス株式会社 岡村 智仁 氏 → 日清食品ホールディングス株式会社 喜多羅 滋夫 氏
特別講演:日清食品ホールディングス株式会社 喜多羅 滋夫 氏 → 大阪ガス株式会社 岡村 智仁 氏


プログラム

基調講演
15:00~15:50
これからの情シスの歩き方

最近話題に上ることも多い「情シス不要論」。言われたものを作る、基幹システムを守る、そんな従来の情シス部門に見られた“受け身のスタンス”が問い直されています。
日清食品グループは、多くの老舗大企業に先駆けてクラウドに舵を切り、また積極的にレガシーシステムの撤廃を進めてきました。その結果、運用、保守の負荷を減らし、IT戦略の立案や新技術の調査・活用など、創造的な仕事により多くの時間を費やせるようになりました。同社で武闘派CIOとして活躍する喜多羅氏は、「僕の目的は、情報システムをどう作るかではなく、うちのラーメンをどれだけ売るか。そのためにスキルや経験、知識をどう使うか。それが面白い。」と語ります。
本講演では、喜多羅氏が目指すこれからの情シスの具体像と、仕事への向き合い方、キャリアデザインについて持論をお話いただきます。

喜多羅 滋夫 氏
日清食品ホールディングス株式会社
執行役員
CIO グループ情報責任者

セッション
15:50~16:30
情シスが主導する働き方改革

働き方改革を主導するのは人事や総務部門が多いと思いますが、HDEでは情報システム部門がその重責を担っています。社内システムの運用や調整といったことのほかに、HDEの情シスが担うミッションとは?「クラウドを徹底的に使い倒す」ことで見えてきた効果と課題など実事例を元にご紹介します。

川竹 茜 氏
株式会社HDE
社長室 Internal IT
マネージャー

休憩
16:30~16:40
 
特別講演
16:40~17:30
大阪ガス、「最強のデータ分析組織」の仕事の流儀
~主体的に動き、挑戦するチームの思考回路~


「最強のデータ分析組織」と言われる大阪ガスビジネスアナリシスセンター。
データサイエンティストという言葉がもてはやされるずっと前から続くこのチームには、所謂“やらされ仕事”がありません。別の言い方をすれば、データ分析官が、能動的に現場や顧客からニーズをくみ取り、新しい価値を提供し続けない限り、必要とされないチーム。だからこそ、データ分析官達は、自らが進めるべきこと、且つ、自分達を必要とする現場を探し出し、“おせっかい”をすることで、主体的に仕事を作りに行きます。
本講演では、同センター所長の岡村氏を迎え、主体的に動くチームを作り、成果を上げるために何をしているか、課題も交えてお話いただきます。データ分析を事業会社の中で進めようとされている方、データ分析を基に新しいビジネスを提供しようとされている方は必見です。

岡村 智仁 氏
大阪ガス株式会社
情報通信部
ビジネスアナリシスセンター所長

※登壇者、タイムテーブル、セッション内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


主催



ITmedia エンタープライズ



協賛



株式会社HDE