製造業におけるデジタル変革への取り組みが加速している。マスカスタマイゼーションや完全自律工場などの「理想」は追求しつつも、すぐに成果が得られる「現実」的な取り組みが拡大しているが、留意すべきは、この「理想」と「現実」はどちらか一方ではだめだということだ。

特に日本の製造業は「現実」の価値に偏りすぎる傾向にあるが、個々のカイゼンを続けるだけでも「理想」の姿には近づかない。つまり、「理想」をイメージしつつ「成果が得られることから取り組む」という現実的な選択を能動的に行うことが、成功のカギを握っている。

本講演では、こうした「理想」と「現実」のバランスを取りつつ、着実に第4次産業革命の動きに歩みを進める企業の事例を紹介する。

このような疑問、課題をお持ちではありませんか?


 ● 製造業×IoT―構築、運用の実現に課題があり、サービス化がなかなか進まない
 ● 迫る第4次産業革命、企業としてどう取り組んでいくべきか…
 ● 製造現場をデジタルでつなぐ。具体的な取り組みは?

Guest Speaker

【名古屋】
三菱電機株式会社
FAソリューション事業推進部 FAソリューションシステム部 部長
大谷 治之 氏

【名古屋】
株式会社ジェイテクト
工作機械・メカトロ事業本部 ラインコントロール技術部 部長
山口 泰一 氏

【大阪】
株式会社クボタ
特別技術顧問
工学博士
飯田 聡 氏

【大阪】
パナソニック株式会社
CNS社 プロセスオートメーション事業部
SE総括部 部長
島田篤人 氏

【福岡】
JRCS株式会社
イノベーション営業部 Digital Innovation LAB
部長/Chief Digital Officer
空 篤司 氏

【福岡】
株式会社村田製作所
技術・事業開発本部 新規事業推進部 部長
ソリューションビジネス推進部 部長
谷野 能孝 氏

【東京】
シーメンス株式会社
代表取締役社長
兼CEO
藤田 研一 氏

【東京】
オリンパス株式会社
執行役員 ソフトウェア・ICT開発本部長
長谷川 晃 氏