サイバーセキュリティ対策は、これまでソフトウェアの脆弱性を塞いだり、個人情報の漏えいを防ぐことが主流でしたが、今や犯罪の主戦場は物理的な空間からサイバー空間に移行しており、すっかり様変わりしています。分業化されたプロの犯罪集団は手あたり次第に攻撃を仕掛けてきています。さらにクラウドやインターネットに接続されたセンサーやデバイスの急増は厄介であり、シャドーITの把握やセキュリティ強度の統制は困難になっています。点ではなく面となり、幾何級数的にリスクが高まっていく現状から、「100%防ぐセキュリティ対策」は幻想であると言えます。企業には最新の脅威を検知する対策は勿論、万が一侵入されることを前提に、被害を最小限に食い止め、短期間で復旧させる組織体制が求められます。

ITmedia エグゼクティブ勉強会では、日本を代表する「トップガン」として知られるサイバーディフェンス研究所の名和利男氏をお招きし、わが国が置かれたサイバーセキュリティの危機的実態についてご講演いただきます。また、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズからは、企業での活用が進むクラウド環境特有のセキュリティ課題やビジネス活用のポイントについて、ネットワールドからは、広範囲のセキュリティ対策の効果を最大化する連携における検討ポイントを、それぞれご紹介いただきます。

特別ゲストプロフィール

株式会社サイバーディフェンス研究所
専務理事
上級分析官
名和 利男 氏

海上自衛隊において、護衛艦のCOC(戦闘情報中枢)の業務に従事した後、航空自衛隊において、信務暗号・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮システム等のセキュリティ担当(プログラム幹部)業務に従事。
その後、国内ベンチャー企業のセキュリティ担当兼教育本部マネージャ、JPCERTコーディネーションセンター早期警戒グループのリーダを経て、サイバーディフェンス研究所に参加。
インシデントハンドリングの経験と実績を活かし、CSIRT構築及びサイバー演習(机上演習、機能演習等)の国内第一人者として、支援サービスを提供。最近は、サイバーインテリジェンスやアクティブディフェンスに関する活動を強化中。

対象者

一般事業会社および官公庁団体における、経営層/CEO/CIO/事業部門長・課長/経営企画部長・課長/情報システム部門長・課長 など

※協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申込みはお断りすることがございます。
※お申込み多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

15:30~16:00
受付
開会挨拶16:00~16:10
開会挨拶

浅井 英二

アイティメディア株式会社
エグゼクティブプロデューサー

基調講演16:10~16:50
公然情報をタイムラインで理解することでインシデント対応能力を向上しよう

サプライヤー企業にセキュリティ対策を要請するSP800-171が日本企業に影響を与えつつあります。ISMS(ISO/IEC 27001)と大きく異なるところは、「検知・対応・復旧」のアクションアイテムの明確化です。特にインシデント対応能力の向上が強く求められています。これを受けて、本講演では、日々収集する公然情報をタイムラインで理解することでインシデント対応に役立てるTipsを共有いたします。

名和 利男 氏

株式会社サイバーディフェンス研究所
専務理事
上級分析官

スポンサーセッション16:50~17:30
クラウド利用を最大限化するための注力すべきセキュリティ対策とは? - 防御効果を引き上げる視点と要素 –

スピード経営、TCO削減を含む経営の効率化、さらに、働き方改革が求められるなど経営環境が変化すると共に、脅威のトレンドも変化しつつあります。そのような環境下、世界トップクラスのサイバーセキュリティ企業「チェック・ポイント」がクラウドを利用した経営環境を中心にどのように防御していくのか具体的ソリューションをご説明致します。

卯城 大士 氏

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
システムエンジニアリング本部
セキュリティ エバンジェリスト

マルチクラウド・マルチデバイス時代に必須の統合セキュリティ

多岐にわたるサイバー攻撃に対応するには、クラウド環境や自社環境のみならず、モバイルデバイスやエンドポイント、さらにはインシデント・レスポンスを含めた統合的なセキュリティ対策が必要不可欠です。本セッションでは、広範囲のソリューション連携における検討ポイントと、実際の導入ステップについてご紹介します。

竹内 純 氏

株式会社ネットワールド
マーケティング本部 ソリューションマーケティング部 セキュリティソリューション課
主任

※ 講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。
※ タイムテーブルは、予告なく変更させていただく場合がございます。