来る11月29日にサイバー・セキュリティ・サミット「チェック・ポイント・エクスペリエンス(CPX)2018 Tokyo(以下、CPX 2018 Tokyo)」を開催します。昨今、サイバー攻撃は高度な技術、広範囲化、クラウド、モバイルを含むマルチベクタ化により極めて大規模な脅威となりつつあります。CPX 2018 Tokyoでは、「経営環境の変化に柔軟に対応する次世代のサイバー・セキュリティ戦略 ~マルチクラウド、モバイルの保護とAI補完の技術的効果~」をテーマに、巧妙化するサイバー攻撃のトレンドや具体的な対策ソリューションを、様々な観点からご紹介いたします。
※会場にて、チェック・ポイントの主要製品、および、協賛企業による展示がございます。

事前登録後、当日ご来場いただきました方の中から、
抽選で100名様に3000円分のギフト券を差し上げます。


※ギフト券の当選者には、会期後、事務局よりメールにてご連絡させていただきます。

プログラム

13:30~13:50 開会および新任のご挨拶/2018年脅威の傾向

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長 荒川勝也
13:50~14:30 第5世代のサイバー攻撃のトレンドと企業経営の防御

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
CMO Peter Alexander
14:30~15:00 AWS Security Overview (仮)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
15:00~15:30 クラウドはこう守る
Check Point Cloud Guardの導入効果と優位性


チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
セキュリティ・エバンジェリスト 卯城大士
15:30~16:00 SaaS:次のサイバー攻撃の標的 (デモンストレーション)

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
システム・エンジニアリング本部 本部長 小林 正則
16:00~16:20 Coffee Break
16:20~16:50 ゲストセッション

(近日公開予定)
16:50~17:20 チェック・ポイントが遭遇したサイバー戦争の現実

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
サイバー・セキュリティ エバンジェリスト Eddie Doyle
17:20~17:45 AIベースのセキュリティ・ソリューションとサイバー攻撃の予兆

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
アジア・中東・アフリカ チーフ・ストラテジスト Tony Jarvis
17:45~18:15 チェック・ポイントのSMB市場に向けた優位性と
新製品910のご紹介


チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
SMB営業部 部長 真田賢太
18:15~18:25 閉会のご挨拶

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長 荒川勝也
18:25~19:30 懇親会