日々活用領域が広まっているIoTですが、IoTにも「決済」「監視」「防犯・モニタリング」など、データの欠落が許されない領域があります。では、こうした領域に導入すべきIoTのシステム/プラットフォームはどのように選定すべきでしょうか。
本セミナーでは、こうしたデータ欠落が許されない用途に向けて、「データを確実に受取り、確実に処理する」プラットフォームをご紹介いたします。

プログラム

15:30~15:35 (5分) 開会ご挨拶
15:35~16:05 (30分) ユースケースに学ぶ
ミッションクリティカルIoTを支える情報収集基盤

ミッションクリティカルIoTでは、取集データをサーバへ確実に届けることが何より重要です。実際のユースケース等を通じて、取集データをサーバへ確実に届けるためのソリューションをご紹介いたします。
株式会社セゾン情報システムズHULFT事業部 事業開発部 IoT事業開発グループ
蒲原 和敏 氏
16:05~16:35 (30分) ミッションクリティカルIoT基盤を支える高可用性システム
IoT基盤で収集したデータを分析に活かすためには、欠損のない正確なデータ取得が欠かせません。シンプルなソリューションで高可用性を実現することで情報収集基盤を支える、
everRun製品をご紹介いたします。
日本ストラタステクノロジー株式会社 営業本部 プリセールス技術部 課長代理
高澤 雅史 氏
16:35~16:45 (10分) ソリューション関連情報

SCSK株式会社
16:45~17:00 (15分) 質疑応答