どの企業のどんな立場の方でも参考になる、働き方改革の取り組み事例
・ジャパネットたかた、残業時間削減でも増収増益を続ける理由
・マイクロソフトの試行錯誤の取り組み、ぶつかる壁をどう乗り越えたのか?

編集部には、日々、読者の皆さんから働き方改革の課題、問題点が寄せられる一方で、働き方改革がうまくいっているとされる企業を取材することもあります。二者の大きな違いは、「働く人のパフォーマンス発揮」に焦点をあてているか否かです。
形だけのノー残業デーではなく、業務効率を高める具体的な施策がなされているか――人を核とし、原動力とする組織には、それぞれの課題に即した工夫が施されています。

本セミナーでは、ジャパネットホールディングス、日本マイクロソフトの取り組みをもとに、働く人、組織が、今よりもパフォーマンスを発揮するにはどうすればよいか探ります。

もしも今、自社の働き方改革に疑問を感じている方がいらっしゃれば、改善のヒントとなるはずです。


このような疑問、課題をお持ちではありませんか?


 ● 自社で進めている働き方改革に疑問がある
 ● ノー残業デーは導入されているものの、パフォーマンスが低下している…
 ● そもそも働き方改革がはじまっていない、何から始めるべきかが分からない

参加者の声(2018年7月の名古屋開催、9月の大阪開催)


 ● 現場の声がよくわかり参考になった
 ● 働き方改革に取り組んでいる真っ最中なので、大いに参考になった
 ● 組織作りの参考になるものを多く聞けました
 ● (講演者の)経験と成功体験に基づいた変革と、組織運営力は大変参考になった。
 ● 取り組みは始まったばかりだが、間違った方向に進んでいないと再確認できた

Guest Speaker

【基調講演】
株式会社ジャパネットホールディングス
執行役員
井上 章 氏
【特別講演】
日本マイクロソフト株式会社
Microsoft 365 ビジネス本部 製品マーケティング部
プロダクトマーケティングマネージャー 働き方改革推進担当
山本 築 氏

2018年より働き方改革推進担当に着任。製造・金融・運輸・食品・ITなど異業種の若手が集結し、発足した働き方改革推進コミュニティ「Millennial Innovation for
the Next Diverse Society
(略称:MINDS)」でリーダーを務める。

【セッション】
株式会社HDE
西日本営業部
十川 朋也 氏

対象者

経営、経営企画、情報システムの運用・方針策定をする立場の方
情報システム部門の企画担当者、運用管理者、 SIerなど

※ 協賛社の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

基調講演
15:00~15:50
ジャパネットグループにおける生産性向上と働き方改革

世の中で注目されている生産性向上と働き方改革は、販売戦略、社内制度、社内環境、それぞれがつながって初めて本当の意味で行えるものだと考えています。
ジャパネットグループの考え方、取り組みを具体的にご紹介します。

井上 章 氏
株式会社ジャパネットホールディングス
執行役員

セッション
15:50~16:30
クラウド活用による働き方改革
~落とし穴にならないセキュリティ対策とは~


働き方改革が叫ばれる中、企業でのクラウドサービスの利用が増加しています。いつでもどこでも企業のデータにアクセスできるようになりましたが、一方でこれまでに無かったセキュリティの課題が企業の情報システム部門を悩ませています。クラウドセキュリティの領域で、
4,500社、370万ユーザーへの導入実績がある「HDE One」をご紹介します。

十川 朋也 氏
株式会社HDE
西日本営業部

休憩
16:30~16:40
 
特別講演
16:40~17:30
日本マイクロソフトに学ぶ、
壁にぶつかった企業が、もう一度這い上がる方法


働き方改革、ひいてはIT活用において先進的な企業の筆頭に思える日本マイクロソフト。しかし、数年前まで、WindowsとOfficeといった従来の成功体験からいかに脱するかという壁にぶち当たっていました。社員数はそのままに、一人当たりのパフォーマンスを上げるため、本格的な改革が始まりました。

目の前の「営業オポチュニティ重視」の姿勢から、少し遠回りにも思える「顧客価値創出」へのマインドの転換は、仕事をより本質に導き、結果的に一人当たりの売上を20%以上向上させることにつながりました。また、活躍している社員の行動を詳細にデータ分析すると、ある共通点が見えてきました。それは、どの企業のどんな立場の方でも参考にできるものでした。

本セッションでは、日本マイクロソフトの試行錯誤を通して、働く人、組織が、今よりもパフォーマンスを発揮するにはどうすればよいか探ります。

山本 築 氏
日本マイクロソフト株式会社
Microsoft 365 ビジネス本部
製品マーケティング部
プロダクトマーケティングマネージャー
働き方改革推進担当

※登壇者、タイムテーブル、セッション内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


主催



ITmedia エンタープライズ



協賛



株式会社HDE