本セミナーでは、基調講演として、元日本バレーボール協会 ハイパフォーマンス戦略担当、現日本スポーツアナリスト協会 代表理事 渡辺 啓太 氏を基調講演にお招きし、スポーツ界を例にIT技術によるデータの収集と分析、活用の重要性とデータ管理についてのお話と、その一方で、マイナス面として発生する、収集したデータのセキュリティに対してもリスク対策を講じていくことも非常に重要で有ることを実例を交え講演頂きます。また、セキュリティインシデントが発生した場合に企業として、如何にして関連企業等に対して説明責任を果たすべきかについても第2セッションで講演致します。

プログラム

14:00~15:00(60分) 『スポーツ界におけるデータの戦略的活用と
セキュリティについて』

スポーツ界において、データや数値を分析する「スポーツアナリスト」が注目を集めています。従来は直感的に策定されていた選手の強化育成計画等を、データを収集・分析によって客観的に選手・監督、フロントに提示し、より効果的な、強化、育成、課題の洗い出しなどが行われるようになってきています。本講演では、スポーツ界で実際に起こった情報漏洩事象なども織り交ぜながら、スポーツ界でのIT技術の活用とデータ分析、その活用についてお話させていただきます。
日本スポーツアナリスト協会
代表理事 渡辺 啓太 氏
15:15~15:50(35分) 『データセキュリティの重要性と経営者が行うべきこと』
セキュリティ対策の目的はなんですか?我々は、お客様の「企業価値」を高め・守ることだと考えています。でも、何を、どう、どこまですればいいのか?すでに、セキュリティの脅威を100%防ぐことは不可能であることを前提に、被害にあった場合に、企業として説明責任を果たすためにどうすべきか「基準」となる、サイバーセキュリティ経営ガイドラインに沿って実例を交えて説明させていただきます。
ディーアイエスソリューション株式会社
第2事業部 パートナーソリューション2課 係長 藤重 雄喜
15:50~16:25(35分) 『マルチクラウド時代のセキュリティ対策ソリューション』
マルチクラウド活用時代を迎えた現在、データセキュリティの課題が増え対策が難しくなってきています。戦略的にデータを活用するためには、柔軟かつ安全なクラウドネットワーク環境が必要です。どのようにセキュリティ対策していったらよいのか?その方法について、ソリューションのご紹介を含めて具体的にご説明させていただきます。
シスコシステムズ合同会社
サイバーセキュリティ スペシャリスト 中島 章二 氏
16:25~17:00(35分) 個別相談会