迫り来るWindows Server 2008サポート終了! サポート切れ対策の最新情報をお伝えします!

いよいよ2020年1月14日に迫ったWindows Server 2008/R2の延長サポート終了。 本セミナーは、移行を検討されているお客様に向けて対策の最新情報とベストプラクティスを発信すると共に、経営や情報システム統括・運用に携わる皆様を支援させて頂くことを目的としています。

プログラム

14:30~15:00 開場・受付
15:00~15:30 サポート切れに備えよう!
Windows Server 2008 / SQL Server 2008 EOS対策の最新情報

多くのお客様にご利用いただいているマイクロソフト製品のサポート終了(End of Support)が迫っています。サポートの終了した製品を使い続けることはセキュリティリスクとなり、コンプライアンス準拠などビジネス上の問題にもなりえます。本セミナーでは、今後1年~1年半後にEOSを迎える“Windows Server 2008”、“SQL Server 2008”を対象に、最新プラットフォームへの移行を視野に入れ、マイクロソフトの考えるEOS対策手法をご紹介します。
日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 パートナー技術統括本部
ビジネス戦略技術本部 パートナーテクノロジーストラテジスト
澤田 慶子
15:30~16:10 Windows Server 2019導入時の注意点と最適プラットフォーム
次世代型ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の選び方

Windows Server 2019はWindows Server 2008と比べて最大論理プロセッサー数、最大物理メモリー数はそれぞれ42倍と24倍となり、より集約統合型のインフラが必要とされます。更にIT管理費用の削減、増加するデータ量への対応、サイバー攻撃対策、事業継続(BCP)対策も大きな課題です。HCI製品Simplivityは、圧倒的な可用性とデータ削減性能、高速バックアップ機能で運用のシンプル化と大幅なコスト削減を実現します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社
ストレージテクノロジーエバンジェリスト
井上 陽治
16:10~16:40 具体的なハイブリッド環境の弊社事例のご紹介
パブリッククラウドの有効な活用、最適なプライベートクラウドの在り方が現在問われています。実現する具体的な環境として、移行先のオンプレミス基盤にHCIを導入しテレワーク環境を構築したお客様、サポート終了までのスケジュールを鑑み短期間でHCIとAzureへの移行を実現しTCO削減を実現したお客様等、課題解決を実現した中堅企業の導入事例を特別公開します。
ディーアイエスソリューション株式会社
第1事業部 パートナーソリューション1課
柴山 裕之
16:40~17:00 ご相談会

※プログラムは予告なく変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。