~「AIを使って何かやれ」に、応えるアプローチが分かる~

デジタルトランスフォーメーションを背景に、「ニーズに応えるスピード」がビジネスの差別化要素となっています。しかし、日本は空前の人手不足。働き方改革も課題となる一方で、大量の業務に追われ、ビジネスのスピードアップどころか残業削減もままならない現実があります。

こうした中、企業の注目を集めているのが「AIを使った業務効率化」です。サポート・問い合わせ対応などを自動化できる、コスト削減と従業員の負荷軽減を両立できるなど、そのメリットはさまざま。しかし読者アンケートでは、約7割の企業が「導入済み・導入を検討中」としながら、うち約半数がAI活用に必要な「人材・スキル不足」が課題と回答。では一体どうすれば、AIを成果につなげられるのでしょうか?――本セミナーではAI活用の成功企業をゲストに招き、「適用の勘所」を紹介。「AI×業務効率化」の秘訣を伝授します。

このセミナーで分かること

・「AIを使って何かやれ」の「何か」を着想する方法
・AI活用プロジェクトの具体的な進め方
・AI×チャットボット活用、もっともとっつきやすい始め方
・AIの「成果」をどう測るか、どう経営層に伝えるか

Guest Speakers


【基調講演】
株式会社大京
グループ情報システム部
川口 宏和 氏

【特別講演】
サッポログループマネジメント株式会社
改革推進部 BPR推進室
河本 英則 氏

対象者

経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、 SIerおよび企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者など

※協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申込みはお断りすることがございます。
※お申込み多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

受付12:30~13:00
開会挨拶13:00~13:10

アイティメディア株式会社
ITmedia エンタープライズ 編集長

基調講演13:10~14:00
全従業員5,600人の生産性をどう高めるか?
使って分かった
「AI活用、3つのポイント」と「思わぬ成果」

グループ全従業員5,600人のビジネスを支える大京 グループ情報システム部。少子高齢化を背景に、いかに限られた人数でビジネスを支えるか、収益・ブランド向上に寄与するかをミッションに、日々テクノロジーの側面から大京を支え続けています。そうした中、「AIで成果を」という経営からの要求に、情報システム部は一体どう応えたのでしょうか?

手探り状態でゼロから始めたプロジェクト。その中で分かったAIの本質とは? 活用のポイントとは? そして当初は想像だにしなかった“思わぬ成果”とは? 「AIを過信すると痛い目に遭う。だがユーザー視点を持ち正しく活用できれば、非常に大きな可能性が開ける」――経験の中でつかんだ“攻めの情シス”にもつながる「AI活用の鉄則」を、分かりやすくお話しいただきます。

株式会社大京
グループ情報システム部
川口 宏和 氏

セッション114:00~14:40
コミュニケーションが資産に変わる〜最新事例から見る、AIチャットボットと共に働く未来〜

導入費用や運用負荷を理由にAIの採用に踏み切れない企業が多い中、AIのビジネス活用においてチャットボットの注目度が急速に高まっています。ビジネスの現場ではチャットボットに何が求められ、どのような業務で活用されて成果が出ているのか、法人向けAIチャットボットサービス「hitTO」を提供し、国内最大規模のAIチャットボットの導入実績を誇るジェナが、最新の事例やAIチャットボットが担う未来をご紹介します。

株式会社ジェナ
代表取締役
手塚 康夫 氏

休憩14:40~14:50
セッション214:50~15:30
AIによる顧客接点改革/働き方改革/グローバルビジネス支援

コンタクトセンターや社内サポート受付部門は、顧客接点の望むチャネルとタイミングでアクセスができる、AI の活用など、新たな姿に変容しつつあります。本講演ではNTTComのAIサービスをご紹介するとともに、AIチャットボットによる、顧客接点改革や働き方改革のユースケースを中心にご紹介いたします。

NTTコミュニケーションズ株式会社
アプリケーション&コンテンツサービス部アプリケーションプラットフォーム部門
担当部長
飯嶋 浩史 氏

セッション315:30~16:10
AIの活用と言うけれど、業務にどう使えばいいの?

AIは、業務の高度化や効率化に本当に役に立つのか?NECが目指す企業でのAI活用とは?最先端AI技術群「NEC the WISE」を活用したAIチャットボットなどのユースケースを含めて、ご紹介します。

日本電気株式会社
AIプラットフォーム事業部
シニアエキスパート
高橋 勝彦 氏

コーヒーブレイク16:10~16:20
セッション416:20~17:00
AIを活用した最新の要約技術が実現する!業務効率化と“顧客の声”活用

音声認識技術のコモディティ化が進み、コールセンターなどの顧客接点では導入が進みつつあります。当セッションでは、AI要約サービス「QuickSummary」が実現するニュースや文献のダイジェスト抽出、会議議事録作成や、音声認識結果のテキストが新たな価値を生み出す対話要約サービスと共に、AIチャットボットなど最新のAIソリューションについてご紹介します。

株式会社エーアイスクエア
営業部
部長
岩崎 圭介 氏

特別講演17:00~17:50
サッポログループにおける社内問合せ業務の改革
~推進担当者の生の声を伝えます
         

サッポロホールディングスは、グループ全体の業務効率化を推進するためにAIを活用した働き方改革に着手しています。2017年4月に行った実証実験では、問合せ業務の45%効率化を実現し、回答検索時間は80%以上削減に成功しました。現在は主要事業のビール社に展開が進んでます。今回は社内問合せ業務にAIを活用しようと思い至った背景から具体的な導入内容、運用の確立方法等、活用の秘訣を担当者の生の声でお話しします。

サッポログループマネジメント株式会社
改革推進部 BPR推進室
マネージャー
河本 英則 氏

※ 講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。
※ タイムテーブルは、予告なく変更させていただく場合がございます。