ドイツが進める産業革新プロジェクト「インダストリー4.0」。その進捗確認の場として位置付けられているのが、毎年ドイツのハノーバーで4月に開催されている「ハノーバーメッセ」である。今や世界の主要企業が集い、その技術や先進性を示す場となったハノーバーメッセは、産業用IoTの1年の傾向を示す場となっている。その中で2019年はどういう新たな動きが生まれたのだろうか。現地を視察した識者により、いち早くその最新動向と、傾向をお伝えする報告会を開催する。

Guest Speakers

対象者

製造業の企業経営層、経営企画部門、工場長、生産技術部門長、生産技術部門、製造現場での IoT 導入や変革プロジェクトに関わる企画担当やエンジニアなど

※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。
※タイムテーブルは、予告なく変更させていただく場合がございます。