DXトレンドが進展し、ビジネス展開の「スピード」が最大の差別化要素となっています。その一つのカギとなるのが業務の機動性・柔軟性をアップさせるクライアント環境の変革です。

特に「働き方改革」でも指摘される「いつでも、どこでも、仕事ができる」環境を築く上では、「重いワークロードでも常に安定したパフォーマンスを発揮する」「安全にコミュニケーションが図れる」クライアント環境を整備することが不可欠。もちろんデバイス、OS、アプリケーションは「常に最新の状態」にしておく必要があります。

しかし言うは易く行うは難し。「いつでもどこでも安全・円滑に仕事ができる」環境を支えるためには、OSアップデートをはじめ、運用管理に膨大な工数・コストがかかります。では予算・コストが厳しく制限されている中で、一体どうすればDX時代を勝ち抜けるクライアント環境を整備できるのでしょうか?――“持たずに任せる”という新たなアプローチ、「DaaS(Deviceas a Service)」を軸に、これからのクライアント運用と、さらには情シスがビジネスに寄与するためのポイントを考えます。

Guest Speakers

【基調講演】
株式会社MM総研
中村 成希 氏

【セッション1】
インテル株式会社
澤山 徳博 氏

【セッション2】
横河レンタ・リース株式会社
松尾 太輔 氏

【セッション3】
横河レンタ・リース株式会社
山神 寛之 氏

【セッション4】
株式会社サードウェーブレンタル
西川 典孝 氏

対象者

従業員数100名以上のITシステム関連職中心

※競合企業にお勤めの方、個人の方、SIerのお申込みはお断りすることがございます。
※お申込み多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください

※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。
※タイムテーブルは、予告なく変更させていただく場合がございます。