クラウドの浸透に伴い、「市場が縮小していくのではないか」といわれてきた物理サーバ。コモディティ化も進み、「物理サーバはどれも同じ」と考える向きも多いのが現実です。しかし、クラウドも根底で支えているのは物理サーバに他なりません。ハイブリッドクラウドも、オンプレミスに堅牢なインフラがあることが不可欠です。すなわち、クラウド全盛時代の今、「物理サーバの品質」があらためて問い直されているのです――。

こうした考えに基づき、@IT編集部が潜入リポートしたNECプラットフォームズ株式会社 甲府事業所。「高品質」を支える生産体制を伝えた記事は大きな反響を集め、ハードウェアの重要性が深く認識されていることがうかがえました。そこで今回、サーバ工場見学バスツアー in NECプラットフォームズ甲府事業所の敢行を決定。本当に「物理サーバはどれも同じ」なのか、「Express5800シリーズ」の製造ラインを見て、触って、その目で実際に確かめてみませんか? サーバ工場見学バスツアー in NECプラットフォームズ甲府事業所、いよいよ出発です。

このバスツアーで分かること

●物理サーバ、「品質」の見極め基準
●ミッションクリティカルシステムを支えるサーバの絶対要件
●主体的にサーバを選定するためのポイント
●NECサーバの独自性、他ベンダー製品との違い
●若手エンジニアが知っておきたいハードウェアの基礎知識

ツアースケジュール

8:30
集合(新宿)
8:40~10:40 移動
10:40~12:40
工場見学
12:40~13:00 移動
13:00~14:00
ランチ(ホテル春日居)
14:00~15:30
パネルディスカッション
15:30~17:30 移動
17:30
解散(新宿)

※ ツアースケジュールは予告なく変更させていただく場合がございます。
※ 主催社の競合企業にお勤めの方、学生や個人の方の申し込みはお断りさせていただくことがございます。
※ お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
※ ツアー開催の最少催行人数に達しなかった場合には中止となる可能性がございます。