満席のため受付を終了いたしました

※セミナー終了後、講演内容をWebinarにて公開いたします。

 
業務改善の一環として現場業務へのRPA導入が進んでいます。しかし、業務の効率化ばかりに目が行ってしまい、導入後の運用管理をどうするのかをおざなりにしてしまうと期待した効果が得られません。例えば、エラーで停止したロボットのメンテナンスに追われてしまったり、野良ロボットを含めたRPA全体の統制が取れなくなってしまったりして、かえって人手やコストが増えるザンネンな結果に終わりかねません。

真の意味での業務自動化を実現にはどうしたらいいでしょうか。どのような組織体制で臨めばいいでしょうか。本セミナーは、主要なRPAベンダーをお招きして、RPAの「運用フェーズ」に焦点を当て、業務プロセスの自動化やその先にある自律化を成功させるためのヒントを提供します。

Guest Speakers

一般社団法人日本RPA協会 理事 キューアンドエーワークス株式会社 社長 池邉 竜一 氏

ディップ株式会社 執行役員 次世代事業準備室 室長/dip AI.Lab 室長 進藤 圭 氏

対象者

経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者、SIerなど
※ 協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

13:30~13:40
開会挨拶
開会挨拶

13:40~14:30
基調講演
「デジタルレイバー」が部下になった日、あなたの会社はどう変わるか

働き方改革の成功にむけたIT活用が進み、企業はムリ、ムダ、ムラを排除しながら業務効率化を目指している。RPA導入は人手不足の解消だけでなく、従業員が人間らしい働き方を取り戻すきっかけともなり得る。『デジタルレイバーが部下になる日』の著者が、ロボットとの協働の形を語る。

一般社団法人日本RPA協会 理事
キューアンドエーワークス株式会社 社長
池邉 竜一 氏

14:30~15:30
パネルディスカッション
パネルディスカッション
RPAベンダー5社が語る 全社横断でRPAを成功させるツボ

主要なRPAベンダーのキーパーソンが一堂に会し、「ユーザーがRPA導入後に直面する課題とは?」「RPA導入を成功に導くための組織体制とは?」「自動化、自律化に向けて、RPAの運用面で大事なポイントは?」などをテーマに、RPAを全社横断で成功させるために必要なことを議論します。

<パネリスト>
RPAテクノロジーズ株式会社
カスタマーサクセス部 部長
藤田 守 氏

NTTアドバンステクノロジ株式会社
AIロボティクス事業本部
ロボティクスソリューションビジネスユニット 担当部長
山本 顕範 氏

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
ストラテジックパートナーシップ担当ディレクター
内田 隆平 氏

Blue Prism株式会社
エバンジェリスト
市川 義規 氏

UiPath株式会社
ビジネスコンサルティング室
室長
江澤 真吾 氏

<モデレーター>
ITmedia エンタープライズ編集部

15:30~15:40 ~休憩~
15:40~16:20
セッション
RPA導入をさらに成功へ導くための運用レベルアップのススメ

RPAの本格導入を進める上で、課題になっている運用の煩雑さを解決し、導入効果を最大化するためのRPA運用効率化のポイントをご紹介します。

株式会社 日立製作所
アプリケーションクラウドサービス事業部 運用マネジメント本部 システム管理ソフト設計部 部長
堀江 亨 氏

16:20~17:10
特別講演
教えて! RPAしくじり先生「RPA導入後の落とし穴に気を付けて」

「RPAのしくじりはほとんど人の問題」「ROIの高い順に業務を選んではいけない」「経営陣は成果を待てない」。進藤氏は、自らの経験を踏まえて「RPAしくじり先生」と名乗る。失敗克服のためのノートには何が書いてあるのか。

ディップ株式会社
執行役員 次世代事業準備室 室長/dip AI.Lab 室長
進藤 圭 氏

※ 登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※ 協賛社の競合企業にお勤めの方の申し込みはお断りさせていただくことがございます。
※ お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。