2025年の崖はもう間近
レガシーインフラをハイブリッド/マルチクラウド化する5つの現実解

Web、モバイルが重要な顧客接点となり、あらゆるビジネスがデジタル化される中、経営環境変化に応える「スピード」が、ビジネス最大の差別化要素となっています。これに伴い、ビジネスを支えるITインフラにも、環境変化に即応できる「新しい仕組み」への変革が求められています。

しかし現実は、半ば場当たり的に拡張を続け、複雑化・大規模化した仮想環境の運用管理に手を焼いている企業が大半です。メインフレームやUnixサーバ時代からのレガシーシステムの維持・運用も含め、変革には高いハードルが存在しています。では、自社が長年立脚してきた既存システム/既存業務をいきなり変えることも止めることもできない中で、いったいどうすれば「新しい仕組み」など実現できるのでしょうか?

本セミナーでは、経産省のDXリポート「2025年の崖」問題も踏まえ、硬直化したレガシーインフラを、変化に強いハイブリッド/マルチクラウドインフラに変革するためのロードマップを伝授。コスト、スキル、リソースに制約がある中でも実践できる5つの現実解を紹介します。

Guest Speakers

経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 企画官 和泉 憲明 氏

株式会社大創産業 情報システム部 システム開発1課 課長 丸本 健二郎 氏

前田建設工業株式会社 ICI総合センター AI・IoT研究センター長 兼 情報システム総合センター 情報戦略・システム企画グループ長 髙橋 哲郎 氏

対象者

経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者、SIer など