経産省が2018年9月に発表した「DXレポート」。レガシーを刷新しなければもはや企業は生き残れないとした「2025年の崖問題」は企業の注目を集め、レガシー刷新の主軸となるクラウド移行に多くの企業が関心を寄せています。しかし無計画なクラウド移行は、かえってコスト増、運用管理負荷増大など、様々な運用課題を招いてしまいます。事実、これほどクラウド活用が一般的になりながらも「クラウドは高い」「運用が複雑化した」といった声が多くの企業からあがっています。

では、なぜ様々なソリューションが登場し、クラウド移行のハードルがこれほど下がったといわれていながら、クラウドのメリットを引き出せないケースが多いのでしょうか?

本セミナーでは、オンプレミス側の変革をキーワードに、成果の出るクラウド移行の方法を伝授。ユーザー企業をゲストに招き、リアルな観点から失敗しないハイブリッドクラウドの作り方を解き明かします。

★ご来場特典★ 来場いただいた方全員に[Amazonギフト券1000円分]プレゼント

勉強会のみどころ

・レガシー刷新の主軸となるクラウド移行、メリットを引き出す活用ポイントを解説
・クラウド移行をビジネス展開につなげるために必要な「技術、組織、人」
・無計画なクラウド移行に潜む落とし穴とは?

Guest Speakers

株式会社ゼンリンデータコム 技術本部 技術統括部 副部長 渡邊 大祐 氏

対象者

ユーザー企業・団体の経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者など
※ IT関連企業、協賛社の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みは、お断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

14:00~14:05
開会挨拶
開会挨拶

@IT編集部

14:05~14:50
基調講演
仮想サーバ1800台をフルクラウド化――既存システムのクラウド移行に求められる技術、組織、人

既存システムのモダナイゼーションの手段として、多くの企業が注目しているクラウド移行。近年は「そのまま移行できる」とするサービスも複数登場し、クラウド移行の技術的ハードルは確実に下がっているが、ITインフラを「ビジネス差別化の原動力」とするためには組織の在り方、人の役割も含めてトランスフォームすることが欠かせない。では仮想サーバ1800台のフルクラウド化を目指すゼンリンデータコムの場合、移行プロジェクトの裏側でどのような課題が生じ、どのように解決してきたのか?――「クラウド移行の現実」を、今あえて、赤裸々にお伝えします。

株式会社ゼンリンデータコム
技術本部 技術統括部 副部長
渡邊 大祐 氏

14:50~15:35
セッション
VMware Cloud on AWSによるクラウド活用促進

クラウドサービスを活用して業務システムを実現している企業が増えています。業務システムの企画/維持に係わっており、今後、クラウドサービスも活用して、業務システム実現することにお悩みをお持ちの方を対象に、オンプレ/クラウドサービスをハイブリッドで使いこなす「活用支援ソリューション」をご紹介します。

日本電気株式会社
サービス&プラットフォームSI事業部 マネージャー
小西 頼彦 氏

15:35~15:45 ~休憩~
15:45~16:45
パネルディスカッション
「2025年の崖」をどう乗り越えるか?
技術だけでは実現できないレガシー刷新、「現実的なアプローチ」とは?

レガシー刷新の主軸となる手段、ハイブリッドクラウド。特に既存資産を持つ企業にとって、現時点でもっとも合理的なアプローチとされています。

しかし、その利点を享受するためには、移行の在り方に配慮しなければなりません。クラウドライクなオンプレも不可欠です。さらには運用プロセスが変わることによる組織や人の問題も。では一体どうすれば? 技術、人、組織の観点から、崖を乗り越える方法を考えます。

<パネリスト>
株式会社ゼンリンデータコム
技術本部 技術統括部 副部長
渡邊 大祐 氏

日本電気株式会社
サービスプラットフォーム事業部
クラウドプラットフォームサービス部 エキスパート

堀口 智也 氏

日本電気株式会社
サービス&プラットフォームSI事業部 プラットフォームSI部
マネージャー

小西 頼彦 氏

Dell EMC
モダンデータセンター事業本部システム本部
シニアシステムズエンジニア/HCIスペシャリスト

高橋 岳 氏

VMware
ソリューションビジネス本部 クラウド技術統括部 統括部長
小林 政明 氏

<モデレーター>
@IT編集部


※終了時間が変更となりました。【変更前 16:30 ⇒ 変更後 16:45】
 開始時間に変更はございません。(変更日:10月3日)

※ 登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。予めご了承ください。