景気底打ちへの期待が高まっているとはいえ、まだまだ先行きが不透明であることに変わりはありません。日本企業は、徹底的に無駄を省いて耐えてきた中、景気の底をようやく確認できるところまできましたが、デフレ傾向は今後も続くとみられています。日々噴出するビジネス課題に素早く対処するのはもちろんですが、真の課題を見極め、取り組むことが企業の経営者に求められています。

商品が売れない、在庫が積み上がる、という問題も現象に過ぎません。多くの企業では、ERPのような情報システムのおかけで、さまざまな数値を把握できるようになりましたが、それらから何を気づき、何が真の問題かまでは教えてくれません。解くべき問題を間違えれば、いくら優れた答えを出したところでビジネスには役立たないでしょう。

第12回 ITmedia エグゼクティブセミナーでは、経営者に最も求められるのは、問題を解くことではなく、解くべき問題の定義 =「論点抽出」だとする元ボストンコンサルティンググループ代表の内田和成 早稲田大学商学学術院教授をお招きし、論点思考の重要性についてお話しいただきます。また、「鮮度」を重要指標とし、経営の高度化を実践するカルビー株式会社の中田康雄相談役に特別講演いただきます。

開催概要

タイトル 第12回 ITmedia エグゼクティブセミナー
経営の高度化シリーズ第2弾:「今リーダーに求められる“論点”思考」
日時 2010年2月19日(金) 13:50~18:00 (受付 13:30~)
会場 ベルサール八重洲 2階 B+C >>地図
東京メトロ東西線・銀座線・浅草線 「日本橋駅」 A7出口直結
JR各線・東京メトロ丸ノ内線 「東京駅」 八重洲北口 徒歩3分
定員 130名
※お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
対象 ITmedia エグゼクティブ会員 ほか
参加費 無料
主催 アイティメディア株式会社 ITmedia エグゼクティブ編集部
協賛 日本アイ・ビー・エム株式会社
JFEシステムズ株式会社
マイクロソフト株式会社
(五十音順)
協力 エグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(早稲田大学IT戦略研究所)経営情報学会
満員御礼
お申し込みを終了させていただきました

プログラム

13:30~ 受付
13:50

14:00

開会の挨拶

ITmedia エグゼクティブ編集長
浅井 英二
14:00

14:50

基調講演

『論点思考のススメ
 ── 今リーダーに求められるのは論点抽出力』


ベストセラー「仮説思考」で知られる内田和成教授が、今こそ経営者やマネジャーに求められる能力・技術として挙げるのが「論点思考」です。成果を出すには「正しい答え」よりも「正しい問い」が重要だからです。内田氏がボストンコンサルティンググループで実践されている、解くべき問題の定義=「論点抽出」の技術とその重要性についてお話しします。

講演者:
早稲田大学 大学院商学研究科
早稲田大学ビジネススクール 教授
内田 和成 氏

東京大学工学部卒、慶応義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空を経て、1985年、ボストンコンサルティンググループ入社。2000年6月から04年12月まで日本代表。06年4月、早稲田大学商学学術院教授就任。専門は競争戦略とリーダーシップ。
『異業種競争戦略』(日本経済新聞出版社)『スパークする思考』(角川書店)『仮説思考』(東洋経済新報社)など著書多数。
14:50

15:30

セッション1

『「組織の思考能力」を強化する BI マネジメント システム』

急激な経営環境の変化に対応するためには、現場を含む組織全体での意思決定力が重要です。ビジネス インテリジェンス(BI)は個人の意思決定を支援するITとして進化してきましたが、十分に使いこなしている企業は決して多くはありません。本セッションでは、組織全体の思考能力向上により、あらゆる情報資産をレバレッジし企業価値向上を果たす、BIを中心としたマネジメント システムのあり方をご説明します。

講演者:
マイクロソフト株式会社
インフォメーションワーカービジネス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャ
米野 宏明 氏
15:30

15:40
休憩
15:40

16:20

セッション2

『これまでのBI vs これからのBI』

企業にERPやBIが導入され始めてから、約10年が経過しました。2010年を迎え、市況は当時と比べて大きく変化し、BI活用もまた大きな転換期を迎えております。本セッションは、150社以上のBI導入実績を有するJFEシステムズが、実際のお客様導入の声より、BIの具体的活用事例や今後の展望についてご紹介します。

講演者:
JFEシステムズ株式会社
SIソリューション事業部 ERP事業推進部 営業グループ 主席課長
吉田 真生 氏
16:20

17:00

セッション3

『予測型経営を実現する、New intelligenceのご紹介』

現在のような不透明な市場環境下で、業績を常に維持し健全な経営を行うには、予測型の経営にシフトする事が重要です。今回のセミナーでは、IBMが提唱するNew intelligenceを活用したパフォーマンスマネジメントについてご紹介します。

講演者:
日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 インフォメーション・マネジメント事業部 FPMシニアセールスマネージャー
内田 辰己 氏
17:00

18:00

特別講演

『経営とITの融合
  ── IT活用の目的は経営戦略の実現(仮)』


ポテトチップスなどの原料となる生のジャガイモの輸入が、政府によって規制されていることはあまり知られていない。「国産」という限られた資源を基に事業を最大化するため、カルビーが重視したのは「鮮度」だった。この鮮度を経営戦略の柱とする同社は、その実現のため、ITをフル活用している。

講演者:
カルビー株式会社 相談役
中田 康雄 氏
※講演タイトルや講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
満員御礼
お申し込みを終了させていただきました

【お問い合わせ先】
アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
Mail:event@ml.itmedia.co.jp  Tel:03-6824-9376

 
主催
協賛
協力