セミナーへのご来場者さま全員に、
Amazonギフト券500円分をプレゼント

提供形態がas a Serviceに変わり、常に最新のサービス、最新のセキュリティ機能を利用できるようになったWindows 10。マルチデバイス対応、仮想デスクトップなど、ビジネスの機動性を向上させる数々のメリットは、DX(デジタルトランスフォーメーション)や働き方改革のトレンドを背景に、多くの企業に支持されています。しかしWindows 10がWaaSであるが故の留意点もあるのはご存知の通り。

移行済みの企業にとっては、PCの賞味期限切れ問題や、ドライバ/ソフトウェアの互換性問題など、“アップデートされ続ける”が故に「クライアント管理の在り方そのもの」を変えなければなりません。まだ移行できていない企業にとっては、デバイスやアプリの互換性確認などはもちろん、デバイスに負荷がかかることを前提にした機器選定・導入が不可欠です。しかもWindows 7サポート終了は2020年1月ともう間近――

DX、働き方改革の潮流が高まる中、その武器となるはずのWindows 10がビジネスの阻害要因になるようでは本末転倒です。では時間も人手も予算も余裕がない中で、一体どうすればWindows 10本来のメリットを享受できるのでしょうか? 本セミナーではその現実的な回答を「DaaS:Device as a Service」に探ります。

Guest Speakers

株式会社MM総研 執行役員 研究部長 中村 成希 氏

インテル株式会社 パートナー事業本部第二営業本部 セールスマネージャ シニアセールスマネージャー 植野 利隆 氏

株式会社サードウェーブレンタル 代表取締役 社長 西川 典孝 氏

@IT編集長 内野 宏信

対象者

従業員数100名以上のITシステム関連職中心
※ 主催社の競合企業にお勤めの方、個人の方、SIerの方のお申し込みは、お断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。予めご了承ください。