「DX時代のビジネス展開、その仕組みとは何か」
~マイクロサービス、コンテナの生かし方と、不可欠な組織体制とは~

Web、モバイルアプリケーションが重要な顧客接点になり、ニーズに応える「スピード」がビジネス最大の差別化要素となっています。これに伴い、アプリケーションの開発・運用にも、アジャイルスタイルへの変革が強く求められています。先を予測できない今、ビジネスニーズの変化に俊敏に応え、いち早くリリースできる「仕組み」が求められているのです。

しかし現在は、ウォーターフォール型の開発スタイル、モノリシックなアプリケーションが主流。開発そのものも社外SIに外注するスタイルが一般的です。ビジネス要請に応じて機能変更/改善を加えるためには、多大な時間とコストを消費し、完成時にはすでにニーズとズレている、といった問題が多発しています。

では従来型のアプリケーション開発・運用スタイルを、“先が見えない今”に即した形に変革するには一体どうすれば良いのでしょうか?――本セミナーでは、環境変化に“安く、速く、うまく”対応できるアプリケーションへのモダナイゼーションステップを分かりやすく解説。ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発・運用スタイルを伝授します。

Guest Speakers

SOMPOホールディングス株式会社 西野 大介 氏

さくらインターネット株式会社 前佛 雅人 氏

    調整中      

対象者

経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者、SIer など