【大阪・福岡会場限定】ご来場の上、オンラインアンケートにご協力いただいた方全員に、もれなくAmazonギフト券1,000円分をプレゼント!

読者調査で顕在化する「DXのセキュリティリスク」
DXに不可欠なセキュリティ知識をアップデート

デジタルトランスフォーメーション(DX)は確実に進展し、2019年の読者調査では68%が実際に取り組んでいたり、計画を策定中だと答えている。しかし、お気づきのように、日本企業の多くはDXにおいて輝かしい成果を生んでいない。読者調査では、DXを妨げる課題として、コストやデジタル人材の不足に次ぎ、「個人情報の取り扱いやデータセキュリティ上のリスク」が顕在化している。

データだけではない。DXが本格化すれば、セキュリティ対策を施す対象もクラウド、モバイル、IoTなど多岐にわたり、セキュリティの定石も変化する。ゼロトラスト、CASB、EDRといったセキュリティトレンドを追い続け、正確に理解し、取り入れていくのにも相当な知見がいる。

さらに、サービス開発においても、セキュリティはライフサイクル全般に渡って担保されるべきものとなった。DXを目論む企業が新規プロダクトを開発するとき、また既存の開発プロセスをモダナイズするとき、「セキュリティ・バイ・デザイン」の実現が求められる。

本セミナーでは、DXに不可欠なセキュリティを具体的に提示。DXにおけるセキュリティ担当者の役割・マインドセット、そして強力な武器となるテクノロジー知識をアップデートする。

Guest Speakers

【東京】 コニカミノルタ株式会社 清水 照久 氏

【東京/大阪/福岡】 日清食品ホールディングス株式会社 喜多羅 滋夫 氏

【東京】 株式会社セブン銀行 安田 貴紀 氏

【東京】 株式会社セブン銀行 西井 健二朗 氏

【東京】 政府CIO補佐官 細川 義洋 氏

【東京】
国立情報学研究所
安藤 類央 氏

【東京】 (ISC)2 認定主任講師 淵上 真一 氏

【大阪/福岡】 SBテクノロジー株式会社 辻 伸弘 氏

対象者

経営者、経営企画の方、新規事業開発部署の方、デジタル推進に関する施策・検討・実施をする方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者、SIer など