メールを通じてやってくる脅威、その形は大きく変化しています。
しかし、あなたのメールセキュリティ対策の知識、そしてシステムは進化しているでしょうか?
@IT メールソリューション Live! では、運用の現場で頭を悩ませるメールシステムのトラブルを
未然に防ぎ、作業負荷やコストを大幅に減らすヒントをご紹介します。

見どころ.1
セキュリティを知りつくした男、上野氏が最新のメール攻撃&防衛事情を解説!

実際に起きたこんなメールによる脅威、あなたは防ぐ自信がありますか?
見どころ.2
ハッカーの祭典“Black Hat Japan”でも講演した村上氏の「濃厚」技術トーク!

あなたの会社だけを狙う攻撃は、もうパターンファイルじゃ間に合わない!

開催概要

タイトル @IT メールソリューション Live! in Tokyo
次に手に入れたい、新たな視点のソリューション
日時 2010年2月17日(水) 13:00~17:00 (受付 12:30~)
会場 秋葉原UDXカンファレンス >>地図
JR京浜東北線・山手線 「秋葉原駅」 電気街口 徒歩2分
東京メトロ銀座線 「末広町駅」 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 「秋葉原駅」 徒歩4分
つくばエクスプレス 「秋葉原駅」 徒歩3分
定員 200名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます
参加費 無料
主催 アイティメディア株式会社 @IT編集部
ゴールド
スポンサー
株式会社 CSK Winテクノロジ
シーティーシー・エスピー株式会社
センドメール株式会社
デジタルアーツ株式会社
ミラポイントジャパン株式会社
(五十音順)
シルバー
スポンサー
エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社
満員御礼
お申し込みを終了させていただきました

プログラム

12:30~ 受付
13:00

13:05

ご挨拶

 
13:05

13:55

基調講演

『1通のメールがあなたのマシンを乗っ取る』

あなたのメールアドレスを知ることは、それほど難しくありません。名刺に書いているでしょうし、名前やブログやTwitter、メッセンジャーなどの情報から想像できるかもしれません。そしてメールアドレスがあれば、攻撃者は社内のあなたのデスクトップに向けて弓を引くことができてしまうのです。本講演では、メールを使った攻撃やアカウントを乗っ取った事例などを挙げ、セキュリティ対策のポイントをご紹介します。いままで何気なく使っていたメールの設定や使い方が、明日から変わるかもしれません。

講演者:
株式会社トライコーダ 代表取締役
上野 宣 氏

国立奈良先端科学技術大学院大学・情報科学研究科・博士前期課程修了、山口英教授の下で情報セキュリティを専攻。その後、ベンチャー企業で創業メンバー、東証マザーズ上場などを経て、2006年6月に株式会社トライコーダを設立し、代表取締役に就任。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンター研究員、IPA主催セキュリティ&プログラミングキャンプ講師などを務める。
近著に「今夜わかるメールプロトコル」、「今夜わかるTCP/IP」、「今夜わかるHTTP」(共に翔泳社)がある。個人ブログは「うさぎ文学日記」。twitter IDはsen_u
13:55

14:35

セッション1

『セキュリティソフトの高速化や圧縮技術を、開発責任者が自ら語る』

WebフィルタリングソフトNo.1シェアのデジタルアーツが提供するコンテンツ/メールフィルタリングソフトの開発責任者が、如何にして新たなスパム判定の技術を開発したか、また電子メールアーカイブの高圧縮や処理の高速化を実現するために、どのようなチューニングを施したか等々、ソフトウェア開発の裏側をお話します。

講演者:
デジタルアーツ株式会社
開発部 取締役COO
高橋 則行 氏
14:35

14:40
休憩
14:40

15:20

セッション2

『構築、データ移行から運用まで
 包括的なメールシステムのコスト削減のご提案』


メールシステムには、パフォーマンスサイジング、ミドルウェア・ストレージ・バックアップの設計、セキュリティ対策、データ移行プランなど、構築から運用フェーズまで多くの検討項目が存在し、年々コストが増大する傾向にあります。そのような状況下、弊社からは10年来築いて参りました実績と共に、Mirapointのアプライアンスによる包括的なメールシステムによる「トータルコストの削減方法」と「お客様の構築事例」についてご紹介します。

講演者:
シーティーシー・エスピー株式会社
企画本部 営業推進部 推進2課
大沢 勇太 氏
15:20

15:35
休憩
15:35

16:15

セッション3

『人の優しさが身にしみる。。。誤送信防止の新たな手法を公開』

メール誤送信事故の原因は、悪意のない「うっかりミス」が大半を占めています。ヒューマンエラーの最たるものである「うっかりミス」を100%防止することはできませんが、リスクを低減することは可能です。本講演では、誤送信防止ソリューション PlayBackMailを用い、「システム化」と「人間の気付き」の相反する要素を相互に活用して誤送信事故を予防する手法をご紹介します。

講演者:
株式会社 CSK Winテクノロジ
製品開発部 チームリーダー
堀田 光洋 氏
16:15

16:20
休憩
16:20

17:00

特別講演

『あなたの企業だけが狙われる
 メールによる標的型攻撃の対策は可能か』


標的型攻撃では、従来のマス(多数)への攻撃に比べて対象が限られており、かつ修正プログラムが存在しないゼロデイ脆弱性が悪用されることがほとんどです。そのためシグネチャによる防御は見込めません。弊社ではこうした個別化された攻撃を日々解析し、シグネチャに依存しない純国産ウイルス対策ソフトの開発を行っています。本講演では、これら攻撃の実態解析を経て得られた知見を踏まえ、どのように標的型攻撃から身を守っていけばよいかお話します。

講演者:
フォティーンフォティ技術研究所
技術本部 先端技術研究部長
村上 純一 氏

あの人、あの技術に会いたい、ただそのために
(@IT記事)
「BitVisor、知っていますか?」 - FFR村上純一氏


セキュリティを形にする日本のエンジニアたち
(フォティーンフォティ技術研究所エンジニアによる連載)
※講演タイトルや講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
満員御礼
お申し込みを終了させていただきました

【お問い合わせ先】
アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
Mail:event@ml.itmedia.co.jp  Tel:03-6824-9376

 
あなたが知りたいのはどれ?
ゴールドスポンサー
シルバースポンサー
主催