DX時代を勝ち抜くために何から始めればいいのか?
ビジネスの俊敏性が成功に導く

 部門の壁を越えたスピーディーなコミュニケーションと情報共有により生産性を高める試みが加速しています。いわゆるデジタルテクノロジーが浸透する中、それらを駆使して新たな製品やサービス、そして価値を迅速に提供することで優位性を得る「デジタルトランスフォーメーション」(DX)を、どの企業も避けては通れないからです。一方で「何から始めるべきか分からない」「具体的な取り組みにつながらない」と戸惑う声も聞こえています。

 DXに取り組まない、あるいは取り組みの指針を欠いて場当たり的な施策をとってしまっては、企業力の優劣は拡大する一方となります。ではどのように進路を定めるべきでしょうか。DXはあくまでも進路・指針であり、目指す成果を得るための具体的な手法としてはクラウドや各種SaaSといったITサービスの利活用、「Fit to Standard」アプローチの導入などが考えられますが、道具ありきではなく、進路・指針の策定が大きなポイントになります。

 本セミナーではテクノロジーによる新たな価値を迅速にエンドユーザーへ提供するため、組織や企業文化の変化を伴うカイゼンへ果敢に取り組む企業のためのベストプラクティスを紹介します。

Guest Speakers

内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 政府CIO補佐官 満塩 尚史 氏

株式会社クラウドネイティブ 代表取締役 齊藤 愼仁 氏

京都大学 情報環境機構 IT企画室 室長・教授 永井 靖浩 氏

対象者

経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者、SIer など
※ お申込み多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。