近年、組み込み製品の高機能・多機能化によるシステム全体の複雑化や開発期間の 短期化が著しく進み、企業として品質を確保することが困難になりつつある。
 
しかし、品質への要求は待ってはくれない!

一般消費者が使用するような組み込み機器であればリコールなどあってはならないし、人命や社会に影響を及ぼす可能性がある組み込み機器であれば、不具合の1つも許されない。こうした厳しい環境に置かれているのが組み込み開発現場なのだ。

誰しも“仕様どおりの機能を短期間で開発し、テストをしっかりと行いたい”はずだ。 しかし、実際にプロジェクトが進行すると、さまざまな要求・要因が激流のごとく押し寄せて来る……。

このような状況でどのように品質を確保すればいいのだろうか?
品質を向上させるには何をどのようにしたらよいのだろうか?
テストツールの導入で効果は得られるのだろうか?

これらの課題を解決するためのヒントを組み込みソフトウェア 品質向上セミナーで明らかにする。

満員御礼
お申込を終了させて頂きました

『ソフトウェアテスト・ミーティング2008』お申込はこちら

開催概要

タイトル 組み込みソフトウェア 品質向上セミナー
~ テストツールが品質確保の活路を開く! ~
日時 2008年 7月17日(木) 13:00~18:25(受付開始 12:30~) 
会場 ベルサール神田 2F ホールB  >>地図
定員 70名※定員に達し次第締め切らせていただきます 
参加費 無料
主催 @IT MONOist編集部 
スポンサー コベリティ 日本支社
株式会社東陽テクニカ
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ
株式会社豆蔵
※五十音順 

満員御礼
お申込を終了させて頂きました

『ソフトウェアテスト・ミーティング2008』お申込はこちら

プログラム

13:00

13:05
開催のご挨拶

アイティメディア株式会社
@IT MONOist 編集長
上島 康夫
13:05

13:50

基調講演

『ソフトウェアテストを軸とした組み込みソフトウェアの品質確保』

組み込みソフトウェアの開発規模や複雑度が増すにつれ、ソフトウェアテストの重要性は日々増しています。また、不具合による瑕疵責任の問題を防ぐという観点からも、テストによる十分な品質の確保は重要です。組み込みソフトウェアの品質確保のために、テスト作業に取り組む際の考慮すべきポイントについて、述べていきます。

講演者:
宮崎大学 工学部 情報システム工学科 准教授
片山 徹郎 氏


<<講演者紹介>> 
片山 徹郎(かたやま てつろう)

1969年生まれ。
1996年九州大学大学院 情報工学専攻 博士後期課程修了。 博士(工学)を取得。
現在、宮崎大学 工学部 情報システム工学科 准教授。

情報処理学会、電子情報通信学会、日本ソフトウェア科学会、各会員。
組込みシステム技術に関するサマーワークショップ(SWEST) 実行委員。
ソフトウェアテストシンポジウム(JaSST) 実行委員。
NPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER) 副理事長。
テスト技術者資格認定(JSTQB: Japan Software Testing Qualifications Board)技術委員会 委員。
九州地域組込みシステム協議会(ES-Kyushu)幹事会 幹事。
独立行政法人情報処理推進機構/ソフトウェア・エンジニアリング・センター(IPA/SEC) 組込み系ソフトウェア開発力強化推進委員会 委員。

並行処理プログラムや組込みシステムを対象としたテスト手法についての研究に従事。

[主な著書]
テスト技術者交流会 訳:
「ソフトウェアテスト 293 の鉄則」(共訳)日経BP社
デザイン ウェーブ マガジン 編集部 編:
「組み込みソフトウェア 開発スタートアップ」 (共著)CQ出版社

13:50

14:50

セッション1

『開発のプロとして“静的解析ツールの活用と人材育成”』

年々開発量が増大し複雑化する組込みソフトウェア開発。経験の浅い技術者が開発現場の第一線で活躍するケースも珍しくありません。このような状況の中、品質確保を図る手段として静的解析ツールの活用が注目されていますが、実は静的解析ツールには二種類あるのをご存知ですか?
本セッションでは、PGRelief 2008 を題材に、静的解析ツールの「概要」、「効果的な運用方法」、「ツール活用の定着のさせ方」、および「人材育成」についてご紹介します。

講演者:
株式会社 富士通ソフトウェアテクノロジーズ
アプリケーション基盤グループ
AP基盤サービス事業部
第一AP基盤サービス部
辻本 寛 氏
14:50

14:55
小休憩
14:55

15:55

セッション2

『ソフトウェア品質への新たな取り組み:モデリングの観点から』

ソフトウェア開発は複雑化・短期化・多様化・一般化してきている。こうした中でソフトウェアの品質を確保するためには、「モデリングによる見える化」のような大局的な視点にもとづいてテストを含めた開発プロセス全体を戦略的に見直す必要がある。上流から中流・下流にいたる総合的なソフトウェア品質確保への取り組みの見取り図を提示する。

講演者:
株式会社豆蔵 取締役 / フェロー
羽生田 栄一 氏
15:55

16:10
休憩
16:10

17:10

セッション3

『導入事例で学ぶ“静的解析ツールの有効性”(仮)』

開発工程の複雑化、納期の短縮化の傾向が高まる中、ミッションクリティカルな組み込みデバイスの開発需要が高まり、組み込み開発者の作業負担は増大する一方です。
本セッションでは、既に全世界で450社に導入実績のあるCoverity社のソースコード静的解析ツールPreventのご説明並びに、実際にメーカー企業がツールを使用して、製品のライフタイム全体にわたって、開発者の多大な時間、開発コストを節約できた事例をご紹介します。

講演者:
コベリティ 日本支社
アジアパシフィック マネージングディレクター リッチ・セルート 氏
アプリケーションエンジニア 高石 勇 氏

事例紹介1:株式会社ACCESS
開発支援室 基盤課
主任 川瀬 明 氏

事例紹介2:三菱電機株式会社
設計システム技術センター
ソフトウエアエンジニアリング部 設計実装検証グループ
藤本 卓也氏
17:10

17:15
小休憩
17:15

18:15

セッション4

『品質確保にかかるコスト,工数を削減する統合テストソリューション 』

昨今の組み込みシステム開発では、開発規模の増大、高まる品質要求、短納期化が急速に進み、エンジニアには更なるコスト,工数の削減が新たな挑戦課題となっております。
本セッションでは、欧米のミッションクリティカルな組み込み開発で多くの事例をもつ「VectorCAST」をもとに
・単体・システムテストの自動化による効率アップ
・静的テストツール「QAC/QAC++」との連携効果
・米国導入事例
を紹介いたします。

講演者:
Vector Software,Inc.
スティーブ・バロー 氏
(逐次通訳)
株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・ソリューション
部長 立花 久稔
18:15

19:00
展示ブース

※講演タイトルや講演内容、登壇者が変更になる場合があります。予めご了承ください。

満員御礼
お申込を終了させて頂きました

『ソフトウェアテスト・ミーティング2008』お申込はこちら


【お問い合わせ先】
アイティメディアイベント運営事務局
Mail:event@ml.itmedia.co.jp
Tel:03-5293-2623

 
同時開催セミナーのご案内

スポンサー





(五十音順)

主催