IT導入による業務改善の推進は喫緊の課題となっていますが、実際は一部の大企業を除いてほとんど進んでいないのが現状です。製造業の中堅・中小企業でも、総務、経理、調達・購買といったバックオフィス業務に対するシステム導入の検討は、どうしても後手に回りがちになっているのではないでしょうか。

本セミナーでは、企業内の生産管理、販売・購買管理、債権・債務、財務会計などの業務領域間の連携や、企業間の取引に対してシステムを導入することにより、どの程度生産性が上がるのか?など、その有効性について、『製造業に強い』シナプスイノベーション、『企業業務に強い』オービックビジネスコンサルタント、『企業間連携に強い』日立製作所の3社がタッグを組み、事例を交えてご紹介します。

対象者

中堅・中小製造業の総務、経理、調達・購買、社内システム、経営者・経営幹部など
・手作業や紙運用が多く、自部門のバックオフィス業務を効率化したい方
・業務情報の一元管理ができておらず、社内(部門間)の連携が上手くいっていない方
・取引先とはメールまたは電話でやりとりしており、企業間の連携が属人的かつ煩雑化している方
・自社のバックオフィス業務に適したシステムをお探しの方(新規導入または移行)

※本セミナーは、上記の方々を対象としております。主催社の競合他社にあたる企業様のご参加はご遠慮いただいております。
※お申し込み多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

セッション1
約30分
製造現場と管理部門をシームレスにつないだ
「個別最適×全体最適」のすすめ
~シナプスイノベーションが「業務をシナプス(つなぐ)!」
 そして「仕事をイノベーション(改革)!」~

◆業務ごとに最適なソリュ―ションを導入したいが
 サブシステム乱立×連携不足が課題
◆J WALDを用いたデジタル改革で業務が変わる
◆生産管理・会計・債権債務管理システムの連携による業務効率化事例の紹介

株式会社 シナプスイノベーション

セッション2
約30分
クラウド型EDIソリューションによる
製造業の調達デジタル化事例のご紹介

◆企業のIT利活用状況と時代の潮流
◆製造業の調達業務における企業間連携の課題
◆企業間連携のデジタル化(電子商取引)の必要性
◆クラウド型EDIソリューションによる生産性向上事例

株式会社 日立製作所

※ 登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。