4月からついに日本版SOX法の適用が始まり、内部統制システム作りを一段落させ、検証作業を行っている企業も多いのではないでしょうか。あるいは、検証中に『重大な欠陥』が見つかり、急きょツールの導入など新たな対応を迫られている企業もあるかと思います。また、来年以降のメンテナンスを考えた場合、「意外に工数が必要だ」とお悩みの経営者の方も多いことでしょう。内部統制は継続的活動です。いまこそ、より効率的に、そして高品質の内部統制システムを維持・管理する手法が求められています。
今回のセミナーでは、経験豊富な内部統制コンサルタントに、事例などを踏まえつつ日本版SOX法対応の「勘所や落とし穴」についてご説明頂き、その後のセッションではより効率よく確実に日本版SOX法に対応するための手法やツールについてご紹介頂きます。

開催概要

タイトル @IT 日本版SOX法対策ミーティング ~経験豊富なコンサルタントが語るSOX法対応の「勘所と落とし穴」~
日時 2008年9月25日(木) 13:00~18:10(受付開始 12:30~)  
会場 ベルサール八重洲 >>地図
「日本橋駅」A7出口, 直結, (東西線・銀座線・浅草線)
「東京駅」 八重洲北口, 徒歩3分, (JR線・丸ノ内線)
定員 200名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます  
参加費 無料 
主催 @IT情報マネジメント編集部 
スポンサー 株式会社インテリジェントワークス
エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社
日本電気株式会社
株式会社フォーバル クリエーティブ
※50音順 

満員御礼
お申込を終了させて頂きました

プログラム

13:00

13:05
開催のご挨拶

アイティメディア株式会社
テクノロジー・メディア事業部
執行役員 事業部長 永井 利洋
13:05

13:50

基調講演

『経験豊富なコンサルタントが語る「本当に困っている人のためのJ-SOX対応の勘所」』

J-SOX対応が遅れている。誤った対応で作業が遅れている企業もあれば、どうすればよいのかが分からずに立ち往生している企業もある。外部監査人と意見が合わず困っている企業もあれば、いまだに経営者の理解を得られずに経営資源の投入がままならない企業さえある。
本講演ではそのような企業の内部統制担当者のために、多くの企業のJ-SOX対応を支援している経験豊富なコンサルタントが、外部監査人や各社の内部統制担当者とのやりとりを踏まえ、J-SOX対応の勘所を一問一答式で語る。

講演者:
アビーム コンサルティング株式会社
プリンシパル(執行役員) 永井 孝一郎 氏






外資系コンピュータメーカを経て、1984年に現監査法人トーマツへ。株式公開支援、システム構築、システム監査、市場戦略立案等に従事。1997年に現アビームコンサルティングへの部門統合にともない異動。各種業界向けに、組織制度構築、業務改革/改善、システム構築、TCO削減、内部統制構築等を担当。システム監査技術者、特種情報処理技術者。『経理実務家のためのシステム設計』(共著)、『システム監査技術者試験問題回答集』(共著)など。
13:50

14:35

セッション1

『J-SOX IT統制の鍵となる「アクセス管理」の必要性とは
SAS70、18号監査の動向とともに AccessCheckのご紹介 』


米国においては、上場企業がSOX対応の一環として、委託する情報処理サービス 事業者に対して「SAS70」報告書対応を求めるケースが増加しつつあります。 現在動き始めているSAS70米国での状況や、J-SOXに伴う「18号報告書」等の日本 での動向について解説するとともに、それに対応できるSecureCube/AccessCheck をご紹介します。

講演者:
エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社
事業推進部
主任 中埜 絵美 氏
14:35

14:45
小休憩
14:45

15:30

セッション2

『J-SOXのIT現場で必要なソフトウェア資産管理とITセキュリティーについて』

J-SOXに効率的に対応するためのIT管理と不正ソフトウェアのリスクマネージメントに対応するSAM(Software Asset MAnagement)ついて導入事例を交えつつ、ご紹介いたします。

株式会社インテリジェントワークス
代表取締役 神山 邦彦 氏
15:30

15:45
休憩(コーヒーブレイク)
15:45

16:30

セッション3

『困難な局面にある内部統制担当者のための「ツールの効果的な活用事例」のご紹介』

内部統制担当者が弊社の「StarOffice X Audit Manager」を活用して、内部統制の業務量の削減にどうつなげたのか?ツールではどの部分を解決でき、逆にどの部分を解決できずにどのような対応を行ったかなどをお客様のツール活用ノウハウを交え、困難な局面の対処法をご紹介致します。

講演者:
日本電気株式会社
第二システムソフトウェア事業部
エンジニアリングマネージャー
米山 英晴 氏
ネットワークスペシャリスト(経済産業省)
ORACLE MASTER PLATINUM/SCJP
16:30

16:40
小休憩
16:40

17:25

セッション4

『IT統制におけるクライアント管理の必要性と
全社的統制から見たセキュリティソリューションの紹介』


基幹業務システムや情報系システムのIT統制が進む中、クライアントPC管理を次の課題と位置づけている企業が見受けられます。
そこで、どのような管理が必要か、具体的なクライアントPC管理手法を交えてクライアントセキュリティソリューションをご紹介いたします。

講演者:株式会社フォーバル クリエーティブ
上席テクニカルスペシャリスト、JPCA認定プライバシーコンサルタント
馬場 重通 氏
17:25

18:10

特別講演

『現場がいま苦しんでいる「内部統制の有効性の評価と不備の是正」への解決策 』

現在、多くの日本版SOX法の対象企業では「運用状況の評価」が行われつつある状況だ。 しかし、実際の現場では、コントロールの設定の仕方によって「評価ができない」といった問題が多発している。また、「運用の評価で不備となったコントロールをどうやったら是正できるか?」という問題に悩んでいる担当者も多い。
本講演ではこれらの問題に対し、どのように工夫したらいいか、対処すればよいのかなどを経験豊富なコンサルタントが参考例を交えてやさしく解き明かす。

講演者:
ai リスクコンサルテーション代表
鈴木 英夫 氏


@IT情報マネジメント『SOX法コンサルタントの憂い』連載中


慶應義塾大学経済学部卒業、外資系製薬会社で広報室長・内部監査室長などを務める。2004年から、同社のSOX法対応プロジェクトコーディネータ。現在は、aiリスクコンサルテーションの内部統制コンサルタント。プランナー・オブ・リスクマネジメント、内部監査士。神戸商工会議所登録エキスパート。「J-SOX法」研究会幹事。
著書:『図解日本版SOX法』(同友館、共著) 、『日本版SOX法実践コーチ』(同友館、共著)

※内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

満員御礼
お申込を終了させて頂きました


【お問い合わせ先】
アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
Mail:event@ml.itmedia.co.jp
Tel:03-5293-2623

 

スポンサー





※50音順

主催