USTREAMにてセミナー配信決定!
NetSuite Cloud ERP Day 2012 on USTREAM

先の東日本大震災は、既に綻びを見せていた、さまざまな20世紀型モデルの崩壊を加速し、それによって社会や産業構造の問題点が一挙に噴出しています。一方、グローバル化の潮流もその勢いが衰えることはありません。海外の拠点も含めた「見える化」と「経営の高度化」をより迅速に低コストで実現することが日本企業にとっての課題となっています。

本セミナーでは、世界標準のビジネスプロセス、いわゆる「ベストプラクティス」が盛り込まれたERPを迅速に配備できる「クラウドERP」をテーマに取り上げ、事例を中心に導入の背景や効果を紹介します。リーズナブルな価格でのサービス提供を目指し、クラウドERPの導入を決定。その後、わずか3ヶ月でのシステム稼働を低コストで実現し、企業競争力を高めた今話題の企業や海外拠点も含めた「見える化」とスピード経営に成功したグローバル企業など、様々な企業の実例を紹介します。

グローバル化による大競争時代を勝ち抜くための経営基盤構築を模索する皆様には必見のセミナーです。奮ってお申し込みください。


事例企業 続々決定!
2012 メジャーリーグ開幕戦「巨人 × オークランド・アスレチックス」バックネット裏チケットを来場者に抽選でプレゼント!

講師プロフィール

筑波大学大学院
システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻
加藤 和彦 氏
1985年、筑波大学第三学群情報学類卒業。1989年、東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。1992年、博士(理学)(東京大学)。1989年、東京大学理学部情報科学科助手。1993年、筑波大学電子・情報工学系講師、1996年、同助教授、2004年より筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻教授。オペレーティングシステム、仮想計算環境、分散システム、セキュリティに興味を持つ。
JST CREST「自律連合型基盤システムの構築:サステーナブルシステム」(代表、2003~2008年度)、文部科学省 科学技術振興調整費「高セキュリティ機能を実現する次世代OS環境の開発:セキュアVM」(代表、2006~2008年度)、IPA未踏プロジェクトPM (2003~2005年度、2008~2009年度)

開催概要

タイトル NetSuite Cloud ERP Day 2012
変革期を勝ち抜くための経営基盤
~クラウドERPがもたらす企業競争力~
日時 2012年3月7日(水) 14:00~17:40(受付 13:30~)
会場 青山ダイヤモンドホール ダイヤモンドルーム
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B5出口より直結
定員 150名
対象 エンドユーザー企業(製造、サービス、卸・流通・小売、IT、メディア・広告、教育)および、経営・ITコンサルタント企業にお勤めの方
※主催および協賛の企業と競合する業種の方はお断りさせていただく場合がございます。
※申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
参加費 無料
主催 ネットスイート株式会社
協賛 株式会社富士通マーケティング
株式会社アイネット
日本電気株式会社
企画協力 アイティメディア株式会社 ITmedia エンタープライズ編集部、ITmedia エグゼクティブ編集部

※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

プログラム

13:30~ 受付
14:00

14:05
開会挨拶
14:05

14:50

基調講演

『クラウドコンピューティングがもたらす変革』
コンシューマー向けのサービスで火がついた「クラウド」は、今や企業においても有力なコンピューティングの利用形態として定着しつつあります。迅速かつ柔軟な配備を可能にするITインフラとしての利用はもちろん、基幹業務にかかわるアプリケーションに至るまで幅広く使われようとしています。本講演では、クラウドコンピューティングの利点を改めて整理するとともに、それがもたらす変革についてご紹介します。

講演:
 筑波大学 大学院システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻 教授
 加藤 和彦 氏
14:50

15:30

ネットスイート セッション

『クラウドERP:気づいている企業、立ち止まっている企業』
2009年頃から徐々に日本市場にも浸透してきたクラウドERP。2010年、更に2011年と、急激に注目度が高まってきています。本セッションでは、クラウドERPの最新動向をお伝えするとともに、どのような企業が、どのような目的でクラウドERPを展開しているのか?自社のシステムを単純にクラウド化するだけではない、『真のクラウドERP』を最新事例を交えてご説明いたします。

講演:
ネットスイート株式会社 代表取締役社長
田村 元 氏

ネットスイート株式会社 代表取締役社長。J.D. Edwards、Baan Japan、大塚商会 等において、主要ERPおよび基幹業務システム分野で多大な実績を上げ、グロービア・インターナショナル日本法人、SAPジャパンではマネジメントに携わり成長に貢献。2009年8月から現職。
15:30

15:40
休憩
15:40

16:20

富士通マーケティング セッション

『クラウドERP導入で、お客様を成功に導くために
 ~トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社 導入事例ご紹介~』

トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社ブランディ事業部様は、基幹システムに「NetSuite」を採用、昨年から導入を開始し1月より稼働いたしました。本講演では、導入以前に同社にどのようなビジネスの課題があり、なぜ「NetSuite」をソリューションとして採用するに至ったか。また、実際にクラウドERPを導入してどのようなメリットがあったのか、CTO柿澤様のエピソードを交えてご紹介いただきます。

ファシリテーター:
 株式会社富士通マーケティング
 永田 圭 氏

講演:
 トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社
 トムソンブランディ事業部 CTO
 柿澤 芳雄 氏
16:20

17:00

アイネット セッション

『企業の成長を支えるERPソリューション
 ~変化をチャンスに変えるシステム基盤~』

成長企業に必要なシステムの条件の一つに、「企業の成長に合わせて柔軟に拡張できるシステムであること」があげられます。本講演では、NetSuiteの拡張性あるシステム基盤を活かした、NetSuite ERPソリューションをご紹介いたします。また、導入事例として、株式会社ハーフェレジャパン様から、導入の背景~導入の効果、そして、今後の展望までをご紹介していただきます。

講演:
 株式会社アイネット
 クラウドサービス事業部営業部 課長
 高橋 信久 氏

事例紹介:
 株式会社 ハーフェレ ジャパン
 IT アシスタント・マネージャー
 嶋﨑 純一 氏
17:00

17:40

NEC セッション

『クラウドと基幹業務の2 Tier ERPを強力に支援する
 “Enterprise Gateway”』

経営システムの改革で基幹ERPのグローバル展開をご検討されている企業様が増えています。NECはクラウドERP“NetSuite”を2層目、3層目のERPと位置づけて、“2 Tier ERP”インテグレーションを低コスト・短期間で実現できるサービス“Enterprise Gateway”を提供しております。このサービスを利用したソリューション例を中心にご紹介いたします。

講演:
 日本電気株式会社
 ITソフトウェアサポート本部 部長
 島野 繁弘 氏

※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■お問い合わせ先:アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
E-Mail: event_support@sml.itmedia.co.jp    TEL: 03-6824-9376

~見どころ~

主催

協賛

企画協力