日本国内のおよそ9割強の企業がDXに取り組んでいないか、取り組み始めた段階であり、AI-Ready化が進んでいるとは言い難い状況です。コロナ禍によって進行する様相を見せたIoT推進の動きすら、停滞を見せている現状で、自社のDX推進・AI-Ready化を再定義する必要に迫られています。

本ウェビナーでは、最先端AI研究を行っている中部大学 藤吉教授と山下教授から、現在の最先端技術研究とその活用を、AIスタートアップ2社からはAIのビジネス活用目線とその実装例を、それぞれご講演いただきます。DX・AIは今すでに情報収集段階ではなく、活用・実装へ踏み出すべき、その理由と始める一歩を掴んでいただけるはずです。

特別講師

中部大学
工学部 ロボット理工学科
AI数理データサイエンスセンター
教授
藤吉 弘亘 氏

中部大学
工学部 情報工学科
AI数理データサイエンスセンター
教授
山下 隆義 氏

こんな課題を抱える方におすすめ

・DX・AI推進にドライブをかけたい方
・すでにAI開発、DX・AIプロジェクト始めている方
・過去AI関連で失敗経験のある方
・AI関連での課題の解決方法を模索している方 など