本ページでのお申込み受付は終了いたしました。


コロナ禍で浮き彫りになった、日本社会におけるデジタル化の遅れ。 そこで巻き返し策として期待されるのが、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みです。DX時代を生き抜くために、各業種の様々な企業や団体が取り組みを模索する中、業務の効率化・省力化、商品・サービスの高度化などが改善項目として挙げられ、社会全体の変革にもつながると注目されています。

しかし一方で、DX推進にはデジタル人材の確保や既存システムの問題点、猛威を振るうサイバー攻撃へのセキュリティ対策など、新たな課題が山積しています。

Exchangeカンファレンス2021では「加速する“DX” 知っておくべき成功のカギ -世の中の安全をネットワークから創る-」をテーマに、各界の有識者を特別ゲストとしてお招きし「デジタル化の遅れを巻き返すDXへの取り組みとは何か?」「DXを加速させていく上での成功の“カギ”とは何か?」についてご講演いただきます。

また当社からは、特別ゲストの皆さまのご講演を踏まえ、デジタル化を支えるITインフラやITサービス、そしてサイバーセキュリティ対策といった、成功の“カギ”を支援する最新ソリューションをご紹介いたします。たくさんの方々のご参加を心よりお待ちしております。

こんな課題を抱える方におすすめ

  • DX推進に重要となるITインフラ整備の理解を深めたい方
  • 昨今のサイバー攻撃傾向や被害状況、対策方法を知りたい方
  • テレワークなどを背景に社内のITインフラ環境が変化し、運用管理とセキュリティの両立が困難でITサービスなどを検討されている方

プログラム

13:00~13:05
<開会挨拶>

本年度Exchangeカンファレンス開催にあたり、弊社専務取締役の佐藤からご参加いただきます皆様にご挨拶を申しあげます。

アライドテレシス株式会社 専務取締役
佐藤 朝紀

13:05~13:45
<基調講演>

これからの社会や街づくりにおけるITインフラ、セキュリティの重要性と、各業種におけるDXへの取り組みについてご講演いただきます。

東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授/デジタル庁 Chief Architect
江崎 浩 氏

13:45~14:15
<ネットワークセッション> [特別講演I]
デジタル化社会における人間とAIの役割

DXが進む中、併せて目覚ましく発展していくAIに対して、人間の役割はどのようなものになっていくか?AIの役割は?の見解についてご講演いただきます。

脳科学者/作家
茂木 健一郎 氏

14:15~14:25
<ネットワークセッション> [プレゼンテーションI]
ネットワークAIの推進により、誰でも「つなぐ」、直ぐに「つかう」、安心・安全なITインフラの提供を「つづける」!!

デジタル化を支えるITインフラ=情報ネットワークの世界でも、AIの導入が進んでいる。このAI導入が浸透することで、よりリアルに、かつリアルタイムに自動化・見える化され、直感的な操作性をも可能とし “誰でも「つなぐ」ことの出来る化” を推し進める。そして、“経験や知識がなくとも直ぐに「つかう」ことの出来る化” を促進、さらには、収集/分析/適応 といった自律型サイクルの特性により、“常に安心・安全な最適環境の実現に向けたITインフラの提供を「つづける」ことの出来る化” をも実現する。デジタル時代を迎えた今、重要となるITインフラをネットワークAI化する基盤ソリューションをご紹介いたします。

アライドテレシス株式会社
上級執行役員 マーケティング統括本部 統括本部長
佐藤 誠一郎

14:25~14:35
<ネットワークセッション> [プレゼンテーションII]
医療機関向けネットワークを例としたWi-Fi6対応スマートフォン連携ソリューションと今後の展開

近年課題とされている医療機関における無線LAN環境を利用したスマートフォン連携に関して、私たち、構築ベンダー側から見た「情報ネットワーク基盤・構内電話交換システム・ナースコールシステム」導入時の構成の仕組みや連携時の課題など、リアルな導入に向けた医療機関におけるスマートフォン連携ソリューションの紹介と今後の展開についてご講演いただきます。

株式会社キューオキ 取締役 営業統括部長
平岡 隆樹 氏
株式会社キューオキ 営業部 営業課 課長
西 直哉 氏

14:50~15:20
<セキュリティセッション> [特別講演II]
今、身近に起きている 国際社会でのサイバー攻撃の脅威

今や他人事ではない国際社会におけるサイバー攻撃の現状、企業・団体においてセキュリティ対策の重要性についてご講演いただきます。

国際ジャーナリスト/ミュージシャン/TVコメンテーター
モーリー・ロバートソン 氏

15:20~15:30
<セキュリティセッション> [プレゼンテーションIII]
攻撃者は弱点のある企業を狙っている!ー攻撃被害はサプライチェーン全体に響くー

コロナ禍で働き方が変わりました。ゼロトラスト時代の中、サイバー攻撃者はサプライチェーンの脆弱性のある企業から侵入します。多くの企業がテレワークを推進していく今、狙われているのは働き方改革とともにサイバー攻撃対策をしていない企業です。アライドテレシスはパートナー企業様と共にシステムと組織を強靭化する対策を展開しています。このセミナーでは中小企業が実施すべき効果のあるサイバー攻撃対策をご紹介いたします。

アライドテレシス株式会社
上級執行役員 サイバーセキュリティDevOps本部 本部長
中島 豊

15:30~15:40
<セキュリティセッション> [プレゼンテーションIV]
ゼロトラストに対するパロアルトネットワークスのアプローチ

企業のクラウドシフトやリモートワークの導入など、インフラが多様化する中、変化するサイバーリスクへの対策モデルとして、ゼロトラストの必要性が大きく議論されています。本セッションでは、企業のセキュリティ戦略に欠かせないゼロトラストの本来のコンセプト、そしてゼロトラストを実装したパロアルトネットワークスのセキュリティソリューションについてご紹介いただきます。

パロアルトネットワークス株式会社 チャネル営業本部 本部長
鈴木 康二 氏

15:40~15:50
<セキュリティセッション> [プレゼンテーションV]
テレワークが抱えるセキュリティ面の課題と対策とは?

新型コロナウイルス感染症の対策として導入が進むテレワークは、ニューノーマル時代の働き方として、今後定着させていくことが求められています。その一方で、便乗するサイバー攻撃が増加しており、テレワークで使用するPCのセキュリティ対策はとても重要です。本プレゼンテーションでは、テレワークが抱えるセキュリティ面の課題と対策についてご紹介いただきます。

Sky株式会社 ICTソリューション事業部 システムサポート部 次長
榊原 敦子 氏

16:05~16:35
<サービスセッション> [特別講演III]
コロナ禍のサービス消費、DX導入成功のカギとは

社会や人、経済の風潮について、消費者は?提供者側は?DXを加速させていく上で成功のカギとなるポイントについてご講演いただきます。

社会学者/作家/コメンテーター
古市 憲寿 氏

16:35~16:45
<サービスセッション> [プレゼンテーションVI]
ニューノーマル時代に企業が直面する課題とは!? 今、求められるSASEワンストップサービス

IT環境の大きな変化に対応していくため、仮想化技術や最近ではゼロトラスト、SASEの必要性が求められています。一方で、新しい技術やソリューションに対し、設計や導入運用をどう取り組んでいけば良いかわからないというユーザの声も多く聞こえてきます。アライドテレシスでは煩雑化するIT環境に対し、最適なソリューションと共に、導入から運用までワンストップで支援するITサービスをご紹介いたします。

アライドテレシス株式会社
上級執行役員 サポート&サービス事業本部 本部長
福川原 朋広

16:45~16:55
<サービスセッション> [プレゼンテーションVII]
Nutanixで実現する、俊敏性とセキュリティを両立したエンタープライズクラウド

DXによる競争力の強化が叫ばれる昨今において、新たなチャレンジを行うための土台であるIT基盤にも俊敏性が求められていますが、その一方で当然ながら、セキュリティも疎かには出来ません。当セッションでは、俊敏性とセキュリティを両立する、Nutanixが取り組むHCIのゼロタッチでの堅牢化と、使いやすい・分かりやすいネットワークセキュリティを実現する「Nutanix Flow」についてご解説いただきます。

ニュータニックス・ジャパン合同会社
ソリューションエンジニアリング事業本部 テクニカルエバンジェリスト
島崎 聡史 氏

17:10~17:25
<事例紹介>
製造ラインにおけるDX~無人工場を目指して~

究極の目標である無人工場の実現には、製造ライン上の全ての設備をセキュアなネットワークで繋ぎ、稼働状態を可視化することが必須である。可視化に加えて稼働状態データの蓄積と利活用を進めることで、従来の経験と勘によるオペレーションから、データに基づくオペレーションへの移行、さらには将来的な無人工場実現に繋げることが可能となる。今回はDX実現に向けた最初の一歩である製造ラインへのIoT導入事例についてご紹介いただきます。

エスビー食品株式会社
開発生産グループ 供給部 生産開発ユニット ユニットマネージャー
小林 正典 氏

17:25~17:30
<閉会挨拶>

本年度Exchangeカンファレンスに長時間ご参加いただきました皆様に御礼とご挨拶を申しあげます。

アライドテレシス株式会社 代表取締役副社長
長尾 利彦

※ 主催社の競合企業にお勤めの方、および個人の方のご参加はご遠慮ください。
※ 登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。