これまでの社内システムへの管理に加え、クラウド・モバイル・ソーシャルメディアを活用する環境をも対象とする劇的な進化を遂げた ID・アクセス管理の最新版の全貌がいよいよ明らかになります。

ご紹介するソリューションでは、以下を実現します。
・クラウド、モバイル、ソーシャルアプリケーションを利用上の制約から解放
・法規制の遵守やリスク削減の効率化
・サービス品質やエンドユーザー満足度の改善

社員のアイデンティティは、もはやオフィスの中に留まるものではありません。スマートフォンにもクラウドにもソーシャルメディアにも広がっています。本イベントでは、これらの目的をどのように実現、達成していくのかを知ることができます。

開催概要

タイトル クラウド・モバイル活用時代のID・アクセス管理フォーラム
〜ソーシャルメディア、スマートフォン活用促進と同時に求められるセキュリティ対策。その実現方法とは?〜
日時 2012年7月24日(火) 14:00~17:00 (受付 13:30~)
会場 日本オラクル株式会社 本社 13Fセミナールーム
銀座線「外苑前駅」4B出口より直結
銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」より徒歩9分
銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」より徒歩10分
定員 80名
対象 ・情報セキュリティの責任者、マネージャ
・情報システム部門の責任者、マネージャ
・ID管理の責任者、マネージャ
・モバイルビジネスやソーシャルメディア戦略の責任者、担当者
※ご同業者の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。
※お申込多数の場合は、上記対象者の方を優先させていただく場合がございます。
参加費 無料
主催 日本オラクル株式会社
協力 アイティメディア株式会社 ITmedia エンタープライズ編集部

※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

プログラム

13:30~ 受付
14:00

14:10
開会のご挨拶
日本オラクル株式会社
14:10

15:10

基調講演

『クラウド、モバイル、ソーシャル時代に向けたID・アクセス管理のあり方』
オラクルのIDプラットフォームの最新版として登場するOracle Identity Managementでは、特権ユーザー管理や最適化されたシステム統合型ディレクトリサーバを含む新しい機能を追加されています。IDプラットフォームの進化は、ユーザーエクスペリエンスをシンプルにします。本セッションでは、共通UIフレームワーク、シンプルになったインストールおよび新しい ショッピングカートUIを紹介します。モバイル認証についてのデモや、ユーザーからの声の紹介も予定しています。

講演:
 Oracle Corporation
 Vice President of Development
 Amit Jasuja 氏

海外事例:
 British Telecom
 Head of Identity Services
 Peter Boyle 氏
15:10

15:25
休憩
15:25

16:55

講演

『Oracle Identity Management 最新版の新機能紹介』
先進的なモバイル認証やクラウドとの連携に加えて、社内のSSOやなりすまし、フィッシング対策などより高度なアクセス制御を実現するOracle Access Management製品や今なおリスク管理上重要な特権ユーザ管理や、権限も含めたIDのライフサイクル管理を実現するOracle Identity Governance製品などをデモを交えて紹介します。

講演:
 Oracle Corporation
16:55

17:00
閉会のご挨拶
日本オラクル株式会社

※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■お問い合わせ先:アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
E-Mail: event_support@sml.itmedia.co.jp    TEL: 03-6824-9376