遠隔操作ウイルスや標的型攻撃といった脅威が次々と登場しては、マスメディアをにぎわせています。また、スマートフォンやタブレット端末などが普及し、われわれの生活を大いに便利なものにする一方で、情報流出やマルウェア感染などの新たな危険性も招いています。いったいこれからどんなセキュリティ対策が必要なのでしょうか――。

 このセミナーでは、マルウェアの動向をはじめとする昨今のセキュリティ最新事情を解説した上で、基本に立ち返り、目先にとらわれないセキュリティ対策のあり方について解説します。さらに、アウトソースによって運用負荷を減らしながらセキュリティを高めている顧客導入事例も紹介します。

基調講演 講師プロフィール

【東京】2月27日、【大阪】3月12日 【名古屋】3月13日、【札幌】3月15日
株式会社フォティーンフォティ技術研究所
代表取締役社長
鵜飼 裕司 氏


2003年に渡米し、eEye Digital Security社に入社。セキュリティ脆弱性分析や脆弱性診断技術、組み込みシステムのセキュリティ脅威分析等に関する研究開発に従事。2007年7月、セキュリティコア技術に関する研究、コンサルティングサービス、セキュリティ関連プロダクトの開発・販売を主事業とする株式会社フォティーンフォティ技術研究所を設立。また、独立行政法人情報処理推進機構の研究員を兼務(非常勤)し、コンピュータセキュリティをとりまく脅威の分析・対策立案のための活動に取り組む。
NTTデータ先端技術株式会社
辻 伸弘 氏



セキュリティエンジニアとして、主にペネトレーション検査などに従事している。民間企業、官公庁問わず多くの検査実績を持つ。趣味として、自宅でのハニーポット運用、IDSによる監視などを行う。

  • ・@IT連載中の記事:セキュリティ・ダークナイト
  • ・辻氏のTwitter:http://twitter.com/ntsuji
  • プログラム

    13:30~ 受付
    14:00

    14:50

    基調講演

    【東京】2月27日、【大阪】3月12日
    【名古屋】3月13日、【札幌】3月15日
    『顕在化する未知のサイバー脅威の動向』

    昨今、標的型攻撃をはじめとした未知の脆弱性やマルウェアを利用した脅威が顕在化しています。また、スマートデバイスの普及に伴い、従来のPC端末以外の情報端末にも攻撃対象が拡大しつつあります。こういったサイバーセキュリティ脅威の実態を踏まえ、どのようなことを考慮すべきかについてご紹介いたします。

    講演:
     株式会社フォティーンフォティ技術研究所
     代表取締役社長
     鵜飼 裕司 氏
    『標的型攻撃時代のセキュリティ対策
    ~攻撃視点が教える「変化」の提案~』


    昨今、注目度の高いキーワード「標的型攻撃」「新しいタイプの攻撃」。これらについて、コンピュータセキュリティの中でも最も攻撃者視点に近いペネトレーションテスト(侵入テスト)に従事するエンジニアの立場から最新動向を踏まえ、私たちは今何を考え、どう向き合うべきかの提案を行ないます。

    講演:
     NTTデータ先端技術株式会社
     辻 伸弘 氏
    14:50

    15:30

    セッション1

    『データから読み取るWeb経由のマルウェア脅威とその対策』

    Webベースの攻撃が一向に減らない中、インターネットに接続する端末も従来のデスクトップやノートパソコンだけでなく、モバイル端末にも広がってきており、Webによるマルウェアの脅威にさらされる機会も今後さらに拡大していくと考えられております。本セッションでは、引き続き増加するWebベースによるマルウェアの脅威に関して2012年の分析データをご紹介しながら、組織における利用端末の拡大に対して組織がとるべき最適な対策についてご紹介いたします。

    講演:
     株式会社カスペルスキー
     セールスオペレーション本部 技術推進部長
     藤田 平 氏
    15:30

    15:45
    休憩
    15:45

    16:25

    セッション2

    『Webフィルタリングによる標的型攻撃への効果的な出口対策とは?』

    千差万別の標的型攻撃を完璧に防ぐのは不可能です。また、標的型攻撃によって送付されるマルウェアも種類が多く、企業におけるネットワークの入口だけの対策では十分といえません。本セッションでは、標的型攻撃により万が一マルウェアに感染した場合でも、情報の流出を阻止するWebフィルタリングによる出口対策の有効性に関して最新の情報を交えながらご紹介致します。

    講演:
     デジタルアーツ株式会社 
     ・[東京会場]: 取締役 研究開発部 部長 高橋 則行 氏
     ・[大阪/名古屋会場]: 第1開発部 部長 井原 康博 氏
     ・[札幌会場]: エンタープライズ・マーケティング部 チャネル・マーケティング課 課長 一條 敦 氏
    16:25

    16:55

    セッション3

    『お客様事例から見る"安全なWebアクセス環境実現のコツ"と高度化するセキュリティに対応する最新手法のご紹介』

    お客様が実際に抱えていた"Webアクセス"に関する課題とその解決方法について、具体的な導入事例を交えながらご紹介いたします。またスマートデバイスの登場で、セキュリティポリシや運用管理がデバイス、回線、更には社内/社外ごとにばらばらになっている現状を踏まえ、それらを一元管理できる最新の手法についてもご提案いたします。

    講演:
     株式会社インターネットイニシアティブ
     マーケティング本部 プロダクトマーケティング部 プロダクトマーケティング2課  プロダクトマネジャー
     大野 慎吾 氏

    ※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

    開催概要

    タイトル 標的型攻撃対策、スマートデバイス対策できていますか?
    先進企業の導入事例に学ぶ、最新のセキュリティ対策とは
    日時

    会場

    定員
    【東京会場】
    2013年2月27日(水) 14:00~16:55 (受付 13:30~)
    神保町三井ビルディング 17F IIJグループ本社 大会議室
    定員120名

    【大阪会場】
    2013年3月12日(火) 14:00~16:55 (受付 13:30~)
    TKP大阪御堂筋カンファレンスセンター 3F ホール3A
    ※「8F カンファレンスルーム8C」から「3F ホール3A」へ会場が変更となりましたのでご注意ください
    定員70名

    【名古屋会場】
    2013年3月13日(水) 14:00~16:55 (受付 13:30~)
    ミッドランドホール 5F 会議室C
    定員30名

    【札幌会場】
    2013年3月15日(金) 14:00~16:55 (受付 13:30~)
    札幌国際ビル 8F A会議室
    定員30名
    対象 経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方
    SIerおよび企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者 など
    ※満席になり次第申し込みを締め切らせていただきます。
    ※申込多数の場合はセミナー対象者を優先とさせていただく場合がございます。
    ※共催ならびに協賛の競合企業にお勤めの方のお申込みはお断りする場合がございます。
    参加費 無料
    共催 アイティメディア株式会社 @IT編集部、株式会社インターネットイニシアティブ
    協賛 株式会社カスペルスキー、デジタルアーツ株式会社
    協力 アイティメディア株式会社 TechTargetジャパン編集部

    ※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

    ■お問い合わせ先:アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
    E-Mail: event_support@sml.itmedia.co.jp    TEL: 03-6824-9376