ローカル5Gで変わる現場のDX
~5G/IoT/AIを活用した次世代工場の真の姿とは~

製造業を中心に一層の現場のDX化に向けて、今やトレンド技術でもある「ローカル5G」に期待が集まっています。しかし、市場浸透や各業界においてPoC(Proof of Concept : 実証実験)は進むものの、実際のユースケースや導入後の費用対効果およびメリットについてはまだ手探りの状態というのが実情です。

総務省プロジェクトによりローカル5G導入推進が加速したものの、費用対効果がはっきりしない状況での設備投資や、最初に提供された周波数帯のミリ波が扱いにくいなど、本領域に足を踏み入れるハードルが高かったことは事実です。

ローカル5Gとは、企業や自治体がニーズに応じて個別に利用できる"自営"の5Gネットワークのことを指しています。製造現場に置き換えた場合、工場のワイヤレス化(レイアウトフリー)や、省人化(遠隔運転・倉庫の自動搬送)などに活用でき、各業界において"待ったなし"の「働き方改革」に向けても重要な武器になります。

本ウェビナーでは、計4講演の中で「ローカル5Gで変わる現場のDX」をテーマにお客様の疑問や課題を解決していきます。ローカル5G概要はもちろんのこと、他通信規格との比較、海外/国内動向、そしてユースケース事例まで盛りだくさんの内容をご紹介いたします。また、ご登壇いただく各社と当社コネクシオが推進する5G/ローカル5Gビジネスや、sub6周波数帯対応IoTゲートウェイ"CONEXIOBlackBear"概要についてもお伝えします。ぜひお気軽にご参加ください。

こんな課題を抱える方におすすめ

  • 5G/ローカル5Gの工場現場に特化したユースケースについて知りたい方
  • 5G/ローカル5G推進における世界動向と国内比較について知りたい方
  • 5G/ローカル5GとWi-Fi6等の通信比較について知りたい方
  • 5G/ローカル5Gの導入課題に向けたヒントを模索されている方
  • 製造業、エネルギー、プラントに携わる方